走行5万キロ!TEIN車高調と純正ハードトップを装着したS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

S2000 AP1

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギダです。今回はS2000(AP1)の納車前整備を行いました。今ではレアリティの高い純正ハードトップを装着しています。オークションでたまに出回っているのを見かけますが、値段が物凄いことになっています。。。S2000を買うとしたら装着されている中古車を狙った方がいいかもしれませんね(笑)アドバンのホイールもかっこよく決まっている1台です♪

S2000(AP1)納車前点検整備

エンジンルームの点検を行っていきます。S2000に搭載されているF20Cエンジンは最高出力が250馬力あり、9000回転まで回る超高回転型のエンジンです。抜群のコーナリングも相まって、乗っていて最高に楽しい車です♪S2000 AP1バッテリー廻りの点検です。端子の緩みや、バッテリー自体の固定は問題ありませんでした。端子の緩みやバッテリーが固定されていないと、ボディの金属部分などに触れてしまってショートしてしまう可能性があります。車両火災になりかねないので要注意です。S2000 AP1バッテリーの状態を点検したのですが、劣化しているとの結果が出たので新品に交換します。S2000 AP1 バッテリーラジエーター廻りの点検に移ります。アッパータンクは劣化によるひび割れはなく問題ありませんでした。S2000 AP1 ラジエーターラジエーターホースも切れなどなく問題ありませんでした。ラジエーター廻りの劣化で冷却水が漏れてしまうと、エンジンのオーバーヒートの原因に繋がります。定期的に点検したい部分ですね。S2000 AP1 ラジエーターエンジン廻りの点検です。エンジンヘッドカバーや、スプールバルブからのオイル漏れはなく問題ありませんでした。S2000 AP1続いてはエアクリーナーです。汚れはなく問題ありませんでした。S2000の純正エアクリーナーはエアクリーナーボックスの中に入っていて吸気温度を下げる効果と、空気を圧縮して吸い込ませるチャンバー効果がありエンジンのレスポンス向上効果があります。S2000 AP1 エアクリーナーブレーキフルードは目立つ劣化がなく問題ありませんでした。ブレーキフルードは後程、ブレーキの点検のタイミングで交換させていただきます。S2000 AP1クラッチマスターシリンダーからのフルード漏れはなく問題ありませんでした。S2000 AP1補機ベルトの点検です。ベルトにひび割れ、劣化はなく問題ありませんでした。補機ベルトが切れてしまうと、バッテリーの充電をしているオルタネーターが機能しなくなってしまったり、その他の補機類の機能が停止してしまいます。定期的にチェックしたいですね。S2000 AP1続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは黒く汚れていたので交換時期でしたね。定期的に交換することによってエンジンの調子を維持していけます。長く愛車に乗りたい方は油脂類はこまめに交換したいですね。エンジンオイルは3000キロを目安に交換することをおススメしています。S2000 AP1オイルフィルターは、エンジンオイル交換2回に1回の交換をおススメしています。S2000 AP1トランスミッションオイルの交換作業です。茶色く汚れていたので交換時期でした。S2000 AP1デフオイルはトランスミッションオイルほど劣化はしていませんでした。S2000 AP1抜き終えたら新しいオイルを注入します。スポーツ走行をされる方は、エンジンオイル交換と同じサイクルで、交換することをおススメしています。S2000 AP1エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成なので安心してドライブができますね。S2000 AP1続いてブレーキ周りの点検です。こちらはフロントのブレーキキャリパーです。スライドピンの固着や、ピストンブーツの破れ、ピストン自体の固着がないか確認します。S2000 AP1リアのブレーキキャリパーも同様に確認します。フロント、リア共に問題ありませんした。S2000 AP1 ブレーキブレーキパッドは前後とも残量はあり、問題ありませんでした。S2000 AP1 ブレーキS2000 AP1 ブレーキブレーキフルードの交換作業です。ブレーキフルードも他の油脂類と同様劣化してしまいます。年に1回の交換、最低でも車検毎の交換をおススメしています。S2000 AP1 ブレーキ

S2000(AP1)スタビライザーリンク交換

リアのスタビライザーリンクのブーツが劣化して割れていました。スタビライザーが劣化してブーツが割れていると、車検に通らなくなる他、異音の原因に繋がります。こちらも定期的に点検したいですね。S2000 AP1S2000 AP1新しいスタビライザーリンクを取り付けて完了です。下廻りのパーツをリフレッシュすると車の動きも良くなり、気分良くドライブができますね♪S2000 AP1S2000 AP1

S2000(AP1)スレーブシリンダー交換

クラッチスレーブシリンダーからオイル漏れがありました。オイルが漏れているとクラッチが切れなくなってしまい、最悪の場合走行できなくなってしまいます。スレーブシリンダー内のピストンシールが劣化してしまうと、クラッチフルードが漏れだしてしまいます。ダストブーツをめくったらフルードが漏れてきました。。。。S2000 AP1 スレーブシリンダースレーブシリンダーからオイル漏れを発見した際は、クラッチが切れなくなって走行できなくなってしまう前に対策したいですね。S2000 AP1 スレーブシリンダークラッチフルードも交換して作業は完了です。クラッチフルードのエア抜きもしっかりと行います。以上で納車前の点検整備は終了です。N様、この度はご購入ありがとうございました。S2000でのドライブを是非楽しんでください♪S2000 AP1 スレーブシリンダー

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)画像
  2. cl7 ドアロックアクチュエーター ターンセット 交換
  3. A2000 AP1 マフラー交換
PAGE TOP