S2000(AP1) チューニング&リフレッシュ依頼 CSOブレーキホース・TRY BOX燃料レギュレータの装着

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。今回はS2000(AP1)にCSOさんのステンメッシュブレーキホース取付けやTRY BOXさんの強化フューエルレギュレーターの取付け、ブーツ類・ウェザーストリップのリフレッシュ依頼を頂きました。オーナー様はジムカーナやサーキット走行を楽しまれているそうで、今回は安心して走る為のメンテナンスをさせて頂きました。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP1) TRY BOX強化フューエルレギュレーター交換

まずはフューエルレギュレーターの交換から行います。使用するのはTRY BOXの強化フューエルレギュレーターです。こちらは純正のレギュレーターを加工して燃料の圧力をアップさせた商品ですね。燃圧を上げる事でパワーアップや燃費の改善が見込めます。商品自体はポン付けです。早速純正のフューエルレギュレーターを取り外します。並べると純正がだいぶくたびれているのが分かりますが、外観上の違いはありませんね。元通り組付けて終了です。フューエルレギュレーターは燃料の圧で量を制御している部品です。ここが壊れてしまうとうまく燃料が行きわたらなくなり、エンジンの調子を落としてしまいます。走行距離が増えているクルマはそうなる前に予防で交換したい部分です。

S2000(AP1)アッパーアーム、ロアアーム、タイロッドエンドブーツ交換

以前ご入庫頂いて点検した際にブーツのひび割れを指摘させて頂き、今回フロントのアッパーアーム、ロアアーム、タイロッドエンドブーツの交換をさせて頂きました。では交換を行います。まずはタイロッドエンドプーラーを使用し、アームを外していきます。タイロッドエンドブーツはこんな感じ。新しいブーツに付け替えます。アッパーアームブーツはこんな感じです。潰れてしまって厚さが変わっていますね。ロアアームブーツが一番ひび割れが大きいです。ブーツをつけるまえにグリスを塗ります。グリスはジョイント部の潤滑の役割をしているのでとても大事です。使用するグリスはオーナー様お持込のオメガ製です。極圧性と耐水性に優れているそうですが、青色のグリスは珍しいですね~

S2000(AP1)CSOブレーキホースの取付

続いてブレーキホースの交換です。リアはお客様がDIYで交換されたようで、フロントのみの交換をご依頼頂きました。ブレーキホースを取り外します。使用するブレーキホースはCSOさんの強化ブレーキホースです。CSOさんはS2000マイスターなチューニングショップなので安心して使用できますね。取り付け終えたらブレーキフルードを交換します。今回は無限のブレーキフルードをお持ち頂いたのでこちらを使用します。スポーツ走行をする時は沸点の高いスポーツ用のブレーキフルードに交換しておくことをお勧めします。 AP1 無限 ブレーキフルード

S2000(AP1)ウェザーストリップ交換

最後にフロントガラス側のウェザーストリップ交換を行います。ここが劣化してしまうと雨漏りの原因になります。だいぶくたびれていそうですね。。。ここのAピラー部分のガーニッシュも新品に交換します。新品との比較です。ぱっと見だとわからないのですが、表面の劣化具合が違いますね。新品を取り付けます。そのあとに雨漏りのチェックをして作業は終了です。だいぶ見た目がフレッシュな感じに変わりました♪樹脂パーツやゴムパーツは劣化するとくたびれて見えるので新品に交換すると気持ちがいいですね。以上で作業は終了です。K様、この度はご依頼いただきありがとうございました。また何かありましたらお声掛けください♪

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラタイプR(DC2) 各種リフレッシュ
  2. CSOダイレクトステアリングカラー取り付け
  3. シビックタイプR(EK9)メンテナンス画像
  4. トルネオユーロR(CL1) 車検整備
  5. アコードユーロR CL7 納車前整備
PAGE TOP