シビックタイプR(EK9)のオイル漏れ修理&エンジンミッションマウント交換を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。今回はお客様のご依頼でシビックタイプR(EK9)のオイル漏れの修理とエンジンミッションマウント交換を行いました。この年式の車になってくるとこういった部分に問題が出てきてしまいます。。。20年以上前の車両と考えると仕方がないですね。EK9も値段が高くなってしまって簡単に手が出せなくなっています。貴重な車なので、大事にメンテナンスしながら乗り続けたいですね。

シビックタイプR(EK9)オイル漏れ修理

エンジンオイル漏れの修理から行います。今回はエンジンヘッドカバーからのオイル漏れではなく、スプールバルブとオイルパンからのオイル漏れです。スプールバルブはVTECエンジンならではの機構です。VTECを油圧で切り替えるところなんですが、パッキンが劣化してしまうとオイルが漏れ出してしまいます。このようにオイルが滲んで湿っています。垂直についている部品なので重力でどうしても下に漏れてしまします。こちらはオイルパンです。漏れとまではいかないですが滲んでいますね。最初にオイルパンのパッキンを交換していきます。外すと中はこのようになっています。普段なかなか見ることがないオイルストレーナーが見えます。この部品でエンジンオイルを吸い取ってエンジン内に送っています。劣化したパッキンをきれいに剥がしていきます。少しでも残っていると隙間ができて、そこから漏れてきてしまいます。劣化したパッキンを取ったら、新しいパッキンとオイルパンを取り付けます。これでオイルパンの滲み修理はOKです!次にスプールバルブのオイル漏れ修理です。スプールバルブのパッキンは劣化してゴムが硬く縮んでしまっていました。これではオイルが滲むのは仕方がないですね。新品のパッキンに交換してこちらも完了です。

シビックタイプR(EK9)エンジンミッションマウント交換

続いてエンジンマウントの交換です。メインのマウントが3つ(写真上)にエンジンの前後の動きを抑えるストッパーが2つ(写真下)あります。新品との比較です。エンジンマウントがこのようにヒビわれていたり、、、もうちぎれてしまっています。ゴムの経年劣化は仕方がないですね。。。こうなってしまうとエンジンの振動が激しくなってしまったり、ミッションの入りが悪くなってしまいます。こうやって見比べると安心感が違いますね(笑)5つすべて交換を行ってエンジンミッションマウントの交換作業は終了です。エンジンマウントは一つでもダメになってしまうと乗り味がダイレクトに変わってしまいます。年式が経っている車は交換をすると乗り味がシャキッとします♪特にエンジンリア側のマウントが切れてしまうとシフトアップ/ダウン時にゴトン!と大きな振動が出る場合がありミッションを痛めてしまう可能性もあります。ゴトゴト音がする場合は早めに変えてあげたいですね。以上で作業は終了です。K様、この度はご依頼ありがとうございました。またのご来店お待ちしています♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビック タイプRユーロ ロアアーム ドイラブシャフト
  2. S2000(AP1)デフマウント交換
  3. フィット GE8 オイル交換 タイロッドエンドブーツ 亀裂
  4. シビックタイプR EK9
  5. シビックタイプR(FD2)納車前点検
PAGE TOP