インテグラタイプR(DC2)にKOYORADのアルミ2層ラジエーターとJ’sレーシングのラジエーターホースを取り付けました!

インテグラタイプR DC2

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。今回はインテグラタイプR(DC2)のラジエーターを交換しました。お客様が今後サーキット走行を考えているとのことなのでKOYORADのアルミ2層ラジエーターに交換します。この年式になってくると水廻りにガタがきて冷却水漏れが起こりやすいです。DC2やEK9に乗っている方は要チェックです。作業はメカニックのムラマツです。

インテグラタイプR(DC2)KOYORADラジエーターを交換

では作業を開始します。エアクリーナ、クーラントのリザーブタンクをまずは取り外します。インテグラタイプR DC2アッパーのカシメからこのように漏れています。インテグラタイプR DC2ここから冷却水が漏れてエンジンやエキマニにかかり煙がもくもく上がります。それと同時に甘い匂いが香ってきます。。。インテグラタイプR DC2ラジエーターの取り外す前に冷却水を抜きます。インテグラタイプR DC2冷却水を抜き終えたら早速取り外しにかかります。インテグラタイプR DC2ラジエーターホースを取り外します。劣化して硬くなっているのでいろいろな角度に動かし取り外します。インテグラタイプR DC2インテグラタイプR DC2コンデンサーファンも先に取り外します。インテグラタイプR DC2細かな部品を外し終えたら本体を取り外します。インテグラタイプR DC2交換する前のサーモスタットです。サーモスタットはローテンプサーモスタットにしてしまうとオーバークール状態になってしまうので、今回は純正を使用することにしました。インテグラタイプR DC2こちらが今回使用するKOYORADのアルミ2層ラジエーターとJ’sレーシングのラジエーターホースです。インテグラタイプR DC2J’sレーシングのホースはシリコン製で純正より耐久性に優れています。インテグラタイプR DC2KOYORADのラジエーターです。純正より重量がありますがその分冷えてくれます。ボンネットを開けた時にピカピカなアッパータンクが見えるとかなりカッコいいです♪。インテグラタイプR DC2純正ラジエーターと比較です。純正がかなりお疲れなのが分かりますね。。。インテグラタイプR DC2厚みの違いはこんな感じです。かなりKOYORADの方が分厚いですね。インテグラタイプR DC2取付の際にラジエーターが分厚くなったので、ラジエーターファンがエキマニの遮熱板に接触してしまいます。インテグラタイプR DC2写真だとわかりにくいのですが、遮熱版に当たらないように削って加工をしました。物によると思いますが社外のエキマニなどを入れるとさらに当たってしまう可能性がありますね。。。インテグラタイプR DC2J’sレーシングのラジエーターホースが赤なので、エンジンルームが色鮮やかになります♪インテグラタイプR DC2最後に冷却水を入れてエア抜きを行います。エア抜きを行わないとエンジンオーバーヒートの原因に繋がります。30分ほどエンジンをかけてエアを抜いて作業は終了です。インテグラタイプR DC2S様、この度はご依頼していただきありがとうございました。また何かございましたらお声掛け下さい♪インテグラタイプR DC2

インテグラタイプRの買取相場はこちら

インテグラタイプRの中古車一覧はこちら

インテグラタイプR中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. フィットRS(GE8)画像
  2. シビックタイプR EURO オイル交換 FN2
  3. インテグラTypeR(DC2)納車点検
  4. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  5. インテグラタイプR(DC5) ロールセンターアジャスター取付け
  6. S2000(AP2) 幌交換
PAGE TOP