S2000にトラスト大容量デフケースを装着

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。今回はお客様からの依頼で、S2000のデフケースの交換を行いました。S2000のデフケースは純正サイズだとデフオイルが1リットルほどしか入りません。サーキットなどを走行するとデフオイルの温度が上がり、デフオイルの限界を超えてしまうとデフを痛めてしまう場合があります。大容量のデフカバーを装着する事により油温の上昇が穏やかになるほか、油量が増えることでデフ本体の保護力が高まります。スポーツ走行をする方は交換することで安心感が出ますね♪

S2000(AP2)デフケース交換

では早速作業に取り掛かりましょう。デフケースを外すので入っているオイルを先に抜きます。プロペラシャフトを取り外し、、、。ドライブシャフトを取り外します。準備ができたらデフを降ろしていきます。そして今回取り付けるのはこちら!トラストの大容量デフケース!そしてデフマウントカラーも一緒に取付を行います。これをはめることによってデフ本体の無駄な動きが少なくなり、パワーロスが最小限に抑えられます。今回使用するオイルはオメガというメーカーです。オイルの色が赤いのが特徴のオイルです。左が新品のデフマウントで、左が今取り外したマウントです。ブッシュの亀裂などはそこまでありませんでしたが、使用感はありますね。そして今回主役のデフです。デフケースを外していきます。左右のアウトプットシャフトを取り外して、、、慎重に取り外します。見えてきたのは純正のデフです。S2000には純正でトルセンデフが採用されています。デフケースの内側はこんな感じに。ギヤに摩耗やキズがないかの確認を行います。時に問題なさそうですね。油膜が張れなかったり、油量が減ってしまうと傷がついてしまいます。今回交換するデフケースとの比較です。明らかにサイズが違いますね。。。純正は約0.8リットルの容量に対してトラストのデフケースは約2.3リットルと3倍近くオイルが入ります。そして付属してくるマグネットになっているドレンボルトです。オイル交換時に鉄粉をくっつけてくれる役目があります。専用工具でドライブシャフトシールを入れます。シールも劣化してしまうとここからオイルが漏れていてしまいます。接着面に液体ガスケットを塗って、組み付けを行います。ボルトを締めこんで車両に組み付けを行います。落としたら危険なので慎重に組み付けを行います。そしてデフマウントカラーも忘れずに取り付けます。これで取付は完了です。デフマウントカラーを取り付けるとやってる感が出てかっこいいですね♪以上で作業は終了です。K様、この度はご依頼ありがとうございました。また何かございましたらお声掛け下さい♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビック タイプR FD2
  2. シビックタイプR(EK9)メンテナンス画像
  3. シビックタイプR(FD2) 納車前点検
  4. シビックタイプR(EK9)画像
  5. S2000 AP1 納車前整備
PAGE TOP