JTCC仕様でかっこよく纏まったアコードSiR(CD6)の納車前点検整備を行いました。

アコード SIR CD6

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回はアコードSiR(CD6)の納車前整備を行いました。この型のアコードは昔、JTCCというツーリングカーレースに参戦していました。今回の車両はそのJTCC仕様のエクステリアで、とてもレーシーに仕上がっています。この型のアコードはJTCCに出ていたJACCSカラーのレースカーが有名ですね♪作業はメカニックのムラシタです。

アコードSiR(CD6)納車前点検整備

エンジンルームの点検から行います。バッテリーの固定、端子の締め付けを行います。固定が甘かったり、端子が締め付けられていないと外れてショートしてしまう可能性があり危険です。アコード SIR CD6インテークホースも亀裂などなく問題なしですね。劣化してしまうと亀裂などが入ってしまい、そこからエアクリーナーを通さないゴミなどを吸ってしまう可能性があります。アコード SIR CD6ラジエーター廻りの点検ですアッパータンクのひび割れはなく問題有りません。冷却水漏れはエンジンのオーバーヒートの原因になるので要注意です。アコード SIR CD6 ラジエーターラジエーターホースも劣化はなく問題なさそうです。アコード SIR CD6 ラジエーター補機ベルトも問題なしですね。補機ベルトが切れてしまうとオルタネーターやウォーターポンプ、パワステなどが作動しなくなってしまいます。アコード SIR CD6 補機ベルトプラグの焼け具合は問題なしです。アコード SIR CD6 プラグ冷却水を交換するので古い冷却水を抜きます。劣化している冷却水は冷却効果が弱くなったり、ラジエーター内の錆の原因になります。アコード SIR CD6 クーラント続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは定期的に交換することによってエンジンの調子を維持することができます。長く愛車に乗りたい方は油脂類はこまめに交換したいですね。エンジンオイルは3000~5000キロまたは交換から6ヶ月のどちらか早い方で交換することをおススメしています。アコード SIR CD6 エンジンオイルエンジンオイルフィルターも同時に交換を行います。エンジンオイル交換2回に1回の交換を推奨しています。アコード SIR CD6続いてはトランスミッションオイルの交換です。トランスミッションオイルはエンジンオイルより容量が少なく酷使される部分です。こちらはエンジンオイル交換2回に1回の頻度で交換することをおススメします。アコード SIR CD6 クーラントトランスミッションオイルはホンダ純正を使用しています。アコード SIR CD6 ミッションオイルエンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成油のオイルなので安心です♪アコード SIR CD6 エンジンオイル冷却水はしっかりとエア抜きを行います。エアが入ったままだと冷却水の効果を存分に発揮できなくなってしまうので、オーバーヒートの原因に繋がってしまいます。。。アコード SIR CD6 クーラントブレーキ廻りの点検作業です。ブレーキパッドはフロント8mmリア7.5mmと残量は問題有りませんでした。アコード SIR CD6 ブレーキアコード SIR CD6 ブレーキフロントとリアブレーキキャリパーのチェックです。キャリパーピストンの固着や、シール類の状態をチェックします。前後左右問題ありませんでした。アコード SIR CD6 ブレーキアコード SIR CD6 ブレーキブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードは吸湿性が高いので水分を含んだフルードを長期間使用しているとキャリパーの内部にサビが発生してキャリパーピストンの固着の原因になります。1年に1回の交換、最低でも車検毎の交換をおススメします。アコード SIR CD6発煙筒は期限が切れていたので新しいものに交換させていただきました。アコード SIR CD6

アコードSiR(CD6)クラッチマスター交換

点検時にクラッチマスターシリンダーからフルードのにじみを発見しました。完璧に漏れてしまうと、クラッチがいきなり切れなくなってしまうことがあります。にじみのうちに交換しておきたい部分です。アコード SIR CD6車内の足元を覗くとこんな感じで滲んできているのが分かりますね。アコード SIR CD6クラッチマスターごと交換を行うので、まずは滲んでいるクラッチマスターを取り外します。アコード SIR CD6新品のクラッチマスターと比較すると明らかに違いが分かりますね。。。年式が古いのでこういった部分にガタが出てしまうのは仕方がないですね。アコード SIR CD6 クラッチマスター新品を取り付けて、エア抜きを行って納車前の点検作業は終了です。N様、この度はご依頼いただきありがとうございました。納車までもう少しお待ちください♪アコード SIR CD6 クラッチマスター

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビック タイプR FD2
  2. HMR S2000 2DINナビ取り付け
  3. シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換
  4. S2000 AP1 AP2
  5. S2000 AP1 ハードトップ 取付
PAGE TOP