S2000の特別仕様であるタイプSの納車前点検整備を行いました。

S2000 AP1

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのヤナギダです。今回はS2000 TYPE-Sの納車前整備を行いました。このタイプSは北米で59台のみ発売されたS2000crの日本モデルとして発売されました。S2000crはエアコンとオーディオが搭載されていないのですが、日本で発売するタイプSはエアコンとオーディオを搭載しての販売となりました。エアコンレスはさすがに辛いですよね。。。(笑)作業はメカニックのモリヤマです。

S2000(AP2)納車前点検整備

エンジンルームの点検から行います。S2000タイプSはエンジンが2.2リッターのF22Cを搭載しています。AP2になってから排気量が上がり、トルクが増えて街乗りがしやすくなりました。スポーツ走行も街乗りもできてとても乗りやすいエンジンです。まずはスパークプラグの点検です。端子の焼け具合は問題ありませんでした。劣化してしまうとエンジンの始動性が悪くなってしまったり、エンジンの調子が悪くいなってしまいます。気になる方は定期的に点検したい部分ですね。S2000 AP1エンジンヘッドカバー、スプールバルブの点検です。どちらもオイル漏れはなく問題ありませんでした。S2000はスプールバルブからのオイル漏れが定番症状です。パッキンを交換すれば症状はなくなるので気になる方は当店にお声掛けください。S2000 AP1エアインテークホースも劣化はなく問題ありませんでした。S2000 AP1バッテリーの点検です。バッテリーの状態は良好で端子の締め付けも問題ありませんでした。S2000 AP1ラジエーター廻りの点検です。ラジエーターホースは劣化はなく問題ありませんでした。劣化して破損してしまうと冷却水が漏れてしまいオーバーヒートの原因に繋がります。定期的に点検したいですね。S2000 AP1補機ベルトは劣化はなく張りも問題ありませんでした。S2000 AP1続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは3000キロ前後で交換をおススメしています。S2000はエンジンの構造上オイルを消費しやすくなっています。レベルゲージなどで定期的にオイル量をチェックしたいですね。S2000 AP1トランスミッションオイル、デフオイルの交換作業を行います。綺麗なオイルが出てきました。定期的に交換されていたのが分かりますね。S2000 AP1トランスミッションオイルはホンダ純正のMTF-3を使用します。S2000 AP1S2000 AP1エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。スポーツ走行もできる万能なエンジンオイルです♪S2000 AP1下廻りの点検です。ドライブシャフトブーツ、ステアリングラックブーツは破れはなく問題ありませんでした。S2000 AP1S2000 AP1ブレーキ廻りの点検です。ブレーキパッドは前後とも残量があり問題なしですね。スポーツ走行される方は熱限界域の高いパッドに交換することをおススメします。S2000 AP1S2000 AP1ブレーキフルードの交換とエア抜きの作業です。ブレーキフルードは他の油脂類と同様に劣化してしまうので、1年に1回の交換をおススメしています。S2000 AP1

S2000(AP2)スタビライザーリンク ロアアームブーツ交換

下廻りの点検時にスタビライザーリンクとロアーブーツの破れを発見したので交換させていただきました。スタビライザーリンクが劣化してしまうと異音の原因に、ロアアームブーツが劣化して中のグリスが出てしまうと、ジョイントが破損してしまい走行不可能になってしまう可能性があります。そうなる前に交換したいですね。S2000 AP1このようにロアアームブーツが破れてしまうとグリスが漏れ出してしまいます。S2000 AP1新品のブーツだと安心感があっていいですね♪ブーツ類は破れていると車検に通らなくなってしまうので定期的に点検したいですね。S2000 AP1スタビライザーリンクも取り外して交換します。S2000 AP1このようにぱっくりと破れていました。こちらも新品に交換して下回りの作業は完了です。S2000 AP1

S2000(AP2)クラッチマスターシリンダー交換

クラッチのマスターシリンダーからフルードが漏れていたのでこちらも交換していきます。クラッチマスターシリンダーからフルードが漏れてしまうと、突然クラッチが切れなくなってしまって走行ができなくなってしまいます。そうなってしまう前に対策したいですね。S2000 AP1このようにピストンのシールが劣化してしまうとフルードが滲んできてしまいます。この滲みの段階で発見すればまだ大丈夫です。S2000 AP1クラッチマスターシリンダーはAssy交換します。実はオーバーホールするのとAssy交換の金額はあまり変わりません。むしろオーバーホールすると、その分の工賃がかかってしまうのでAssy交換より高くなってしまうことがあります。当店ではなるべくお客様の出費を抑えられるようにメニューを提案させて頂きます。S2000 AP1以上で納車前点検整備が終了です。M様、この度はご契約ありがとうございました。希少なタイプSでのドライブを存分に楽しんでください♪S2000 AP1

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. フィットRSブレーキパッド交換
  2. S2000 ガラス幌交換作業画像
  3. シビックタイプR(FD2)納車前点検
  4. S2000 AP1 SPOON マフラー 交換
  5. インテグラタイプR(DC2)デスビ交換画像
  6. インテグラTypeR(DC5)納車点検
PAGE TOP