ノーマルコンディション&ブラックインテリアのシビックタイプR(FD2)納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のサコウです。今回はシビックタイプR(FD2)の納車前点検整備を行いました。ストラーダHDDナビを装着したノーマルコンディション&ブラックインテリアの1台です。作業はメカニックのワタナベです。

シビックタイプR(FD2)の納車前点検整備

まずはエンジンルームから点検していきます。シビックタイプR(FD2やFN2)の場合はプラグの点検や足廻りの交換を行う際ににカウルトップを毎回外す必要があります。続いてバッテリーテスターにてバッテリー自体の健全性を計測していきます。結果は良好でした。バッテリーは使用状況によりますが新品に交換後3~5年で交換することをおススメいたします。インテークパイプの点検していきます。インテークパイプに亀裂が入り2次エアーを吸ってしまうとエンジン不調の原因となりますが、インテークパイプに問題はありませんでした。続いて水廻りを点検していきます。ラジエター本体およびラジエターホースにヒビやラジエタークーラント液の漏れ跡なども無く良好な状態です。ラジエタークーラントの漏れが起こった場合、エンジンオーバーヒートの原因となりますので定期的な点検をおススメいたします。エアフィルターの状態ですが、大きな汚れや劣化は見受けられませんのでしばらく大丈夫です。エアフィルターは2年に1回のサイクルで交換することをおススメいたします。続いて補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタがないか見ていきます。点検を行いましたが問題ありませんでした。補機ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、充電不足になり最悪エンジンが停止することもあります。定期的な点検をおススメいたします。点火プラグを確認しましたが端子の減りと焼け具合に問題はないです。定期的にチェックをして交換時期が来たら交換をおススメしてさせていただいております。続いてはリフトアップして足廻りをチェックしていきます。最初にハブベアリングのガタやボールジョイントのガタがないかをチェックしていきましたが、特に問題ありませんでした。下廻り全体ですがオイル漏れやにじみなどは無く、目立つサビや腐食もありませんでした。ブレーキローターですが摩耗が進んでいますので、次回ブレーキパッド交換する際に同時交換をおススメいたします。続いてブレーキパッドですがフロント3mm リア4mmと残り少なくなっていますので、お早目の交換をおススメいたします。ブレーキキャパ―の固着は無くシールの状態も問題ありませんでした。フロントロアアームブッシュを点検しましたが左右共にブッシュにヒビが出ていますので、今後交換の必要となりますので定期的な点検をおススメいたします。続いてタイロッドエンドブーツを点検していきます。右のタイロッドエンドブーツが切れていますね。あとで交換していきます。左のタイロッドエンドブーツはヒビがありますので定期的な点検を行うことをおススメいたします。

シビックタイプR(FD2)油脂類交換の交換

HMR HONDAでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッション、リアデフオイル(S2000の場合)を新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていると気持ちが良いですね。まずはエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却を行います。定期的な交換を行わず走り続けるとエンジン不調など重大な故障につながります。使用状況によりますが半年または5,000㎞での交換をおススメいたします。オイル交換と一緒にオイルフィルターも交換します。オイルフィルターはエンジンオイル交換2回に1回のタイミングで交換をおススメいたします。続いてミッションオイルを抜いていきます。ミッションオイルはギアの潤滑・冷却などを行います。オイルを交換することで洗浄効果もありますので、使用状況によりますが2年毎の交換をおススメいたします。ミッションオイルを注入していきます。ミッションオイルはホンダ純正MTF-Ⅲを使用します。ラジエタークーラント液を抜いていきます。続いてブレーキフルードを交換して同時にエア抜きをおこなっていきます。ブレーキフルードはDOT4を使用しています。こちらも使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。エンジンオイルを入れていきます。エンジオイルはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油 10w-40使用しています。ラジエタークーラント液を入れていきます。スーパーロングライフクーラント(S-LLC)を使用しています。右タイロッドエンドブーツを交換していきます。取り外してみましたがパックリ切れています。新旧タイロッドエンドブーツの比較です。新しいタイロッドエンドブーツを取付けます。脱落防止の割ピンを入れて完了です。タイヤ溝残量を測定していきます。フロントおよびリア共におおよそ4mmとなります。サンフレアの有効期限が切れていたので交換します。サンフレアは有効期限が切れていても車載されていれば車検は問題ありません。但しいざとなった時に使えるとは限りませんのでHMRでは有効期限が切れたものは交換させていただいております。続いてエアコンフィルターを確認しましたがフィルターの間にホコリなどが挟まり汚れていたので、新品に交換させていただいております。フィルターが汚れると車内のにおいの原因となりますので定期的な交換をおススメいたします。新旧のエアコンフィルターです。新しいエアコンフィルターを元に戻して終わりとなります。以上で納車前点検整備は終了です。F様、この度はシビックタイプRのご契約ありがとうございました。自然吸気VTECを思う存分お楽しみください。

シビックタイプRの買取相場はこちら

シビックタイプRの中古車一覧はこちら

シビックタイプRの中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. DC5 車高調 SPIRIT
  2. シビックタイプRユーロ FN2 リアゲートダンパー交換
  3. シビック(EG6)納車整備
  4. S2000(AP1)納車前点検とオイル交換
  5. S2000幌交換画像
PAGE TOP