デモカーS2000 2号機、J’sracingのハイパーシングルクラッチキットを装着

S2000(AP2) クラッチ交換

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のイシケンです。筑波サーキットコース2000で、車検対応状態で1分3秒台に入れたいと製作中のデモカーS2000 2号機。S2000(AP2) クラッチ交換今回はクラッチ交換です。もともとATSのカーボンクラッチが装着されていたのですが、フィーリングがどうにも合わなく交換することにしました。装着するのはJ’sracingのハイパーシングルクラッチキットです。エクセディ製のメタルクラッチですね。S2000(AP2) クラッチ交換ATSのクラッチはプッシュ式のレリーズシリンダーなので、純正と同じプル式に戻します。J’sracingから強化レリーズシリンダーが発売されていて、これを装着するとメタルクラッチでも街乗りが扱いやすくなるので、今回はこれを装着します。S2000(AP2) クラッチ交換そして、レリーズベアリングはSPOON製、ベアリングガイドはCSOのWPC加工済みの商品を装着します。S2000(AP2) クラッチ交換クラッチ交換でエンジンマウントを外すので、純正のエンジンマウントに交換することにしました。S2000(AP2) クラッチ交換今は強化マウントが装着されていて、室内に入ってくる振動が大きいのでそれが不快で嫌なんですよね。街乗り快適に乗れる仕様で作りたいので純正に戻すことにしました。では、作業を始めます。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP2)エンジン周りから下回りの部品外し

内装のシフトノブ周りをバラし、エンジンルーム内のパーツをばらしたら下回りの作業に入ります。エンジンルーム内では、スターターモーターのボルトを緩めるためにエアクリーナーボックスやオルタネーターなども取り外します。S2000(AP2) クラッチ交換そして、エキマニも外す必要があるので、エンジンルーム側でエキマニのボルトを緩めて下から取り外せるようにしておきます。これでようやく下周り作業に入る感じです。S2000(AP2) クラッチ交換S2000(AP2) クラッチ交換エキマニをこんな感じで下から抜きます。 S2000(AP2) クラッチ交換触媒も外したらプロペラシャフトを外していきます。プロペラシャフトのボルトはなめやすいのでかなり注意しながら緩めないといけません。S2000(AP2) クラッチ交換プロペラシャフトが外せましたS2000(AP2) クラッチ交換続いてレリーズシリンダーを外します。プッシュ式に変わっているので純正のS2000では見ない形状ですね。S2000(AP2) クラッチ交換こんな感じでレリーズシリンダーが外れました。S2000(AP2) クラッチ交換フロントのサブフレームを緩めてエンジンを少し下にずらします。この際にエンジンマウントは外します。S2000(AP2) クラッチ交換いよいよミッションを下ろす準備ができてきました。ミッションをとめているボルトを緩めていきます。S2000(AP2) クラッチ交換ミッションの後ろからはかなり長いエクステンションバーを使って緩めていきます。 S2000(AP2) クラッチ交換 S2000(AP2) クラッチ交換 S2000(AP2) クラッチ交換ミッションとハウジングが分離しました。S2000(AP2) クラッチ交換ゆっくりと降ろしていきます。 S2000(AP2) クラッチ交換ハウジング内は汚れ少なく、まだクラッチ交換してから時間が経過していないのが見て取れます。S2000(AP2) クラッチ交換

S2000(AP2)クラッチ交換

ここからはクラッチ交換に入ります。現在はATSクラッチが装着されています。S2000(AP2) クラッチ交換取り外してみました。 S2000(AP2) クラッチ交換カーボンクラッチです。そしてまだ全然クラッチは残っています。アタリがついてきたかなというレベルです。S2000(AP2) クラッチ交換フライホイールも交換になるので外していきます。 S2000(AP2) クラッチ交換 S2000(AP2) クラッチ交換フライホイールを外してクランクのリア側が見えてきました。 S2000(AP2) クラッチ交換このクランクオイルシールリアは後ほど交換します。 S2000(AP2) クラッチ交換こちらはJ’sracingのクラッチ(上)とATSクラッチ(左)、純正クラッチ(右)です。それぞれ重さを比較しましたが、ダントツにATSクラッチが軽く、その次にJ’aracingという順番です。やはりATSクラッチはカーボンなので軽いのもありますが、カバーやフライホイール含めてトータルで軽かったです。S2000(AP2) クラッチ交換クラッチの比較はこのくらいにして、クラッチ装着前にクランクオイルシールリアを交換します。 S2000(AP2) クラッチ交換このタイミングでこのオイルシールを交換しておかないと、後々ここからオイル漏れが発生した場合はまたクラッチを降ろさないといけないので手間です。S2000(AP2) クラッチ交換取り外す専用工具を使っているので、外れたらこんな感じでグニュグニュになります。 S2000(AP2) クラッチ交換新品を取り付けました。S2000(AP2) クラッチ交換いよいよクラッチの取付です。S2000(AP2) クラッチ交換メタルクラッチの新品です。アタリがつくまでは操作がシビアなんですよね~S2000(AP2) クラッチ交換フライホイールセットの製品です。もともとATSのフライホイールが入っていたので、フィーリングはそんなに変わらないでしょう。S2000(AP2) クラッチ交換カバーやベアリングなど装着していきます。 S2000(AP2) クラッチ交換こちらのベアリングガイドも重要な交換部品です。今回はCSOさんのWPC加工済みガイドを装着しましたが、純正でもいいのでクラッチ交換の際は必須でベアリングガイドも交換しましょう。ペダルのフィーリングが悪い時はほぼここが原因です。S2000(AP2) クラッチ交換フライホイールを取り付けていきます。 S2000(AP2) クラッチ交換 S2000(AP2) クラッチ交換センター出しをしてクラッチを取り付けます。 S2000(AP2) クラッチ交換こんな感じでクラッチ交換が完了しました。ミッションを装着したら見えなくなりますが、エクセディカラーの紫がとてもかっこいいです。 S2000(AP2) クラッチ交換この後ミッションを戻して、J’sracingの強化レリーズシリンダーを装着して終了しました。これまでのATSクラッチと比較するととても扱いやすくなり、街乗りは快適になりました。アタリがつくまでは少し操作はシビアですが、それでもメタルクラッチということを考えるととても操作性がいいです。

今回の様子はyoutubeチャンネルで詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)納車前点検とオイル交換
  2. S2000 AP1 SPOON マフラー 交換
  3. AP1 S2000 ナビ取付 ダッシュボード交換 ETC ドライブレコーダー
  4. S2000(AP1)車検整備
  5. S2000 AP1
PAGE TOP