人気色ニューインディイエローパールにハードトップ装着!無限チューン仕様のS2000(AP2)の納車前整備を行いました。

S2000 AP1

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのヤナギダです。今回、S2000(AP2)の納車前点検整備を行いました。人気色のニューインディイエローパールに、今やなかなか手に入れることが難しい純正ハードトップを装着している一台です。無限の車高調とエキマニ、SPOONのマフラーでライトチューン仕様です。2.2リッターのトルクがあるエンジンに加え、吸排気が変わっていてレスポンスがとてもよく乗っていて気持ちがいい1台です。作業はメカニックのモリヤマです。

S2000(AP2)納車前点検整備

エンジンルームの点検を行います。こちらはスパークプラグの点検です。電極の摩耗は少なく、まだまだ問題なしですね。電極が摩耗してしまうとエンジンの調子が悪くなってしまいます。走行距離が多い車両は、点検することをおススメします。S2000 AP1エアクリーナとインテークホースの点検を行います。エアクリーナーは無限製に変わっていました。汚れはなく問題ありません。無限のパーツは派手なものが少なく、スタイリッシュでカッコいいものが多いですね♪繰り返し洗って使えるのもありがたいですね。S2000 AP1エアインテークホースも劣化はなく問題ありませんでした。インテークホースは劣化してしまうと、付け根の部分がぱっくりと割れてしまうことが多いので要チェックです。S2000 AP1エンジン廻りのオイル漏れのチェックをします。こちらはスプールバルブです。オイル漏れはなく綺麗な状態ですね。S2000はスプールバルブからのオイル漏れが多発しやすいので要チェックです。S2000 AP1続いてはラジエーター廻りの点検です。ラジエーターホースはゴムの弾力があり問題ありませんでした。S2000 AP1バッテリーの点検です。端子の緩みやバッテリー本体のガタがないがチェックしています。端子の締め付けが緩いと端子が抜けてしまい、ショートする可能性があるので要注意です。バッテリーの充電量や状態を確認しましたが、しっかりと充電されていたので問題ありませんでした。S2000 AP1油脂類の交換作業に移ります。エンジンオイルの交換を行っているのですが、黒く汚れたオイルが出てきました。レベルゲージなどで定期的にオイルの残量と汚れ具合をチェックして、交換時期になったらしっかりと交換しましょう。3000キロ前後を目安に交換するのをおススメします。S2000 AP1トランスミッションオイルはそこまで劣化していませんでした。抜き終わったら新しいオイルを注入します。S2000 AP1S2000 AP1ホンダ純正のMTF-3を使用しています。タウンユースは純正オイルで十分なのですが、スポーツ走行をする方は純正オイルだとキャパオーバーしてしまう可能性があります。用途によって使い分けたいですね。S2000 AP1デフオイルも交換していきます。こちらは少し劣化していました。S2000のトランスミッションオイルとデフオイルの容量は少なく、1リッターしか入りません。少ないオイル量で酷使される部分なので気を使ってあげたい部分ですね。S2000 AP1S2000 AP1デフオイルもホンダ純正HGO-3を使用します。スポーツ走行をする方は用途に合ったオイルを使用したいですね。S2000 AP1エンジンオイルを入れていきます。サーキットを走った後は走行距離関係なくオイル交換をすることをおススメします。長時間高回転までエンジンを回したオイルは劣化するのが早く、粘度も柔らかくなって油膜切れを起こしてしまう可能性があります。エンジンブローの原因に繋がってくるので要注意です。S2000 AP1続いては下廻りのブーツ、ブッシュ類の点検です。これらは特に問題ありませんでした。ブーツやブッシュが破れていると、中のグリスが出ていまいグリス切れを起こして破損の原因になったり、車検に通らなくなります。定期点検などで発見した際は交換をしたい部分ですね。S2000 AP1S2000 AP1S2000 AP1スタビリンクも前後問題ありませんでした。劣化していると異音の原因に繋がるので要チェックです。S2000 AP1S2000 AP1ブレーキ廻りの点検です。ブレーキパッドの残量は問題ありませんでした。スポーツ走行をする場合はブレーキパッドの限界域が高いものに交換したいですね。純正パッドは限界域が低く、限界に達するとフェード現象を起こしてしまい危険です。ステージ選びに合ったパッドを使いたいですね。S2000 AP1S2000 AP1

S2000(AP2)ルームランプ修理

S2000の持病であるルームランプ接触不良。10台に1台くらいの頻度でこの症状がある気がします….オープンカーで幌のS2000は、どうしても湿気などでルームランプの基盤が錆びてしまいます。基盤をやすりなどで磨いて、錆を落としてあげると大抵のS2000は復活します。それでも復活しない場合は、ドアスイッチの接触不良を疑います。この車両はルームランプの基盤を磨くだけで復活しました。S2000 AP1これで車内の明かりは確保できました。ルームランプが無いと意外に不便しますよね…(笑)S2000 AP1以上で納車前の点検整備は終了です。この度はご契約ありがとうございました。ライトチューン仕様のS2000の軽快な走りと官能的なサウンドを沢山堪能してください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP2)車検 無限
  2. フィット GE8 オイル交換 タイロッドエンドブーツ 亀裂
  3. アコードユーロR(CL1)各種ブーツ交換
  4. インテグラTypeR(DC5)納車点検
  5. S2000(AP1) ブレーキリフレッシュ作業
  6. DC5 C-WEST バンパー
PAGE TOP