シンクロシルバーメタリックのS2000タイプS(AP2)の納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のサコウです。今回はS2000タイプS(AP2)の納車前点検整備を行いました。走行距離が8.5万キロですが、最近まで走っていたユーザー買取で整備履歴もわかり安心です。作業はメカニックのワタナベです。

S2000(AP2)納車前点検整備

エンジンルーム内の点検から行います。エンジンルーム内でオイル漏れがないかなどチェックします。 エアクリーナーですが大きな汚れなく問題ありません。S2000の純正エアフィルターは純正でもキノコ型で高性能です。補器ベルトを点検していきます。ベルトのリブに亀裂や大きなヒビは無く良好な状態です。補器ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、最悪はエンジンが止まってしまったりと大きなトラブルにつながりますので定期的な点検が必要ですね。ラジエター廻りの状態ですが実は新品なんです。購入いただく前にラジエター本体とラジエターホースを交換させていただいておりました。もちろんクーラント液も新品です。どうりできれいなはずですね♪スパークプラグの状態です。特に問題ありませんね。プラグの摩耗はエンジン不調につながりますので定期的な点検が必要な箇所です。続いてバッテリーの状態です。端子の緩みや取付に問題はありません。写真は撮り忘れましたがバッテリーチェッカーにて健全性を計測して正常でした。ハブベアリングにガタがないか確認していきます。縦・横方向に揺らして確認しましたが4本ともガタはありませんでした。ハブベアリングにが出ると異音やボディの振動につながり車検も通りません。定期的な点検が必要ですね。エンジンオイルを抜いていきます。濁ったオイルがでてきましたね。。。ちょうど交換時期ですね。エンジンオイルにはエンジン内部の潤滑・保護・冷却など重要な役目をになっています。通常3ヶ月又は3,000㎞に1回のサイクルで交換することをおススメいたします。オイルフィルターを交換します。こちらはエンジンオイルの交換2回に1回のサイクルで交換をおススメいたします。オイルフィルターにはエンジン内を循環しているオイルをろ過する役目があります。ミッションオイルを抜いていきます。ミッションオイルはホンダ純正オイルを使用します。 リアデフオイルも交換していきます。こちらも同じくホンダ純正オイルを使用します。金属同士が擦れ合うのでデフドレンボルトに多少の鉄粉などはついていますが異常なほどではないです。オイル交換時はトラブルを未然に防ぐため必ず鉄粉や異物などがないか確認しています。 続いてブレーキ廻りを見ていきます。フロントのブレーキローターが摩耗していますので次回のブレーキパッド交換時に一緒に交換することをおススメいたします。ちなみにフロントローターの片面1mm摩耗したら交換時期です。ブレーキキャリパーを分解していきます。キャリーパーピストンと固着は無くピストンシールの状態も問題ありません。スライドピンの動きも問題ありませんでした。フロントのブレーキパッドの状態です。ブレーキパッドに偏摩耗は無くパッド残量も左右共に7㎜と残量は十分ですね♪新品ですと約10mmです。リアのブレーキ廻りです。ブレーキパッドの残量は左右共に8mmとこちらも問題ありません。キャリパ―シールの状態やキャリパーピストンの動きも問題ありません。スライドピンの動きも問題ありませんでした。
エンジンオイルを入れています。エンジンオイルはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油を使用しています。街乗りからサーキットまでオールマイティに使用可能です。 ブレーキフルードを交換していきます。ブレーキフルードは使用状況によりますが出来れば1年長くても2年毎の交換をおススメいたします。長年交換せずにいるとスポーツ走行時にペーパーロック現象が起きたり、ブレーキラインやキャリパー内部にサビが出てしまいブレーキトラブルにつながります。

左フロントスタビライザーリンクの交換

足廻り点検時にスタビライザーリンクを点検したところパックリ割れていました。。。これでは車検に通りません。
スタビライザーリンクごと新品にて交換します。規定トルクで締め付けして完了です。

左右フロントロアアームブーツの交換

下廻り点検時にロアアームブーツがパックリ破れていました。こちらもブーツが破れると車検に通らないので交換しています。専用工具を使用してロアアームブーツの交換をしていきます。取り外し出来ましたが新品と比べたら潰れて半分ぐらいの大きさになってますね。 あとは逆の順序で組付けて終了です。

S2000定番のルームランプ不灯修理

S2000ではお馴染みのルームランプ不灯修理をおこないます。押してもスイッチ動かしても全く点きません。。。 ルームランプを外してばらしていきます。原因は湿気によって基盤が錆びて、接触が悪くなり点灯しなくなります。この部分の錆を落としてあげれば大体の車両は直ります。サビを落として元に戻しました。しっかり点灯していますね。
以上で納車前点検整備は終了となります。P様、この度はS2000ご契約いただきありがとうございました。今後共よろしくお願いいたします。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(FD2) ブレーキパッド交換
  2. S2000(AP1)納車前点検
  3. シビックSiR2(EG6)タイミングベルト交換画像
  4. S2000リビルドミッション交換作業画像
PAGE TOP