インテグラ タイプR(DC2)のブレーキキャリパーオーバーホールを納車前整備で行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギです。今回はインテグラタイプR(DC2)の納車前点検整備を行いました。96スペックのモデルで、ハブが4穴の車両です。年式が経っている車両なので、納車前の整備でいろいろとガタが出てきたました。。。楽しい車なので長く乗りたいですね。では作業内容をご覧ください。

インテグラタイプR(DC2)納車前整備

エンジンルームの点検から行います。スプールバルブからのオイル漏れはなく問題ありません。VTECエンジンはスプールバルブからのオイル漏れが定番症状なので、定期的にチェックしてあげたいです。ヘッドカバーからのオイル漏れもなく問題ないですね。バッテリーの取付も問題なしです。しっかりと取付ができていないと、ショートしてしまう可能性があり危険です。定期的にチェックをしたいですね。ラジエーター廻りの点検を行っています。こちらはラジエーターホースの点検です。特にゴムの劣化などなく問題ありませんでした。劣化してゴムが破れて冷却水が漏れてしまうと、オーバーヒートの原因に繋がります。エンジンを守るためにも定期的に点検をしたい部分ですね。エアクリーナーは目立つ汚れはなく問題ありません。ブレーキ廻りの点検です。ブレーキパッドは前後とも残量はあり問題なしですね。点検の際に、リアのキャリパーが固着が見つかったので、オーバーホールの作業を行います。

インテグラタイプR(DC2)リアブレーキキャリパーオーバーホール

こちらが問題の固着したブレーキキャリパーです。このように錆がかなりありました。。。水が入ってしまい、錆びてピストンの動きが悪くなってしまいます。中も錆が酷いですね。。。綺麗に清掃をします。新品のピストンとの比較です。錆びているピストンの劣化がすごいですね。。。新品のシールを入れてピストンを挿入します。これでブレーキの固着は改善しました♪年式が経っている車両は、この症状になることが多いので要注意です。

インテグラタイプR(DC2)オイルパンパッキン交換

続いてオイルパンからオイル漏れが発生しているので、こちらの修理をします。オイルパンを外すにはまずフロントパイプを取り外します。これでオイルパンが取り外せるようになりました。オイルパンの中はこのようになっています。普段はオイルパンに隠れて見えないオイルストレーナーなどの部品が見えますね。ここからオイルパンに溜まったオイルを吸い出して、エンジン内へオイルを送り出しています。古いガスケットをきれいに剥がします。少しでも残っていると、そこから漏れ出してしまいます。これでオイル漏れの心配がなくなりました♪

インテグラタイプR(DC2)アッパーアームブーツ、タイロッドエンドブーツ交換

脚回りのブーツ類も破れていました。。。車検に通らないほか、異音の原因に繋がってしまうので交換していきます。劣化してしまうとこのように破れて、グリスが出てしまいます。グリスをしっかりと塗って新品のブーツに交換していきます。当店では車検に通らないブーツの破れは、すべて交換しますのでご安心下さい!以上で納車前の点検整備が終了です。I様、この度はご契約ありがとうございました。VTECサウンドを存分にご堪能ください♪

インテグラタイプRの買取相場はこちら

インテグラタイプRの中古車一覧はこちら

インテグラタイプR中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 AP2
  2. S2000 ディレッツァZ3タイヤ組み換え
  3. シビックタイプR(FD2)納車前点検
  4. シビックタイプR(EK9)メンテナンス画像
  5. S2000 AP1
  6. インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
PAGE TOP