S2000(AP2)のスレーブシリンダー交換 クランクシャフトシール交換

S2000 AP2

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギです。ディープバーガンディーメタリックのS2000(AP2)の納車前点検整備の際にトランスミッション廻りの作業も行っていたのですが、1つの記事にまとめると長くなってしまうので別の記事として書かせていただきます。スレーブシリンダー交換とクランクシャフトシール交換作業を行ったのでご覧ください。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP2)スレーブシリンダー交換

下廻りの点検時にスレーブシリンダーからのオイル漏れが確認されました。写真で見てわかるように結構漏れてしまっています。S2000 AP2こちらが取り外したスレーブシリンダーです。ゴムの周りが汚れているのが見てわかります。S2000 AP2スレーブシリンダー内のピストンシールが劣化してしまうと、このように漏れ出してしまいます。S2000 AP2新品に交換します。クラッチスレーブシリンダーが完璧にダメになってしますと、クラッチが切れなくなってしまうので要注意です。S2000 AP2

S2000(AP2)クランクシャフトシール交換

トランスミッションからオイルが漏れていました。ここからのオイル漏れは大体の場合クランクシャフトオイルシールの劣化です。S2000 AP2指で触ってトランスミッションオイルなのか、エンジンオイルなのかをまず確認します。S2000 AP2クランクシャフトシールの交換はミッションを下ろさなければできません。S2000 AP2トランスミッションを下ろすためには最初にシフトレバーを外します。S2000 AP2先に外しておかないと後々めんどくさいことになってしまいます。S2000 AP2続いてはエキマニを取り外します。S2000は他のFRと違い、トランスミッションを外す際の手間が多いです。そのため他のFR車より工賃が高めです。。。S2000 AP2トランスミッションを下ろす準備ができたら、ミッションジャッキをかけて支えながら下ろしていきます。S2000 AP2無事、下ろすことができました。S2000 AP2ボディ下は錆などなく綺麗な状態でした。S2000 AP2クラッチレリーズベアリングガイドも綺麗な状態ですね。S2000 AP2クラッチカバー、クラッチディスク、フライホイールを取り外すとやっとクランクシャフトシールが見えてきました。S2000 AP2漏れ出していますね。。。S2000 AP2新品との比較です。こじって取り出したので傷があるのですが、ぱっと見だとあまり違いはありませんね。S2000 AP2S2000 AP2クラッチはほぼ新品に近い状態でした。おそらくクラッチ交換時にクランクシャフトシールを交換しなかったのでしょう。安価の部品を交換する為だけにクラッチ交換と同じ工賃がかかってしまうので、クラッチ交換の際はクランクシャフトシールも交換しておきたいですね。。。S2000 AP2新品のオイルシールを取り付けてオイル漏れは収まりました。あとはクラッチを元に戻して作業は終了です。これでオイル漏れの安心なくドライブできますね!S2000 AP2

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. アコードCL1納車前点検画像
  2. S2000 CSOハイスパークイグニッションコイル交換
  3. S2000(AP1) 半年点検
  4. EG6 納車前点検画像
  5. トルネオユーロR(CL1) 車検整備
PAGE TOP