ENKEI17AW SPOONダンパーキット&ミッションを装着したS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のサコウです。ベルリナブラックのS2000(AP1)納車前点検を行いました。ENKEI17AWにSPOONダンパーキット&ミッション、グレッディ大容量アルミラジエターや社外LSDなど社外パーツが豊富に装着された1台です。こちらのS2000は前ユーザーより直接買取した車輛で整備履歴が確認出来て安心ですね。作業はメカニックのワタナベです。

S2000(AP1)車検点検整備

まずエンジンルームからオイルやフルード漏れなどないかを順番に点検していきます。
バッテリーチェッカーにてバッテリー本体の健全性を確認しました。状態は良好です。インプレッサWRXSTI(GRB)納車前点検エアフロパイプを確認しましたが、大きな劣化や破れなどはありませんでした。破れてしまうと外部からのエアを吸ってしまいエンジン不調の原因となるので要注意です。エアクリーナーはK&Nエアクリーナーとなります。エアフィルターは外部の空気をろ過してエンジン内にフレッシュな空気を送り込みます。フィルターの状態はきれいな状態ですが専用洗浄キットを使用して定期的にメンテナンスを行うことをおススメいたします。グレッディ大容量アルミラジエター&クールナッツラジエターホースを装着しています。点検いたしましたがクーラントの漏れやホースの劣化などは無く問題ありません。ブレーキマスターシリンダーおよびクラッチマスターシリンダーの点検を行いましたが、フルード漏れ等はありませんでした。エンジンヘッド上部のオイル漏れなどが無いか確認していきます。スプールバルブよりオイル滲みが見受けられます。定期的な点検を行い交換時期が来ましたら交換おススメいたします。補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタが無いか見ていきます。点検しましたが問題ありません。ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、充電不足になり最悪エンジンが停止することもあります。定期的な点検をおススメいたします。点火プラグを確認しましたが端子の減りと焼け具合に問題はないです。定期的にチェックをして交換時期が来たら交換をおススメさせていただいております。サンフレアは有効期限2024年2月となります。交換時期が来たらおススメいたします。下廻りの全体写真です。ボディ目立つ様なサビや腐食は見受けられませんが、アーム類などには年式なりの錆が出ています。SPOONトランスミッション・ASMフロア補強バー・クスコフロア補強バーを装着しています。SPOONリアフロア補強バーを装着しています。SPOONダンパーキットを装着しています。下廻りのブッシュやブーツ類は車検に通らない箇所はありませんが、左右ロアアームブッシュおよびトーコントロールロッドブッシュにヒビが入ってきています。定期的な点検をおススメいたします。ブレーキローターの摩耗は少ないのでしばらくは問題ないですね。ブレーキキャリパーシールの劣化やブレーキピストンに固着は無く問題ありません。ブレーキパッドの残量はフロント約7mm リア約6mmとなります。ブレーキパッドの変摩耗など目立つ様な劣化はありませんでした。

タイヤの溝残量はフロントおよびリア共におおよそ5mmとなります。

S2000(AP1)の油脂類交換

HMR HONDAでは納車前点検でエンジンオイル・ブレーキフルード・ミッションオイル(S2000の場合はデフオイルも)・オイルフィルター・ラジエタークーラント液(スーパーLLCの場合は補充)を新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていると気持ちが良いですね。まずはエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却を行います。定期的な交換を行わず走り続けるとエンジン不調など重大な故障につながります。使用状況によりますが半年または5,000㎞での交換をおススメいたします。ミッションオイルを注入していきます。ミッションオイルはホンダ純正のMTF-Ⅲを使用しています。リアデフオイルを注入していきます。今回は社外LSDが装着されていたので、デフオイルはCUSCO LSDオイル 80W-90を使用しました。続いてブレーキフルードを交換しながらエア抜きも同時に行います。ブレーキフルードはDOT4を使用しています。こちらも使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。エンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルにはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油 10W-40を使用します。空気圧を4輪すべて適正圧に調整しています。空気圧の調整はガソリンスタンドで自分でも簡単できるので、1ヶ月に1回は行うことをおススメいたします。続いてスペアタイヤも同じく空気圧を適正圧に調整しています。いざ使用する時に使えないことがないように定期的な点検をおススメいたします。ハブベアリングにガタがないかタイヤを縦横方向に揺らして確認しましたが問題ありませんでした。ハブベアリングにガタが出てくると走行中に異音やひどくなるとボディに振動出る原因となります。定期的な点検をおススメいたします。S2000定番の室内灯不灯修理です。室内灯が点かないので室内灯を分解修理いたしました。スイッチの接点部分がサビてしまい接触不良を起こしていたので、接点部分のサビを落として点灯することを確認してから組付けさせていただきました。ブレーキリザーブタンク内のフロートに異常があり、ブレーキ警告灯が点灯していました。リザーバータンクを交換することで改善されました。交換したのですが写真を撮り忘れてしまいました。以上で納車前点検整備は終了いたしました。T様、この度はS2000のご契約ありがとうございました。後ろから押されるようなVTECの加速をぜひ楽しんでください。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S660 SPOON サス交換
  2. S2000(AP1) コーナーウェイト測定
  3. フィットRS(GE8)後期型 車高調交換画像
  4. S2000(AP1)ウェザーストリップ交換
PAGE TOP