S2000(AP1) ブレーキキャリパーOH、新品ローター&パッド装着でリフレッシュ

S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。以前販売したS2000がリフレッシュで入庫しました。今回はブレーキキャリパーのオーバーホールとディクセルのブレーキローター、パッドの装着をして、ブレーキホースも純正新品にリフレッシュします。もちろんブレーキマスターシリンダーもOHです。そして、エンジンマウント、ミッションマウントのリフレッシュ、チェーンテンショナーの交換も行いました。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP1)ブレーキリフレッシュ作業

ブレーキ回りのリフレッシュは年数が経過した車両には必ず訪れる大事なメンテナンスです。しっかりと止まれる車でないと安心して走行できません。今回お預かりしたS2000は初期モデルになるので、すでに20年近く経過しています。このタイミングでしっかりとリフレッシュをされたいということで、キャリパーとマスターシリンダーのOH、ローター、パッド、ホースを新品で交換することになりました。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業こちらがリフレッシュ前のブレーキです。ローターは見るからに限界を迎えているのがわかります。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 キャリパーを前後4つ取り外しました。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 ローターも取り外します。 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 ローターはやはりかなり摩耗している状態です。ローターの端の方はギザギザになってしまっていますし、段付きも出ています。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業  キャリパーの方はというと、こちらも劣化していました。ピストンを外してみると中は結構さびています。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業ピストン自体も錆が進行していますね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業キャリパー内部の錆を徹底的に除去して綺麗にします。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業こちらがキャリパーのオーバーホールキットです。ピストンに各種ブーツやOリングです。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業錆を落として綺麗になったキャリパーに新品のピストンを組み付けます。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 キャリパーの押さえつける方のゴムブーツもリフレッシュします。ボルトには新品のグリスを塗って装着します。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 こんな感じでキャリパーのOH完了です。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 リアのキャリパーも同じようにピストンを抜いて錆を落とし、新しいピストンやブーツを装着します。 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業  リアキャリパーはかなり錆びていましたね。S2000は熱によってリアキャリパーが固着しやすいですので要注意ですね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 こちらも綺麗に錆を落としてリフレッシュです。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 新品のピストンを組み付けます。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 続いてブレーキホースです。こちらが外したホースですが、小さな亀裂が入りつつあります。かなりの耐久性を考えて作られている部品なので大丈夫ですが、漏れたらかなり危険なのでそうなる前にリフレッシュするのが一番です。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 こちらが新品のブレーキホースです。弾力性があって取り外したホースと比較すると明らかに違いますね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 新品のホースを取付けしてホース交換完了です。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 続いてブレーキローターとパッドの取付です。今回はディクセルのローターとパッドをご用意させていただきました。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 オーナーさんは街乗りメインなので、ローターはスタンダードなタイプの純正同等品です。スリットの入っていないタイプですね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業パッドも基本は街乗り向けのESです。ワインディングなどにも対応しています。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業   ローターを取り付ける前にハブ中心部分の錆が気になるので、シャーシブラックで塗装しました。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 新品ローターを取り付けるとこんな感じでかなりリフレッシュされた感じがあります。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 オーバーホールしたキャリパーとディクセルのパッドも取り付けました。パッドのシムにディクセルと入っているのでかっこいいですね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 これでキャリパー、ローター、パッドの交換が完了です。続いてブレーキマスターシリンダーのオーバーホールを行います。マスターシリンダーからのフルード漏れというトラブルもS2000ではよく発生します。ブレーキ回りをトータルでリフレッシュするのでしたらマスターシリンダーのオーバーホールも欠かさずにという感じですね。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 こちらが取り外したマスターシリンダーです。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 こちらはマスターバック側ですね。こちらは後ほど綺麗に清掃しました。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 マスターシリンダーの中をバラシてピストンやスプリングをリフレッシュするのがオーバーホールです。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業こちらがマスターシリンダーのオーバーホールキットの部品です。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 マスターシリンダーの中も錆びてくるので、こちらも綺麗に清掃します。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 ピストンにしっかりとグリスを塗布します。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 清掃したシリンダーにピストンを入れます。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業 あとはもとに戻すだけです。S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業最後にブレーキフルードを入れてエア抜きをして、ブレーキ回りのリフレッシュは終了です。S2000(AP1)ブレーキフルード交換足元はピカピカになりました♪S2000(AP1)ブレーキリフレッシュ作業

S2000(AP1)エンジンミッションマウント交換

続いてマウント類のリフレッシュに入ります。各マウントにヒビが入り始めていたので、このタイミングでリフレッシュすることになりました。エンジンマウントは2か所でとまっています。S2000(AP1) エンジンマウント交換S2000(AP1) エンジンマウント交換取り外してみるとやはりヒビが入っています。S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換重いエンジンを支えているマウントなので、小さなヒビだと思っても揺れを吸収するためにはかなりのマイナスです。このようなヒビが入ってきたらリフレッシュしてあげると乗り心地が改善しますし、シフトミスも減ります。新品はこちらです。S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換明らかにフレッシュなゴムですね。しっかりと支えてくれそうです。こんな感じでエンジンマウントの交換完了です。S2000(AP1) エンジンマウント交換 S2000(AP1) エンジンマウント交換続いてミッションマウントです。ミッションマウントも2か所でとまっていますが、エンジンマウントとは違って中央に集中しています。こちらは明らかなヒビは見当たりませんが、劣化はしている感じでしたS2000(AP1) ミッションマウント交換  新品を装着してリフレッシュ完了です。S2000(AP1) ミッションマウント交換エンジンとミッションマウントが劣化するとエンジン本体、ミッション本体の揺れが大きくなるため、アクセルONOFFでの車体の揺れが大きくなります。また、コーナー中のシフトアップやダウンでミスをしやすくなります。サーキット走行では致命的ですよね。もちろん街乗りでも気持ちのいいフィーリングを得るにはマウント類のリフレッシュは有効です。全部のブッシュ類をリフレッシュとなると大変ですが、まずはエンジンミッションマウントからというのもありですね。

S2000(AP1)タイミングチェーンテンショナー交換

最後にタイミングチェーンテンショナーの交換です。S2000のF20Cエンジンはタイミングチェーンを使っています。このチェーンの張りを調整するのがチェーンテンショナーです。ここからオイル漏れが発生していたので今回リフレッシュしました。S2000(AP1)チェーンテンショナー交換 スプールバルブの下にあるパーツです。オイルが漏れているのがわかるかと思います。S2000(AP1)チェーンテンショナー交換 左が取り外したカムチェーンテンショナーです。パッキンが劣化してオイルが漏れて来る感じですね。S2000(AP1)チェーンテンショナー交換 ボディ側はこんな感じになっています。S2000(AP1)チェーンテンショナー交換 新品に交換して作業は終了です。これでブレーキまわりのリフレッシュ、エンジンミッションマウントのリフレッシュ、タイミングチェーンテンショナーのリフレッシュが完了しました。U様この度は作業のご依頼ありがとうございました。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. オイル漏れ修理 EK9
  2. デモカーS2000オイル交換画像
  3. S2000 納車前点検
  4. シビックタイプR EURO オイル交換 FN2
PAGE TOP