S2000(AP1) クラッチ交換、スロットルボディ洗浄、エンジンミッションマウント交換

S2000(AP1) スロットルボディ洗浄

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。前回車検整備でお預かりして各部作業したS2000の続きで、今回はクラッチ交換とスロットルボディ洗浄、エンジンマウント交換です。どれもクラッチ交換の際に手を付ける箇所なので同時にやると工賃がお得です。エンジンマウント交換では、CSOさんのローマウントキットを取り付けました。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP1)クラッチ交換

それではクラッチ交換から入ります。S2000のクラッチ交換はFR車なのになかなか大変です。何が大変かは下記の弊社youtubeチャンネルでもご紹介していますので合わせてどうぞ!

さて、まずは内装のシフト周りからバラします。シフトノブを取り外してミッションを下ろせる状態にしておきます。S2000(AP1) クラッチ交換S2000(AP1) クラッチ交換S2000(AP1) クラッチ交換これで室内側の作業は完了です。S2000(AP1) クラッチ交換続いてエンジンルーム側です。スターターモーターのボルトを緩めるためにエアクリーナーボックス、オルタネーターなどを取り外します。S2000(AP1) クラッチ交換このタイミングでガタの出やすいオートテンショナーや補機ベルトを交換すると工賃がお得になりますよ。S2000(AP1) クラッチ交換オルタネーターもこんな感じで取り外します。オルタネーターを取り外す際はバッテリーを取っておくのがポイント。感電する可能性がありますからね。S2000(AP1) クラッチ交換続いてエキマニ側の作業です。ミッションのボルトを緩めるのにエキマニが邪魔なんですね。なので取り外さないといけないのです。エンジンルーム側からは一通り緩めた状態にしておきます。S2000(AP1) クラッチ交換そしてリフトアップして下からエキマニを取り外します。この際に触媒やマフラーも取り外します。S2000(AP1) クラッチ交換続いて下回り作業です。まずはレリーズシリンダーを取り外します。外してみたらこんな感じでかなりの錆が出ていました。これはクラッチフルードが水を吸っていた証拠です。このままだとレリーズシリンダーからフルード漏れが発生したり、クラッチの切れが悪くなったりします。S2000(AP1) クラッチ交換 S2000(AP1) クラッチ交換クラッチレリーズシリンダーは今回このままでとのことでしたので、そのまま作業続けていきます。一通りのボルトを緩めたらエンジンとミッションをジャッキで支えておろします。エンジンはマウントを取ってフロントサブフレーム少しずらしているので支えないと危険です。S2000(AP1) クラッチ交換 S2000(AP1) クラッチ交換こんな感じでミッションがおりました。 S2000(AP1) クラッチ交換ハウジング内はダストで結構汚れています。 S2000(AP1) クラッチ交換クラッチ側は結構錆が出ていますね。 S2000(AP1) クラッチ交換こちらはフライホイールです。 S2000(AP1) クラッチ交換それぞれ取り外しました。 S2000(AP1) クラッチ交換クラッチディスクはそこそこ摩耗が進んでいる状態でした。S2000(AP1) クラッチ交換こちらはクランクオイルシールリアです。クラッチ交換のタイミングで交換しておかないと、もしここのシールから漏れが発生したらまたミッション降ろしてクラッチも降ろさないとになります。S2000(AP1) クラッチ交換新品のオイルシールに交換しました。 S2000(AP1) クラッチ交換では、ここから本題のクラッチ交換に入ります。こちらが今回装着するクラッチ一式です。カバー、ディスク、ベアリング、レリーズベアリングガイド、レリーズフォーク、ブーツです。S2000(AP1) クラッチ交換 S2000(AP1) クラッチ交換 S2000(AP1) クラッチ交換この筒状のパーツはクラッチレリーズベアリングガイドと言って、S2000は単品で交換することが可能なパーツです。これを交換しておかないと、ベアリングの動きが渋くなりクラッチは新しくてもクラッチのペダルフィールが悪化したり、切れが悪くなったりします。S2000(AP1) クラッチ交換新旧それぞれ比較してみましょう。 S2000(AP1) クラッチ交換クラッチディスクの摩耗は新品と比較するとよくわかりますね。 S2000(AP1) クラッチ交換ベアリングとベアリングガイドの摩耗も一目瞭然。 S2000(AP1) クラッチ交換ガイドにはすでに段付きが発生しています。この段付きがあるとスムーズにベアリングが動かなくなります。S2000(AP1) クラッチ交換フォークもそこそこ摩耗していました。 S2000(AP1) クラッチ交換フライホイールはそのまま使いますが、パイロットベアリングは新品に打ち替えます。 S2000(AP1) クラッチ交換こんな感じで装着完了です。 S2000(AP1) クラッチ交換

S2000(AP1)エンジンマウント・ミッションマウント交換

クラッチ交換のついでで、エンジンとミッションマウントの交換をしました。この2つともクラッチ交換の際に外していますから工賃がお得です。今回装着するマウントは純正なのですが、エンジンマウントはブラケットをCSOさんの20mm下がるタイプに交換します。S2000(AP1) エンジンマウント交換では交換作業に入ります。エンジンマウントはすでにヒビが入り劣化気味でした。S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換こちらは新品です。当たり前ですがヒビはなくゴムがしっかりしています。S2000(AP1) エンジンマウント交換これにCSOさんのマウントをつけて装着します。右が純正で左がCSOさんのマウントです。社外のエキマニが入っていると、ものによっては干渉して装着できませんのでご注意ください。S2000(AP1) エンジンマウント交換こんな感じで取付け完了しました。S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換 続いてミッションマウントを交換します。ミッションはマウント交換が前提だったので、マウントごとおろしていました。S2000(AP1) ミッションマウント交換こちらを新品のマウントに交換しました。S2000(AP1) ミッションマウント交換 S2000(AP1) ミッションマウント交換

S2000(AP1)スロットルボディ洗浄

最後にスロットルボディの洗浄を行いました。S2000のアイドリング不調の原因の一つであるスロットルボディの汚れ。今回も結構汚れていました。クラッチ交換の際にスロットルボディまでは外しませんが、ほぼその手前まで外しているのですぐに取れます。S2000(AP1) スロットルボディ洗浄正面側は見た目にそこまで汚れている感じはないです。S2000(AP1) スロットルボディ洗浄取り外して裏側を見ると真っ黒・・・。ブローバイオイルで真っ黒です。これではセンサーの読み込みに影響が出てアイドリング不調を起こしかねません。S2000(AP1) スロットルボディ洗浄インテークマニホールド側のガスケットを綺麗にはがしていきます。 S2000(AP1) スロットルボディ洗浄 S2000(AP1) スロットルボディ洗浄そして肝心のスロットルボディは、専用のクリーナーで汚れを落として行きます。S2000(AP1) スロットルボディ洗浄こんなにピカピカになりました。 S2000(AP1) スロットルボディ洗浄新品のガスケットを取り付けて、綺麗になったスロットルボディを戻します。S2000(AP1) スロットルボディ洗浄 S2000(AP1) スロットルボディ洗浄
以上で、クラッチ交換とエンジンミッションマウントの交換、スロットルボディの洗浄は終了です。T様、この度は作業のご依頼ありがとうございました。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)ウェザーストリップ交換
  2. インテグラTypeR DC2 ドライブシャフト 交換
  3. インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換
  4. EG6 納車前点検画像
PAGE TOP