大人スポーツなアコード ユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。

アコード ユーロR CL7

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回アコード ユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。ユーロRはタイプRほどではないですが、パワフルで街中でも乗りやすいです。荷物も人も乗せられスポーツ走行もできる車両なので使い勝手抜群です♪作業はメカニックのモリヤマです。

アコード ユーロR(CL7)納車前点検整備

エンジンルームの点検作業を行います。補機ベルトも問題なしですね。補機ベルトが切れてしまうとオルタネーターやエアコンが作動しなくなってしまいます。アコード ユーロR CL7 補機ベルトエンジンヘッドカバーからのオイル漏れはなく問題有りません。VTECのスプールバルブからのオイル漏れはありませんね。アコード ユーロR CL7ラジエーター廻りの点検作業です。こちらのラジエーターホースはゴムの劣化などなく問題ありませんでした。ラジエーターホースはゴムでできていて、劣化してしまうと圧力に耐え切れず破裂してしまう恐れがあります。オーバーヒートの原因にもなるので定期的に点検したい部分ですね。アコード ユーロR CL7 ラジエーターホースエアインテークホースは劣化での破れなどなく問題なしです。アコード ユーロR CL7 インテークバッテリの劣化や取付は問題ありませんでした。バッテリーが劣化してしまうと、エンジンがかけられなくなってしまうことがあります。当店では診断機を使った点検ができるので、気になる方はお声掛けください♪アコード ユーロR CL7 バッテリーエアクリーナーも綺麗ですね。エアクリーナーが汚れていると吸入効率が悪くなり、パワーダウンや燃費の悪化に影響します。アコード ユーロR CL7 エアクリーナー続いて油脂類の交換です。エンジンオイルを定期的に交換することによって、エンジンの調子を維持することができます。3000キロ目安で交換をおススメします。アコード ユーロR CL7 エンジンオイル続いてはトランスミッションオイルの交換です。劣化で少し汚れていました。トランスミッションオイルはエンジンオイルより容量が少なく、酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回くらいの頻度で交換することをおススメします。アコード ユーロR CL7 ミッションオイルトランスミッションオイルはホンダ純正のMTF-3を使用しています。アコード ユーロR CL7 ミッションオイルエンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成のオイルです♪アコード ユーロR CL7 エンジンオイル下廻りの点検です。車検に通らないブーツの破れなどはなく問題ありませんでした。当店は、車検に通らないブーツの破れなどはすべて交換させていただきます。アコード ユーロR CL7 ブーツアコード ユーロR CL7 ブーツアコード ユーロR CL7 ブーツブレーキパッドは前後とも残量があり問題ありません。アコード ユーロR CL7 ブレーキ定期的に点検を行って残量が減ってきたら交換をおススメします。アコード ユーロR CL7 ブレーキブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードは劣化することにより沸騰しやすくなります。それによって気泡が発生してブレーキにエアーを噛んでしまったり、さらに沸騰した熱により蒸発した水分が混ざり合ってさらに劣化してしまいます。1年に1回の交換、最低でも車検毎の交換をおススメします。アコード ユーロR CL7 ブレーキ以上で納車前の点検整備は終了です。T様、この度はご契約ありがとうございます。納車までもう少しお待ちください♪

アコードユーロRの買取相場はこちら

アコードユーロRの中古車一覧はこちら

アコードユーロR中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. インテグラタイプR(DC2)納車前整備
  2. S2000 AP2
PAGE TOP