鮮やかな水色が美しい!ニュルブルクリンクブルーS2000(AP1)の納車前点検整備を行いました。

S2000 AP1

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのヤナギダです。今回、なかなか珍しい色のニュルブルクリンクブルーの納車前点検整備を行いました。鮮やかに輝く水色がとても綺麗で、当店では入庫したらすぐ売れてしまう人気色です。そんな私もこの色のS2000に乗っています♪

S2000(AP1)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。S2000に搭載してあるF20Cは最高出力が250馬力あり、9000回転まで回るレーシーなエンジンです。普段の街乗りだけでも楽しい車両ですね♪S2000 AP1こちらはエアクリーナーです。汚れはなく問題ありませんでした。S2000の純正エアクリーナーはボックスの中に入っていて吸気温度を下げる効果、空気を圧縮して吸い込ませるチャンバー効果があり、エンジンのレスポンス向上効果があります。S2000 AP1続いてラジエーターのアッパータンクです。こちらの車両は問題ありませんでしたが、劣化で割れてしまうと冷却水が漏れてオーバーヒートの原因に繋がります。年式が経っている車両は定期的なチェックをしたいですね。S2000 AP1こちらはラジエーターホースです。劣化などはなく問題なしですね。ラジエーターホースはゴムでできていて、劣化してしまうと圧力に耐え切れず破裂してしまう恐れがあります。定期的に点検したい部分ですね。S2000 AP1こちらは補機ベルトの点検です。張りがあり、ヒビなどもなく問題ありませんでした。補機ベルトが切れてしまうと、バッテリーの充電をしているオルタネーターが機能しなくなり、エンジンが止まってしまう可能性があるので要チェックです。S2000 AP1続いてバッテリーの点検です。端子の緩みや、バッテリー自体の固定は問題ありませんでした。端子の緩み、バッテリーの固定がされていないとショートしてしまう可能性があるので、しっかりチェックします。S2000 AP1バッテリーの点検結果は問題ありませんでした。バッテリーの寿命が来てしまうと、エンジンの始動ができなくなってしまいます。定期的にバッテリーの状態をチェックすることをおススメします。S2000 AP1こちらはブレーキマスターシリンダーです。ブレーキフルードの漏れ、汚れはなく劣化状況も問題なしですね。S2000 AP1こちらはクラッチマスターシリンダーです。こちらも問題なしですね。中に入っているクラッチフルードが劣化、残量が少なくなってしまうと、クラッチペダルを踏んだ時にペダルが戻ってこなくなる症状が出ることがあるので要注意です。S2000 AP1こちらはスプールバルブです。オイル漏れはなく問題なしですね。S2000 AP1続いてはスパークプラグの点検です。電極の摩耗は問題なしですね。電極が摩耗してしまうとエンジンの調子が悪くなってしまいます。走行距離が多い車両は、点検することをおススメします。S2000 AP1こちらの車両にはボンネットダンパーが付いていました。こちらが付いていると楽にボンネットが開けられるので便利ですね♪S2000 AP1リフトを上げて油脂類の交換です。こちらはエンジンオイルです。黒く汚れていたので交換時期でした。スポーツカーは3000キロ目安で交換するのをおススメします。特にVTECを積んでいるS2000などは、エンジンオイルを街乗りでも消費しやすくなっています。定期的にオイルレベルゲージでチェックしたいですね。S2000 AP1こちらはトランスミッションオイルの交換作業です。少し茶色く汚れていました。S2000 AP1こちらはデフオイルの交換作業です。トランスミッションオイルに比べて劣化していました。トランスミッションオイルとデフオイルはエンジンオイルに比べて、容量が少なく酷使される部分です。エンジンオイル交換2回に1回のサイクルで交換することをおススメします。S2000 AP1下からトランスミッションオイルとデフオイルを注入します。新しいオイルでキレイさっぱりリフレッシュです♪S2000 AP1S2000 AP1リフトを下げてエンジンオイルを入れていきます。100%化学合成油のワコーズ プロステージSを使用しています。スポーツ走行もできて安心なエンジンオイルです。S2000 AP1エンジンオイルフィルターも一緒に交換します。エンジンオイル交換2回に1回の交換をおススメします。S2000 AP1続いてブレーキ周りの交換です。こちらはフロントのブレーキキャリパーです。スライドピンの固着や、ピストンブーツの破れ、ピストン自体の固着がないか確認します。S2000 AP1リアのブレーキキャリパーも同様に確認します。フロント、リア共に問題ありませんした。S2000 AP1同時にブレーキパッドの残量もチェックしました。前後とも残量はあり問題ありませんでした。S2000 AP1S2000 AP1こちらはブレーキフルードの交換作業です。劣化したブレーキフルードを使うことによって沸騰しやすくなり、それによって気泡が発生してブレーキにエアーを噛んでしまいます。さらに沸騰した熱により蒸発した水分が混ざり合って、さらに劣化してしまうので1年に1回の交換をおススメします。S2000 AP1

S2000(AP1)ルームランプ点検整備

続いてはS2000であるあるの症状、接触不良によるルームランプ点灯不良です。基盤が錆びてきてしまい、接触不良を起こしてしまうとルームランプが点灯しなくなってしまいます。S2000 AP1ユニットを外して基盤を磨いてあげることによって、接触が良くなり復活する可能性が高いです。S2000 AP1ちゃんと点灯するようになりました。これで暗いところで車内が見えづらくなっても安心ですね♪S2000 AP1以上でS2000(AP1)の納車前点検整備が終わりました。D様、この度はご購入ありがとうございました。FRスポーツS2000のドライブを存分に楽しんでください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. CSOダイレクトステアリングカラー取り付け
  2. アコードユーロR(CL1)各種ブーツ交換
  3. EK9ブレーキキャリパーOH画像
  4. シビック(EK9)ドライブシャフト交換
  5. アコードユーロR CL7 納車前整備
PAGE TOP