プロドライブ17AWにアミューズハイテックダンパーを装着したS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のサコウです。シルバーストーンメタリックのS2000(AP1)の納車前点検を行いました。プロドライブ17AWにアミューズハイテックダンパーを装着し、弊社にて新品ガラススクリーン幌に交換させていただいた車両となります。作業担当はメカニックのワタナベです。

S2000(AP1)車検点検整備

まずエンジンルームからオイルやフルード漏れなどがないか順番に点検していきます。バッテリーチェッカーにてバッテリー本体の健全性を確認しました。エンジンはスムーズにかかるのですが要交換の判断となりました。のちほど新品に交換いたします。エアクリーナーを確認していきます。エアクリーナーに大きな汚れはないですが、今後定期的な点検をおこない汚れが目立つ様になれば交換をおススメいたします。エアフロパイプを確認しましたが、大きな劣化や破れなどはありませんでした。破れてしまうとエアフィルターを通さない空気を吸ってしまいエンジン不調の原因となるので要注意です。ラジエター本体やラジエターホースに亀裂やクーラントのにじみなど目立つ劣化はありませんでした。ラジエターやラジエターホースからクーラント液が漏れるとオーバーヒートの原因となります。定期的な点検をおススメいたします。スプールバルブとヘッドカバーパッキンにオイル漏れがないか確認します。オイル漏れやオイルの大きなにじみなどありませんでした。今後定期的な点検を行いにじみが大きくなったら交換をおススメいたします。ブレーキマスターシリンダーおよびクラッチマスターシリンダーを点検していきます。フルード自体の量や色に問題ありませんが、クラッチマスターシリンダーよりフルード漏れが見つかりましたのでのちほど交換いたします。続いて補器ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタがないか見ていきます。点検をおこないましたが問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、充電不足になり最悪エンジンが停止することもあります。定期的な点検をおススメいたします。点火プラグを確認しましたが端子の減りと焼け具合に問題はないです。定期的にチェックをして交換時期が来たら交換をおススメしてさせていただいております。続いて足廻りを点検していきます。アミューズハイテックダンパーを装着していますがロックシートの固着やダンパーからのオイル漏れはありませんでした。その他ブッシュやブーツでは左右フロントアッパーアームブーツやリアロアアームブーツに破れがあったので後ほど交換していきます。続いてブレーキ廻りを点検していきます。ブレーキローターに大きな摩耗はありませんが一部サビが出てきてしまっています。次回ブレーキパッド交換時に同時交換をおススメいたします。ブレーキキャリパーシールの状態およびブレーキピストンの動きに問題はありませんでした。ブレーキパッドはフロント8mm リア7mmと十分に残っていて変摩耗もありませんが定期的な点検をおススメいたします。

S2000(AP1)油脂類の交換

エンジンオイルを抜いていきます。オイルの色は少し汚れていますね。エンジンオイルは3,000㎞または3ヶ月のサイクルで交換することをおススメします。AP1前期はエンジン内部の構造上少しエンジンオイルが減ります。次回オイル交換時にオイルレベルゲージを確認してどれぐらい減っているか見ておくといいですね。ミッションオイルを抜いていきます。出てきたミッションオイルの色や粘度も問題ありませんでした。ミッションオイルを注入していきます。ミッションオイルはホンダ純正のMTF-Ⅲを使用しています。リアデフオイルも交換したのですが写真を撮り忘れました。オイルは同じくホンダ純正MTF-Ⅲを使用しています。下廻り全体の写真ですが目立つサビや腐食、大きな突き上げなどは見受けられません。ハブベアリングにガタがないかタイヤを縦横方向に揺らして確認しましたが問題ありませんでした。ハブベアリングにガタが出てくると走行中に異音やひどくなるとボディに振動出る原因となります。定期的な点検をおススメいたします。空気圧を4輪すべて適正圧に調整しています。空気圧の調整はガソリンスタンドで自分でも簡単できるので、1ヶ月に1回は行うことをおススメいたします。続いてスペアタイヤも同じく空気圧を適正圧に調整しています。いざ使用するときに使えないことがないように定期的な点検をおススメいたします。エンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルにはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油 10W-40を使用します。続いてブレーキフルードを交換しながらエア抜きも同時におこないます。ブレーキフルードはDOT4を使用しています。こちらも使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。発炎筒の使用期限が切れていたので交換させていただきました。使用期限が切れていても車載されていれば車検は通るのですが、いざ使用した時に使えないと意味がないんです。HMRでは使用期限の切れた発炎筒は交換させていただいております。ワイパーゴムが劣化していたので2本とも交換させていただきました。ワイパーゴムは消耗品なので1年に1回のサイクルで交換をおススメいたします集中ドアロックが効かない症状がでていたので点検をしたところ、ドアロックアクチュエーターの不良であることが判明しましたので新品に交換いたします。古いドアロックアクチュエーターです。中のアクチュエーターが作動しなくなりドアロックが効かなくなっていました。ドアロックアクチュエーターの新旧比較です。そのまま入れ替えて作動確認しましたが正常にキーレスで開閉が可能となりました。カップホルダーの蓋が閉まらなくなっていましたので交換します。新旧の比較ですが蓋の可動部が破損していましたね。S2000定番修理の室内灯の不灯です。室内灯が点かないので室内灯を分解修理いたしました。スイッチの接点部分がサビてしまい接触不良をおこしていたたので、接点部分のサビを落として点灯することを確してから組付けさせていただきました。続いて足廻り点検時に確認したフロント左右ロアアームブーツを交換していきます。ブーツがパックリ破れてグリスが飛び出しています。外してみると半分近く切れています。ロアアームボールジョイントブーツの新旧比較です。長年車の重み支えてきたのでペチャンコになっていますね。フロントロアアームにブーツを取付て作業は終了となります。つづいてフロントアッパーアームブーツの交換をしていきます。こちらもパックリ切れてグリスが飛び出してありませんね。フロントアッパーアームブーツ新旧の比較です。フロントアッパーアームブーツを取付て作業は終わりとなります。エンジンルーム点検時にクラッチマスターシリンダーからのフルード漏れがあったので新品に交換いたします。クラッチマスターシリンダーの室内側です。室内側もフルードが滲んできていますね。クラッチマスターシリンダーを外して新しい部品を取り付けるのですが、取り替えている写真を撮り忘れてしまいました。。部品を取り替えたあとにリフトアップをしてクラッチフルードのエア抜きをおこなって交換作業は終了となります。バッテリーチェッカーで要交換の判断がでていたのでバッテリーを新品に交換いたしました。バッテリーは使用状況によりますが新しく交換してから3~5年を目安に交換することをおススメいたします。 以上でS2000(AP1)納車前点検整備が終了いたしました。S様、この度はS2000のご契約ありがとうございました。自然吸気VTECのサウンドをぜひ楽しんでください。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. HMR S2000画像
  2. NSXラジエター交換
  3. S660ドラレコ取付け
  4. S2000 AP1 プロペラシャフト交換
  5. インテグラタイプR(DC2) ヘッドライトコーティング
PAGE TOP