人気色のグランプリホワイトがカッコいい♪S2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギダです。今回、S2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。人気色のグランプリホワイトで塗装も綺麗な状態でした。最近高騰が止まらないS2000はなかなか気軽にお手が出せなくなってしまいましたね。純正パーツがまだ出ているのでメンテナンスには困らないのが救いです。。。私もS2000に乗っているのですが大事にメンテナンスをしながら乗り続けようと思っています。作業はメカニックのモリヤマです。

S2000(AP1)納車前点検整備

エンジンルームの点検から行います。こちらはスパークプラグの点検です。電極の摩耗は少なく、まだまだ問題なしですね。電極が摩耗してしまうとエンジンの調子が悪くなってしまいます。走行距離が多い車両は、点検することをおススメします。補機ベルトの点検です。ベルトにひび割れ、劣化はなく問題ありませんでした。補機ベルトが切れてしまうと、バッテリーの充電をしているオルタネーターが機能しなくなってしまったり、その他の補機類の機能が停止してしまいます。定期的にチェックしたいですね。ラジエーターホースも切れなどなく問題ありませんでした。ラジエーター廻りの劣化で冷却水が漏れてしまうと、エンジンのオーバーヒートの原因に繋がります。定期的に点検したい部分ですね。エンジン回りのオイル漏れなどの確認をします。スプールバルブからのオイル漏れはなく全体的に問題ありませんでした。エアフィルターは汚れが目立っていたので後程交換作業を行います。続いてバッテリーの点検です。端子の緩み、バッテリーの固定は問題ありませんでした。固定がしっかりされていないと走行中に外れてしまい、ショートしてしまう可能性があるので要注意です。続いては油脂類の交換です。エンジンオイルは劣化して汚れたオイルが出てきました。スポーツカーは3000キロ前後で交換することをおススメします。定期的に交換することによって、エンジンの調子を長く維持できます。トランスミッションオイルも少し劣化していました。オイルの容量が少ないトランスミッションとデフは気を使ってあげたい部分ですね。トランスミッションオイルはホンダ純正のMTF-3を使用しています。デフオイルも少し焼けて劣化していました。デフオイルはホンダ純正のHGO-3を使用しています。汚れたオイルを抜き終わったら新しいオイルを入れていきます。当店では100%化学合成のワコーズ プロステージSを使用しています。続いては下廻りの点検です。こちらはステアリングラックブーツです。こちらは切れていると車検に通らないのですがこちらの車両は切れていませんでした。こちらはドライブシャフトブーツです。破れはなく綺麗な状態でした。経年劣化で切れてしまうと車検に通らなくなるので定期的にチェックするのをおススメします。車検に通らないブーツの破れなどは、納車前整備で交換します。続いてはブレーキの点検です。プレーキパッドは前後とも残量はあり問題ありませんでした。右リアのキャリパーが固着していたので後程オーバーホールをします。そのほかのキャリパーは固着などもなく問題ありませんでした。

S2000(AP1)エアインテークホース エアフィルター交換

エアインテークホースが劣化してしまい亀裂が入っていました。ホースに亀裂や割れがあると埃やゴミを吸い込んでしまう可能性があり、エンジンの調子を落としてしまうしまうので定期的に点検することお勧めします。純正で新品がまだ出ているので万が一劣化で破損しても安心です。エアフィルターも汚れが目立っていたので交換します。エアフィルターが汚れて詰まっていると吸入効率が悪くなってしまって、エンジンパフォーマンスが下がってしまいます。気持ちよく走行するためには定期的に点検をして、汚れが酷い場合は交換することをおススメします。新品で揃えると気持ちがいいですね。これでしばらくは安心してドライブができます♪

S2000(AP1)右リアブレーキキャリパーオーバーホール作業

キャリパーの点検を行った際に、右リアのキャリパーが固着していました。ブレーキの利きが悪くなってしまい、走行中に止まれなくなってしまうと危険です。キャリパーを外して、ピストンなどを交換して組みなおしていきます。しっかりと各部を点検確認をして取り付けます。ブレーキ廻りの点検は定期的に行いたいですね。

S2000(AP1)スプールバルブパッキン交換

VTECエンジンでよくある症状が、スプールバルブからのオイル漏れです。パッキンが劣化してしまうと、徐々に隙間からオイルが漏れてしまいます。エンジンオイルの消費が激しいS2000、ここでさらにオイルが漏れて量が少なくなってしまうとエンジンにも影響が出てきてしまいます。新品との比較です。新品のパッキンの方が張りがあって、しっかりと役割を果たしてくれそうです。各部、オイルで汚れていた部分を清掃して取り付けます。エンジン廻りのオイル漏れが気になる方は当店にお問い合わせください。

S2000(AP1)スタビライザーリンク交換

下廻りの点検時に前後左右のスタビライザーリンクが劣化していました。年式が経っていると仕方がない症状ですね。。。このようにブーツが切れてしまうとジョイント部が錆び錆びになってしまいます。新品のスタビライザーリンクを取り付けていきます。下廻りの各部をリフレッシュするとなんだか気持ちが良いですよね♪タイロッドエンドブーツ&ロアーアームブーツも劣化により破けていたので交換します。当店では車検に通らなくなってしまう、ブーツの破れはすべて交換してからの納車を行っています。その他にも、6か月点検などの定期点検をおこなっけいます。その際に下廻りでブーツの切れを発見した際に、お客様にお知らせをしますのでご安心ください。以上で納車前点検整備が終了です。Y様、この度はご契約ありがとうございました。他にリフレッシュをしたい部分がありましたら是非、当店にご相談ください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

 

関連記事一覧

  1. S2000 アクレブレーキキャリパー画像
  2. アコードユーロR CL7 納車前整備
  3. S2000新品ダッシュボードとWSエンジニアリング2DINナビキット
  4. S2000(AP1)前期モデル幌交換画像
  5. インテグラタイプR(DC5)納車前整備
PAGE TOP