【キーパーコーティング】S660(39,095km)にクリスタルキーパーを施工しました

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)コーティングアドバイザーの岩沖です。HMRでは、ご依頼頂いたお車や納車前のお車などにkeeperコーティングを施工しています。今回ご依頼頂きましたs660 イエローにクリスタルキーパーを施工致しましたのでご紹介していきます。

1年間ノーメンテナスでOKのボディーガラスコーティング

クリスタルキーパーは、2層構造のボディーガラスコーティングで透明感のあるガラス特有のツヤ、強力な水弾きで雨が降っても汚れにくくなり水シミの防止効果もとても高いです。紫外線などから塗装を守ってくれるので車の価値を守り続けます。クリスタルに使っている被膜は、塗装の身代わりとなって外部からの汚れなどを受け止め塗装を守ります。1年に1度汚れなどを受け止めた被膜を入れ替えることで被膜がフレッシュになりツヤを強調しながら、塗装を強力に守り続けることができるコーティングです。今回ご依頼のs660は、ご納車前のクリスタルキーパー施工になります。まずは、洗車をして表面の埃や汚れを落とします。下の画像は施工前の状態です全体から見ると綺麗な状態です。

   
細かく見ていくと、Aピラー廻りに水垢があり、後ろの樹脂部分は、艶が薄くなってきているのが分かります。

全体の車の状態を把握したので、初めに下の画像にある爆ツヤを使って水垢を落とし、下地を整えながら脱脂をしていきます。爆ツヤは、ゴシゴシ擦っても傷が付かなく艶を出すことができるお車全色に使える商品になります。
爆ツヤを隙間なく全てのパネルに施工し、脱脂している様子です。

下の写真は脱脂が終わり濡れていない様に見えますが、濡れている状態のボンネットです。脱脂をしているので水の弾きはないですが、施工前なのに施工後のような艶が出ました。

次に施工するのは、クリスタルキーパーの一層目に使っているガラス被膜です。強固にボディーを守り、ガラス独特の強いツヤと強い防護能力を持っている被膜です。

ガラス被膜を塗ると、細かく溶剤が弾いてきているのでしっかりと定着している証拠です。こちらも全てのパネルと樹脂部分を施工していきます。

ガラス被膜を塗り終わったら、専用タオルでムラなくふきあげていきます。Aピラーは、水垢が無くなり、新車の輝きを取り戻し、ボディーやドア廻り樹脂部分もガラス被膜だけでも見違えるほど輝きが増したのが分かります。

塗りムラや水滴を全てなくしてから、クリスタルキーパーの二層目レジンを塗っていきます。水シミの固着や塗装の劣化を防止し、大気中の汚れから塗装の身代わりとなって守ってくれる被膜です。


全てのパネル、樹脂部分細かいところまで塗っていきます。

施工が終わりムラなくふきあげて終了です。施工前と比べると輝きが増し、新車のような艶が出ました。中古のお車には見えないです。

クリスタルキーパーは、1年分の自然界での紫外線を受けても、ほとんど破壊されることなく、撥水力を90%維持し続けることができます。クリスタルキーパーを施工して数か月後に水弾きが少し落ちたと感じられた場合でも、被膜が壊れたわけでも効果がなくなったからでもありません。その場合水弾きを邪魔する撥水阻害被膜が乗っている場合がほとんどなので、撥水阻害被膜は非常に薄くもろいので簡単に除去してもとの撥水効果を取り戻すことができます。

T様、この度はクリスタルキーパーのご依頼ありがとうございました。次回のメンテナンスの目安は1年後になります。是非お待ちしております。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

PAGE TOP