アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着&シャーシリフレッシュをしました

アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。結構前に作業させていただいた内容なのですが、なかなかブログにアップできずにズルズルと来てしまっていたCL7の作業をアップしました。当社にていつも多数のメンテナンスをご依頼いただいているお客様です。今回は、TEIN車高調のお取り付けと合わせてシャーシのフルリフレッシュ、ヘッドライト交換、フロントグリルやルーフモールディング、カウルトップの交換などご依頼いただきました。まずはブログ第1段としてTEIN車高調取付けとシャーシリフレッシュです。

アコードユーロR(CL7)フロント周りのリフレッシュ作業

アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュまずはフロント周りから作業開始です。サスペンションの取り外しからスタートします。シャーシリフレッシュで取り外す部品があるので、通常の車高調取付けだけでは取り外さない部位もありますのでご了承ください。まず現状の足回りはノーマルです。アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着この足回りをTEINのFLEX Z車高調に交換します。アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着FLEX Z車高調は乗り心地は悪くならずに快適なままで、適度にローダウンできるリーズナブルな足です。アッパーマウントは強化ゴムマウントです。アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着今回シャーシリフレッシュで各アーム類やハブベアリング、ドライブシャフトなどなどリフレッシュするので、サスペンションの取り外しと合わせてゴッソリと足回りの部品を取り外します。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ左フロントはハブベアリングとドライブシャフトが固着して切り離すことができなかったので、ナックルASSYで取り外すことになりました。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュここが固着して外れないのです。。。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ右フロントは普通に取り外しできました。取り外したフロント周りの足回りパーツです。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ取り外したアーム類のブッシュを見ていくとやはりヒビがそこそこ入っていますね。こちらのアコードは走行距離76000kmです。年式を考えると走行距離は少ない方ですが、それでも劣化はしています。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュこちらは今回リフレッシュするフロント周りのパーツです。アッパーアーム、ロアアーム、ハブベアリングとハブ、スタビリンク、スタビブッシュ、ロアアームボールジョイントブーツ、左側のみナックルも新品になります。ボルト類も新品にします。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュそしてドライブシャフトもリビルト品にてASSY交換します。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュではハブとロアアームのボールジョイントをプレス機を使って打ち抜いていきます。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュこちらが取り外したロアアームのボールジョイントと新品です。見た目には特に何も違いはわからないですね。ただ、ボールジョイントもガタがでるパーツですので、リフレッシュすることで動きがスムーズになります。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュこちらは新品のハブベアリングを圧入した後の画像です。ガタが出ていなくても経年劣化で回転するパーツは動きが渋くなるので、ハブベアリングのリフレッシュで乗り心地や加速性能が良くなります。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ こんな感じでフロント左右ともハブASSYでリフレッシュ完了です。左側だけナックルも新品になっています。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ続いて、フロント周りが開けている状態でスタビリンクとスタビブッシュをリフレッシュします。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュスタビブッシュはゴムの硬化によってスタビ自体の動きを渋くさせて、ある意味で突っ張る方向になります。そうすると本来のスムースな動きが制御されてしまうので、地味なパーツですがリフレッシュすると動きがスムースになって乗り心地も良くなります。とは言ってもここだけで劇的な変化はしないですが。。。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュこちらが新品との比較です。新品は見た目にもゴムがしっかりとしています。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ可動部分にグリスアップしてから取付けしてスタビブッシュの交換は完了です。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュそれでは、ドライブシャフトや車高調と合わせてフロント側の部品を取り付けていきます。まずはアッパーアームと車高調です。アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着続いてナックルASSYを戻します。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュアコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着こんな感じでフロント周りの交換作業が終了しました。アームやドライブシャフトもリフレッシュされて見た目にもとてもいいですね。アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着 アコードユーロR(CL7) TEIN車高調装着

アコードユーロR(CL7)リア周りのリフレッシュ作業

続いてリア周りのリフレッシュに入ります。リアもごっそりと交換するのでいっきに取り外していきます。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュナックルASSYでこんな感じで取り外します。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ反対側も同様に取り外します。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュこちらがリア周りの取り外したパーツです。リアのアーム類全てとサスペンション、ナックルASSYです。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュそしてこちらが新品交換するパーツ達です。これだけのパーツ類をいっきにリフレッシュすると乗り心地やハンドリング改善を確実に体感できます。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュリアのスタビブッシュもリフレッシュします。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュそして、こちらがリア周りの装着が終わった画像です。アーム類、ナックル、車高調と新しいパーツが装着されて、下から見たらとても10年以上経過した車両には見えないです。アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ最後にアライメント調整・測定を行ってシャーシリフレッシュ&TEIN車高調取付けは終了しました。次はブレーキ回りのリフレッシュをご紹介します。

お問い合わせ

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. オイル漏れ修理 EK9
  2. S2000 AP1 AP2
  3. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  4. S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業
PAGE TOP