【キーパーコーティング】シビックタイプR(75,816km)にクリスタルキーパーを施工しました

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)コーティングアドバイザーの岩沖です。HMRでは、ご依頼頂いたお車や納車前のお車などにkeeperコーティングを施工しています。今回ご依頼頂きましたシビックタイプRチャンピオンシップホワイトにクリスタルキーパーを施工致しましたのでご紹介していきます。

コーティング後はメンテナンスいらず!!

コーティングなしで洗車をすると艶などがなくなり年々塗装が劣化していき走行中に着く汚れや雨染みなどが付きやすく取れにくくなり毎回落とすのが大変です。少しでも洗車の時間短縮をや常に愛車が綺麗な状態で保ち続けたい洗車は嫌いだから洗車機に入れたいなど色んなお客様にコーティングをお勧めしております。コーティングをした後、次回のメンテナンスまで水洗いやkeeperが出している全色対応のカーシャンプーなどで汚れが簡単に落とせるのでコーティング是非ご検討して見てください。今回ご依頼頂きましたシビックタイプRにクリスタルキーパーを施工致しましたのでご紹介していきます。まずは、洗車をして表面の汚れを落としていきます。汚れがほとんどなく綺麗な状態です。


ウイングの裏側も水垢が付きやすいので汚れを落としてからコーティングしていきます。

ボンネットダクトの溝は特に汚れが溜まってしまうので洗車だけだと落ちにくいなと思ったら歯ブラシなど軟らかいブラシがお勧めです。
フロントのナンバーを付ける部分は、ナンバーを頻繁に外す機会があまりないので汚れがとても付きやすく目立ってしまいます。 まず始めに水垢がなく綺麗なので爆ツヤを使って表面の汚れを落としていきます。爆ツヤはすればするほど艶が出るので塗装面を傷めず汚れを落とすことができます。
1パネルずつ汚れを落としていきます。樹脂部分も意外と見えない汚れが付いています。


爆ツヤの施工が終わり濡れた状態の写真です。見えない表面上の汚れを取るだけでもホワイトのトーンが上がっていきます。

ディフューザーの下部分も忘れずに汚れを落としました。
次の工程は2層コーティングの1層目、ガラス被膜を塗っていきます。
ガラス被膜を塗り終わったら専用クロスで拭き上げていきます。

1層目の施工が終わりました。磨きをしなくても鏡面の様な艶がとても出ています。

ボンネットも輝きが増して鏡の様ですね。

ガラス被膜だけでも十分綺麗ですが次の2層目を塗ることで艶感がまた一段階アップします。

ディフューザー部分も施工したので撥水が効いて拭き取りやすくなります。
続きまして2層目のコーティングレジン被膜を塗っていきます。 ミラー下裏や3角形の部分、細かい所も塗っていきます。
レジン被膜を塗ると新車の様な艶感が出て中古のお車には見えなくなります。

モール部分も艶が出たので見た目の印象が変わりました。

周りの風景が繊細に反射しているのが分かります。とても綺麗です。

フロントグリルも色褪せもなく綺麗な輝きになりました。

ピラー部分も汚れを落としたおかげで黒色が綺麗に発色しています。

クリスタルキーパーは、1年分の自然界での紫外線を受けても、ほとんど破壊されることなく、撥水力を90%維持し続けることができます。クリスタルキーパーを施工して数か月後に水弾きが少し落ちたと感じられた場合でも、被膜が壊れたわけでも効果がなくなったからでもありません。その場合水弾きを邪魔する撥水阻害被膜が乗っている場合がほとんどなので、撥水阻害被膜は非常に薄くもろいので簡単に除去してもとの撥水効果を取り戻すことができます。

E様、この度はクリスタルキーパーのご依頼ありがとうございました。次回のメンテナンスの目安は1年後になります。是非お待ちしております。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

 

関連記事一覧

PAGE TOP