大人気のインディイエローパールのS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

S2000 AP1 AP2

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回はS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。ボディカラーは人気のインディイエローパールで塗装の状態はかなりキレイです♪生産から20年経っている車両なので、各部交換するパーツが多くなってしまいました。ゴム類などはどうしても経年劣化してしまう部分なのでしっかりとチェックをおこない好調を維持していきたいですね♪作業はメカニックのイトウです。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)

エンジンルームの点検から行います。ブレーキフルード、クラッチフルードの漏れはなくこちらも問題なしですね。S2000 AP1 AP2S2000 AP1 AP2エアクリーナーの状態は目立つ汚れ、インテークホースの亀裂はなく問題ありませんでした。エアクリーナーが汚れていると吸入効率が悪くなり、パワーダウンや燃費に影響します。S2000はキノコタイプのエアクリーナーが純正で装着されているのが特徴的です。S2000 AP1 AP2S2000 AP1 AP2スパークプラグは使用感がありました。半年後の定期点検の際にチェックを行って、状態によっては交換をおススメします。S2000 AP1 AP2エンジンヘッドカバー、スプールバルブからのオイル漏れはなく問題ありません。S2000 AP1 AP2バッテリーの固定と端子の締め付けも問題ありませんでした。S2000 AP1 AP2ラジエーター廻りの点検作業です。ラジエターアッパータンク、ラジエーターホースに劣化はなく問題ありません。冷却水漏れはエンジンオーバーヒートの原因になるので要注意です。S2000 AP1 AP2続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは定期的に交換することにより、エンジンの調子を維持することができます。長く愛車に乗りたい方は油脂類はこまめに交換したいですね。エンジンオイルは3,000キロまたは交換から3ヶ月どちらか早い方で交換することをおススメしています。エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成のオイルなので安心です♪S2000 AP1 AP2続いてはトランスミッションオイルとデフオイルの交換です。トランスミッションオイルとデフオイルはエンジンオイルより容量が少なく酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回くらいの頻度で交換することをおススメします。S2000 AP1 AP2トランスミッションオイル、デフオイルはホンダ純正を使用しています。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)ブレーキキャリパーオーバーホール

ブレーキ廻りの点検時にブレーキキャリパーの固着を発見したのでオーバーホールの作業を行います。S2000 AP1 AP2ピストンの頭部分を見るとすでにこのような状態で怪しい感じがします。。。S2000 AP1 AP2ピストンを出してみるとやはり錆がありました。。。S2000 AP1 AP2キャリパーの中もこのように錆が混じった水が入っています。S2000 AP1 AP2S2000 AP1 AP2錆のせいでピストンの動きが悪くなり、ブレーキフィールが悪くなってしまいます。ピストンが戻らないままだとブレーキが常にかかっている状態になります。S2000 AP1 AP2キャリパーの中を清掃して、新品のピストンを組み付けます。S2000 AP1 AP2S2000のブレーキキャリパーはスチール製で錆びやすくなってしまいます。定期点検の際にチェックをおこない、状態を把握しておきたい部分ですね。S2000 AP1 AP2最後にブレーキフルードを交換して、エア抜きを行ったら作業は終了です。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)クラッチスレーブシリンダー交換

下廻りの点検時にクラッチスレーブシリンダーからクラッチフルードが漏れているのを発見しました。S2000 AP1 AP2中のピストンシールが劣化してしまうとこのように滲んで漏れ出してしまいます。S2000 AP1 AP2クラッチスレーブシリンダーシール単体の交換ができないのでAssy交換となります。経年劣化でこういった部分が劣化してしまう車両なので、定期的に点検をおこない車両状況を把握したいですね。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)リザーブタンク交換

リザーブタンクのプラスチックが経年劣化で硬化しています。指で押すだけで穴が空いてしまいます。S2000 AP1 AP2冷却水が漏れてしまう可能性があったので、リザーバータンクを新品に交換をします。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)ドアロックアクチュエーター交換

キーレスがドアロッ反応せず、ドアロックで効かない症状が出てしまいました。最初は電池切れかと思いきや、ドアロックアクチュエーターが故障していました。。。S2000 AP1 AP2ドアトリムを外して、ドアロックアクチュエーターを取り出します。ドアロックを行っているメインの部品です。S2000 AP1 AP2新品に交換します。まだ年式的に部品が出るので安心できますね。S2000 AP1 AP2これでドアロックの問題は解決です♪S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)フロントアッパーアーム&ロアアーム交換

下廻りの点検時にブーツの破れを発見しました。経年劣化でどうしてもゴム類は破れてしまいます。S2000 AP1 AP2S2000 AP1 AP2破れてグリスが漏れてしまうとブーツ切れと判断されて、車検時に落とされてしまいます。グリス切れると中のジョイント部も傷んでしまうので早めに交換を行いたいですね。S2000 AP1 AP2ブーツを交換してグリスを入れなおし作業は終了です。ゴムの劣化は避けられないので定期的にチェックしておきたい部分ですね。S2000 AP1 AP2S2000 AP1 AP2以上で作業は終了です。Y様、この度はS2000のご契約をいただきありがとうございました。納車までもう少々お待ちください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1) O2センサー画像
  2. アコードユーロR CL7 納車前整備
  3. シビックタイプR(FD2)整備画像
  4. S2000 AP1
PAGE TOP