シビックタイプR(EP3)のスロットル洗浄やブーツ交換などの各部リフレッシュを行いました。

シビック タイプR EP3

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。今回はシビックタイプR(EP3)の各部リフレッシュしたいとお客様から相談を頂きました。ブーツ類は前回の定期点検の際に、ヒビが入っていたのを発見したので交換をします。ドアモールなどの部品は劣化で色あせなどが出ているので交換をしたいということで交換をさせて頂きました。その他スロットルの洗浄や油脂類の交換も同時に行いました。作業はメカニックのムラマツです。シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)スロットルボディ洗浄

まずはスロットルボディの洗浄を行います。汚れがボディ内に溜まって固まってしまい、パワーダウンや燃費の悪化、アイドリング不調の原因に繋がります。シビック タイプR EP3写真右側のISCVバルブも同時に洗浄を行います。アイドリングを制御する部品なので、ISCVバルブが汚れているとアイドリング不良になる場合があります。シビック タイプR EP3綺麗に清掃を行ってボディに取り付けます。EP3やFD2は生産から10年以上経っています。一度も清掃をしていない車両は洗浄をおススメします。シビック タイプR EP3ISCVバルブもこのようにキレイになりました♪シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)イグニッションコイル交換

続いてはイグニッションコイルの交換作業です。イグニッションコイルが完全に故障するとエンジンチェックランプが点灯し、エンジンの振動も激しくなってしまいます。こちらの車両は走行距離が7万キロでまだ症状は出ていないのですが、イグニッションコイルの劣化を考えて交換を行いました。この部品は8万キロぐらいから火花がうまく飛ばない不具合などが出てくる場合が多いいので、故障する前に予防として交換することをおススメします。シビック タイプR EP3同時にスパークプラグの点検も行いました。交換したばかりなのか、まだまだ綺麗な状態ですね。シビック タイプR EP3今回はNGKのイグニッションコイルに交換します。シビック タイプR EP3これで気兼ねなくドライブができますね♪シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)ガラスランチャンネル&ドアモール交換

お次はガラスランチャンネルとドアモールの交換です。ここの部分は劣化で色あせや塗装の割れが起きます。ドアモールも劣化で見た目がよろしくない状態なので交換を行います。シビック タイプR EP3劣化しているガラスランチャンネルを取り外します。クリップで取り付けられているので一つずつ外していきます。シビック タイプR EP3新品との比較です。シビック タイプR EP3かなり劣化しているのが分かりますね。。。交換することでフレッシュな見た目に戻ります♪シビック タイプR EP3ドアモールも交換していきます。引っ張れば簡単に取り外せます。シビック タイプR EP3新品と比較すると劣化具合が分かりますね。シビック タイプR EP3新品を取り付けていきます。シビック タイプR EP3小さな部品ですが交換すると見た目が綺麗になるので気になる方は交換をおススメします♪シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)パーキングブレーキレバー交換

続いてパーキングブレーキの交換作業です。メッキ部分の塗装が剥がれてしまっています。こういった小さい部分も気になりますね。。。 先端だけの交換ができないので本体ごとAssy交換を行います。 EP3はこのメッキ部分が剥がれてしまうことが多いです。。。では新品に交換します。本体にも艶が戻って車内の質感が復活です(^^)/シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)補機ベルト&オートテンショナー交換

続いてはエンジンルーム内の補機ベルト交換とベルトを張っているテンショナーの交換を行います。シビック タイプR EP3新品と比較するとかなり劣化しているのが分かります。テンショナーが劣化してしまうとベルトの張りや弱くなってしまったり、異音の原因に繋がります。プーリーも新品に交換します。プーリーは固着してしまうとベルトが回らなくなりエンジンが止まってしまうので、予防としてどちらも交換を行いました。シビック タイプR EP3テンショナーを取り付けてベルトを張って作業は終了です。補機ベルトは定期的に点検を行って状態をチェックしておきたいですね。シビック タイプR EP3

ロアアームジョイントブーツ交換

ブーツが劣化していて前回の点検の際に交換をおススメさせていただきました。今回はそのブーツ交換も同時に行います。シビック タイプR EP3劣化でヒビが入っていますね。酷くなるとここから割れてグリスが漏れてしまします。シビック タイプR EP3ブーツの破れは車検に通らない他、グリス切れでボールジョイントを痛めてしまうので早めの交換がおススメです。

シビックタイプR(EP3)エンジンオイル&ミッションオイル交換

油脂類の交換を行います。エンジンオイルは定期的に交換することによってエンジンの調子を維持することができます。長く愛車に乗りたい方は油脂類はこまめに交換したいですね。エンジンオイルは3000~5000キロまたは交換から6ヶ月のどちらか早い方で交換することをおススメしています。シビック タイプR EP3続いてはトランスミッションオイルの交換です。トランスミッションオイルはエンジンオイルより容量が少なく酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回の頻度で交換することをおススメします。シビック タイプR EP3今回はレヴィテックというミッション添加材を同時に使用します。ギヤがコーティングされ保護力が高まり、ミッションの入りも改善される優れモノです♪シビック タイプR EP3予防やミッションフィールの改善などを考えている方におススメの品です(^^)/シビック タイプR EP3

シビックタイプR(EP3)ワイパーアーム・ブレード交換&テールゲートダンパー交換

ワイパーブレードも劣化していたので交換を行いました。色あせでパッとしない感じです。。。シビック タイプR EP3シビック タイプR EP3黒く艶のある新品に交換します。こういった部分を交換すると気持ちが良くなりますね♪シビック タイプR EP3テールゲートダンパーも同じく色あせているので交換します。シビック タイプR EP3新品と比較するとこんな感じです。違いは一目瞭然ですね。。。シビック タイプR EP3ダンパーは劣化してしまうと見た目が悪くなるのもあるのですが、ハッチを支える力がなくなってしまうことがあります。予防で交換するのも一つの手ですね。シビック タイプR EP3以上で作業は終了です。A様、この度は当店をご利用いただきありがとうございました。また何かありましたらお声掛けください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 CSO TRDドアスタビライザー
  2. シビックタイプRユーロ FN2 リアゲートダンパー交換
  3. S2000 AP1
  4. S2000ガラスコーティング画像
PAGE TOP