S2000(AP1)のラジエター交換を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回はS2000(AP1)のオーナー様よりラジエター交換のご依頼を頂きました。さらにラジエター交換と同時にサーモスタット・ウォーターポンプなども一緒に交換して冷却系のリフレッシュを行いました。

S2000(AP1)ラジエター交換

ラジエータの取り外し作業を行います。S2000はエアクリーナーボックスをごっそりと撤去しなければラジエータの交換ができません。。。なので最初にエアクリーナーボックスを取り外していきます。このように金属のカシメ部分から冷却水が滲み始めています。ラジエーターホースを取り外し、あとはラジエターファンを取り外せば、ラジエーター本体の取り外しが可能になります。ラジエーターが取り外すことが来ました。ラジエターコアは細かい隙間(フィン)に風を通して熱を放熱しているので、コアが汚れて詰まってしまうと冷却効率が下がってしまいます。エアブローして汚れを落とすか、長期間交換していなければ早めにリフレッシュするのがおススメですね。ウォーターポンプも同時に取り外します。こちらが故障してしまうと、冷却水の循環が出来なくなってしまい、オーバーヒートの原因になってしまいます。冷却水経路の部品なので、走行距離によっては同時交換がおススメです。新品のラジエーターです。今回は純正品を用意させていただきました。サーモスイッチもマストで交換します。サーモスイッチは故障してしまうとラジエターファンが回らずオーバーヒートの原因になったりします、、、こちらもリフレッシュの際には忘れずに交換しておきたいですね新しいラジエターコアを傷つけないように、慎重に取り付けます。新しいラジエーターの設置が完了しました。サーモスタットも新品に交換します。こちらも故障してしまうと、オーバーヒートの原因に繋がってしまいます。サーモスタットも純正を用意させていただきました。ラジエターホースの交換も行ました。長年使用したホースに比べると新品は弾力が違います。長年使用したホースは接続部にクセがついていて再使用すると冷却水漏れが発生してしまいます。。。エンジン側のホースは狭くて取り外しが大変です。。これで冷却水の漏れは安心ですね。ウォーターポンプも純正品を使用します。ウォーターポンプを取り付けます。取付が完了したら補機ベルトを張ります。エアクリーナーを元に戻して新しい冷却水を入れます。エア抜きを行ったら作業は終了です。T様、この度はご依頼いただきありがとうございました!またのご依頼をお待ちしています。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S660(JW5)納車前点検
  2. S2000 AP1 AP2
  3. S2000(AP1) エアコン修理
  4. シビックタイプR(FD2)
  5. S2000(AP1) ヘッドカバーパッキン交換
  6. S2000 AP1 車検整備
PAGE TOP