【フォーミュラ7月の走行】気温が上がりタイムは伸び悩み

HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎ

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。7月のフォーミュラは伸び悩みな感じでした。まずは7月頭に筑波サーキットにて走行予定だったのですが、6月末に手術があってまだ激しい運動ができずに断面していました。なので、3週間ほど空いての7月中旬にツインリンクもてぎにて走行してきました。HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎこの日は、デモカーのS2000 1号機も持っていきテストしました。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ

HMR JAF F4(疾風03号車) ツインリンクもてぎ走行 7月12日

この日は気温がかなり高く33度、路面温度は50度には達していたような日でした。とても暑かったですが、S2000を2ヒート、F4を4ヒートの合計6ヒート走り込んできました。30分1ヒートなので、180分ですね。なかなかバテましたがいい練習になりました。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ
まず、F4の方ですが、前回のもてぎ走行ではついに2分を切ったタイムを刻むことができましたが、この日は気温的にも高くて全く無理でした。最初の1本目はまだ気温がそこまで高くなかったので2分フラットくらいのタイムで、引っかかりながら2分フラットだったので、環境的には59秒台は出せていたことでしょう。それが2本目になると2分1秒台が精一杯という感じで全くタイムが伸びなくなりました。HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎ
この日はブレーキバランスの調整が主な目的で、これまではフロント寄りにグイグイと回して走行していて、前回ベストタイムを出したときは全開までフロントよりになっていました。
ブレーキの踏力が弱いためにフロントよりのほうがノーズの入りが良かったのでしょう。ただ、このバランスだとフロントブレーキが効きすぎている状態のため、ブレーキを残しながら速いスピードで侵入するコーナーはアンダーになってしまいます。HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎそれがこの日の走行ではよくわかり、徐々にリア寄りにブレーキバランスをもっていくようにしました。その分踏力を意識してしっかりと踏み込んで止まるブレーキを踏むように心がけましたが、結局思うようなブレーキができずにこの日は終わりました。HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎ HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎ
それと、なぜかシフトダウンがやり辛くなり、ブレーキも連続周回していると効かなくなりという感じで、後半のヒートでは思うように走れませんでした。HMR F4(疾風)ツインリンクもてぎ

デモカーS2000 1号機は燃料カットのトラブルチェックとスタビテスト

S2000の方はと言うと、2本とも無事やりたいテストは終えることができました。1本目は燃料カットが縁石に乗ると入るトラブルが解消しているかのチェックでした。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎHMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ3月末に富士スピードウェイにて走行した際に出たトラブルで、縁石に乗るとその後5秒間くらいエンジンが吹けなくなる症状があり、燃料ポンプとリレーを交換してもてぎにやってきました。
国際サーキットでないとガタガタの縁石がなく、富士スピードウェイはオリンピックの関係で使えないため、ここでテストするしかなかったんですね。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎで、1本目からガンガン縁石に乗せて走行してみましたが、全く症状は出ることなく走れました。燃料ポンプかリレーのどちらかが振動によって電気信号が止まってしまっていたのでしょう。チーフメカニックのムラマツ曰く、たぶんリレーであろうとのことでした。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎこのトラブルが解消されていたので、2本目はフロントスタビのテストに入りました。フロントスタビはAP1純正を装着していて、もう少し初期のノーズの入りをよくしたいなと思い、以前AP2スタビを試しましたがこれは柔らかすぎてダメでした。なので、その中間であるタイプSスタビを装着してテストしてみることにしました。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ結果はいい感じでした。S2000でもてぎを走ることが初めてなのでまだブレーキポイントなどがよくわからず、1本目とのタイム比較は難しいところですが、それでも2本目の方が気温も上がりコンディションは悪い中でもタイムアップしました。ノーズの入りもよくなりタイプSスタビはどうやら正解のようです。HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ HMR S2000(AP1) ツインリンクもてぎ

HMR JAF F4(疾風03号車) 筑波サーキットコース2000走行 7月21日

続いて筑波サーキットです。この日も暑くて天気はとても良かったです。HMR JAF F4 筑波サーキットもてぎから1週間ほどでした。8月1日に筑波サーキットでのレースを控えているので、この日の走行はレースに向けてもとても重要な日でした。この日の走行で56秒台に入れたい! という思いで乗り込みました。HMR JAF F42本の走行枠があり気合を入れて走り始めましたが、タイヤはズルズルで滑る滑る。特に立ち上がりのトラクションが全然かからない感じで一気にへたくそになった気分でした。走り終わってメンテナンスをお願いしているハンマーレーシングの伊澤さんに状況を伝えたら、この気温ではタイヤが垂れるからグリップはかなり落ちるとのことでした。58秒台前半しか出すことができずでしたが、8月のレースではたぶん同じような気温になるのでいい練習になりました。HMR JAF F4
次は8月1日のHIX FORMULAレースです。30日、31日と練習走行をして、1日が予選と決勝です。このブログを書いているときにはすでにレースが終わっているのですが、レースの結果はまた動画と合わせてブログに書きたいと思います。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. HIX FOURMULA F4筑波サーキット
  2. フォーミュラ隼
  3. HMR S2000 筑波サーキットコース2000
  4. フォーミュラ隼
  5. フォーミュラ隼
  6. FCJ富士スピードウェイ
PAGE TOP