VTECサウンドが痺れる!ずっと乗っていたくなるインテグラ タイプR(DC2)の納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のヤナギダです。今回はインテグラ タイプR(DC2)の納車前点検整備を行いました。年式がだいぶ経ってしまってるDC2は、消耗品の交換などを考えることが維持が大変ですが、運転してて楽しい車両なので定期的にメンテナンスをして長く乗り続けたい1台ですね。作業はメカニックのモリヤマです。

インテグラ タイプR(DC2)納車前点検整備

エンジンルームの点検から行います。インテークホースは劣化などなく問題ありませんでした。インテークは社外品が装着されていて、吸気効率アップ♪ラジエーター廻りも問題ありませんでした。アッパータンクのカシメから漏れが多いのですがこの車両は漏れていませんでした。水温センサーを取るアタッチメント部分からの漏れが発生したりするので、ここは要チェックです。エンジン廻りのオイル漏れも問題なさそうですね。バッテリーも特に問題なしでした。バッテリーの固定や端子が緩んでぐらぐらな車両も多いので要注意です。クラッチマスターからのフルードが漏れていたので、後程、交換作業をします。続いて油脂類の交換作業です。エンジンオイルは黒く劣化していました。3000キロまたは半年での交換をおススメします。トランスミッションオイルは少し劣化していました。容量が少ないトランスミッションオイルは気にかけてあげたい部分です。理想的なメンテナンスサイクルとしては、エンジンオイル交換2回に1回のサイクルで交換したいですね。トランスミッションオイルはホンダ純正オイルを使用しています。精密部分には純正オイルが安心ですね♪エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。スポーツ走行もできる万能オイルです。下廻りの点検作業です。年式が経っている車両なのでブーツ類がお疲れ気味かと思いきや、破れている部分はありませんでした。前オーナーが定期的にメンテナンスしていた証ですね♪ブレーキパッドはフロント10ミリ、リア4ミリでした。リアのパッドはそろそろ交換時期ですね。ブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードも他の油脂類と同じく劣化してしまいます。1年に1回、もしくは最低でも車検毎に交換したいですね。お客様のご要望で、ナビの取付作業を行いました。地図が見えた方がドライブも楽ちんですよね♪ナビは以前お客様が使用していた物を持参していただいたので、そちらを取り付けさせて頂きました。

クラッチマスターシリンダー交換作業

クラッチマスターからのフルード漏れを発見したので、交換作業を行いました。さすがに交換しなくても良い部分はなかったですね。。。20年以上前の車両なので仕方がないです。エンジンルームからマスターを取り外しをするので、インテークを外します。外さないとアクセスができないです。。。外してみるとこのようにドロドロです。中のピストンシールが劣化してしまうとこうなってしまいます。フルードが漏れ出てしまうと、クラッチが切れなくなってしまい走行できなくなってしまいます。上が交換するクラッチマスターシリンダーです。一目瞭然ですね。。。取り付け直して最後にクラッチフルードを交換して作業は終了です。以上で納車前の点検整備が終了です。N様、この度はご契約ありがとうございました。B型エンジンのVTECサウンドと加速力を存分に楽しんでください♪

関連記事一覧

  1. アコードCL1納車前点検画像
  2. S2000純正ナビモニター交換画像
  3. S2000 AP1 SPOON マフラー 交換
  4. S2000(AP1)前期モデル幌交換画像
  5. S2000 AP1 MTF交換 サンドイッチブロック取付
  6. NSXラジエター交換
PAGE TOP