忠実再現されたタイプSルックのS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました

S2000 AP1 AP2

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回はS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。タイプS仕様のAP1で、かなりキレイに作られている車両です。外見だけではAP1と判断できないくらいです。。。点検の際に下廻りのブーツ類が経年劣化で悪くなっていました。年式的にブーツ類などの消耗品がくたびれている部分が多いので定期点検でチェックしたいですね。作業はメカニックのムラシタです。

S2000(AP1)納車前点検整備

エンジンルームの点検から行います。エアクリーナーは目立つ汚れはなく問題ありませんでした。S2000 AP1 AP2 エアクリーナーラジエーター廻りの点検です。アッパータンクとラジエターホースはどちらも問題ありませんね。冷却水漏れはエンジンオーバーヒートの原因になってしまうので、定期的に点検をおススメします。S2000 AP1 AP2 ラジエーターホースバッテリーの固定、端子の締め付けは問題ありませんでした。S2000 AP1 AP2 バッテリー補機ベルトの張りも適度にあり問題ありませんでした。劣化で切れてしまうと、オルタネーターやウォーターポンプなどの補機類が機能しなくなってしまいます。S2000 AP1 AP2 バッテリー続いて油脂類の交換作業です。エンジンオイルは潤滑だけでなくエンジン内の汚れを取ったり、エンジン自体の冷却効果などがあります。劣化したオイルは性能が低下しているので、定期的に交換をしたいですね。S2000 AP1 AP2 エンジンオイルエンジンオイルフィルターも同時に交換を行います。エンジンオイル交換2回に1回もサイクルで交換を推奨しています。S2000 AP1 AP2 エンジンオイル続いてはトランスミッションオイルとデフオイルの交換です。トランスミッションオイルとデフオイルはエンジンオイルより容量が少なく、酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回くらいの頻度で交換することをおススメします。S2000 AP1 AP2 ミッションオイルS2000 AP1 AP2 デフオイルドレンボルトはオイル内の鉄粉をくっつけてくれる役割があります。付着している量は問題なさそうですね。S2000 AP1 AP2エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成油のオイルなので安心です♪S2000 AP1 AP2 エンジンオイルブレーキパッドはフロント5mmリア6mm残量は問題ありませんでした。ただ新品から半分近く減っているので定期的に点検を行って、交換時期が近づいたら交換をおススメします。S2000 AP1 AP2 ブレーキS2000 AP1 AP2 ブレーキブレーキキャリパーのピストンの動きや、シール類の状態をチェックします。前後とも問題なしでした。S2000 AP1 AP2 ブレーキS2000 AP1 AP2 ブレーキブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードは劣化することにより沸騰しやすくなります。それによって気泡が発生してブレーキにエアーを噛んでしまったり、さらに沸騰した熱により蒸発した水分が混ざり合ってさらに劣化してしまいます。1年に1回の交換、最低でも車検毎の交換をおススメします。S2000 AP1 AP2 ブレーキタイヤの残量は6mmほど残っていました。まだまだ問題はなさそうですね。S2000 AP1 AP2応急タイヤに空気を入れます。使う機会がなかなか無い応急タイヤはいつの間にか空気が抜けていることがあります。いざとなったときに使えるように定期的にチェックしたいですね。S2000 AP1 AP2

S2000(AP1)下廻りブーツ交換

下廻りの点検の際にいくつかブーツの破れを発見しましたので交換を行います。まずはスタビリンクの交換から。S2000 AP1 AP2 スタビリンクこのようにぱっくりと破れています。S2000 AP1 AP2 スタビリンクS2000 AP1 AP2 スタビリンクスタビリンクはブーツ単体での交換ができないのでAssy交換を行います。S2000 AP1 AP2 スタビリンクスタビリンクの交換が終了しました。異音の原因に繋がるスタビリンクの破れは、発見したら早めに対処したいですね。S2000 AP1 AP2 スタビリンク続いてロアアームブーツの交換作業です。こちらは劣化でヒビが入っていました。納車前に交換の依頼を頂いたので作業を行います。S2000 AP1 AP2 ロアアームブーツS2000 AP1 AP2 ロアアームブーツ新品と比べると違いが分かりますね。劣化が進んで破れてしまうと、グリスが漏れてオイル漏れの扱いになってしまいます。。。S2000 AP1 AP2 ロアアームブーツグリス切れでジョイントが傷んでしまうことがあるので劣化を発見したら早めの交換をおススメします。S2000 AP1 AP2 ロアアームブーツ最後にトーコントロールアームブーツの交換です。他の二つ同様劣化でヒビが入り始めています。S2000 AP1 AP2 トーコンブーツこちらも納車前に交換の依頼を頂いたので作業していきます。S2000 AP1 AP2 トーコンブーツ厚さが全然違います。これが酷くなると破れてグリスが出てしまします。S2000 AP1 AP2 トーコンブーツグリスを入れて取付をして作業は終了です。S2000 AP1 AP2 トーコンブーツ以上で作業は終了です。H様、この度はご契約いただきありがとうございました。納車まで楽しみにお待ちください♪

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)納車前点検
  2. S2000メンテナンス画像
  3. S2000 CSOハイスパークイグニッションコイル交換
  4. HMR S2000デモカー2号機 冷却系チューニング
PAGE TOP