大人なスポーツセダンのアコード ユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回アコード ユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。タイプRほどではないですが、パワフルで街中でも乗りやすいです。荷物も人も乗せられてスポーツ走行もできる大人スポーツな感じの車両ですね♪作業はメカニックのムラシタです。(写真がないのですがエンジンルームの点検を先に行いましたが、特に問題がある部分はありませんでした。)

アコード ユーロR(CL7)納車前整備

油脂類の交換です。エンジンオイルを定期的に交換することによって、エンジンの調子を維持することができます。3000キロ~5000キロ又は6ヵ月を目安で交換をおススメします。続いてはトランスミッションオイルの交換です。劣化で少し汚れていました。トランスミッションオイルはエンジンオイルより容量が少なく、酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回くらいの頻度で交換することをおススメします。トランスミッションオイルはホンダ純正のMTF-3を使用しています。エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成のオイルです♪ブレーキパッドは法論と8mmリア5mmと残量は問題ありませんでした。ブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードは大気中の水分を取り込んでしまう為そのまま長く使用しているとブレーキキャリパーの固着や耐熱性の低下にもつながりますので1年に1回は交換、最低でも車検毎の交換をおススメします。エアコンフィルターの汚れが目立ったので交換を行いました。エアコンをつけた時の臭いや風量の低下はフィルターの汚れが原因です。気になる方は交換をおススメします。

アコード ユーロR(CL7)下廻りブーツ交換

下廻りの点検時にブーツの破れを発見しました。車検に通らないブーツの破れはすべて交換を行います。今回はタイロッドエンドブーツ、ロアアームブーツ、アッパーアームブーツを交換させていただきました。ブーツの破れは車検に通らない他、ジョイント部がグリス切れで傷んでしまうことがあります。定期的にチェックしておきたい部分ですね。

アコード ユーロR(CL7)ブレーキマスターシリンダーオーバーホール

ブレーキマスターシリンダーからのフルード漏れがあったのでオーバーホールを行います。シールが劣化してしまうとそこからフルードが漏れてしまいます。消耗品なのでこちらも定期的に点検を行って、状態を把握しておきたいですね。以上で作業は終了です。O様、この度はご依頼いただきありがとうございました。納車までもう少々お待ちください♪

アコードユーロRの買取相場はこちら

アコードユーロRの中古車一覧はこちら

アコードユーロR中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラタイプR(DC2)96SPECエンジンオイル交換画像
  2. EK9 シビックタイプR トレーディンアームブッシュ交換
  3. インテグラ DC5
  4. A2000 AP1 マフラー交換
  5. フィットRS(GE8)納車前点検
PAGE TOP