使い勝手良し!お買い物もスポーツ走行もできるアコードユーロR(CL7)の納車前整備をしました。

CL7 アコードユーロR

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのヤナギダです。今回はアコードユーロR(CL7)の納車前整備をさせて頂きました。4枚ドアのセダンボディで日常使いや、スポーツ走行もできるとても使い勝手良い車両です♪CL7 アコードユーロR

アコードユーロR(CL7)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。K20AのVTECエンジンはカムが切り替わるとググっとパワーが上がり、運転していてとても楽しいです♪CL7 アコードユーロRこちらはラジエーターのアッパータンクです。ヒビなどはなく綺麗な状態で問題なしですね。CL7 アコードユーロRラジエーターのアッパーホースです。こちらもゴムの弾力があり、問題ありませんでした。ヒビや割れがあると冷却水の漏れにつながって、オーバーヒートの原因になります。定期的にチェックしたい部分ですね。CL7 アコードユーロR続いてバッテリーの点検です。端子の緩みや、バッテリー自体の固定は問題ありませんでした。CL7 アコードユーロRバッテリーの充電が少なかったので、充電し直します。CL7 アコードユーロR続いては補機ベルトの点検です。ベルトの張りがあり、ベルト自体もヒビなどなく問題ありませんでした。CL7 アコードユーロRこちらはエンジンヘッドカバーです。エンジンオイルのにじみが出る場所です。この車両はにじみや漏れもなく問題ありませんでした。CL7 アコードユーロRこちらはブレーキマスターです。こちらは漏れはなく問題ありませんでした。CL7 アコードユーロR次にスパークプラグの点検です。こちらは電極の異常な摩耗などなく正常ですね。スパークプラグの電極が摩耗したりしてくると、エンジンの始動性が悪くなったり燃費が悪化します。CL7 アコードユーロR続いてはエアクリーナーです。こちらは汚れていると吸入効率が悪くなり、パワーダウンや燃費の悪化に影響します。汚れていたのでエアブローをしてきれいにします。CL7 アコードユーロRこちらはエアインテークホースです。蛇腹部分やセンサーの分岐などにヒビ割れや裂けが生じることが多いので、要チェックです。CL7 アコードユーロR続いては車両を上げて、油脂類の交換です。まずは、エンジンオイルを抜いていきます。黒く汚れていたので交換時期でしたね。CL7 アコードユーロR一緒にオイルフィルターも交換していきます。エンジンオイル交換の2回に1回の頻度で交換することをおススメします。CL7 アコードユーロRミッションオイルを交換していきます。こちらも劣化していたので、交換時期でした。CL7 アコードユーロRミッションオイルを注入していきます。当店ではホンダの純正オイルを使用しています。CL7 アコードユーロR車両を下げて、エンジンオイルを入れます。ワコーズのプロステージSを使用しています。CL7 アコードユーロRこちらはハブベアリングのガタがあるかどうかのチェックです。左右上下に揺らして確認します。四輪ともガタは無く問題ありませんでした。CL7 アコードユーロR続いてはブレーキ廻りの点検です。こちらはフロントのブレーキキャリパーです。スライドピンの固着や、ピストンブーツの破れ、ピストン自体の固着がないか確認します。CL7 アコードユーロRリアのブレーキキャリパーも同様に確認します。フロント、リア共に問題ありませんした。CL7 アコードユーロRこちらはブレーキフルードの交換です。こちらも劣化してしまうものなので、1年に1回の交換をおススメします。CL7 アコードユーロR続いてはエアコンフィルターです。汚れていたので新品に交換します。エアコンフィルターが汚れていると、臭いの原因などになるので、気になったら交換することをおススメします。CL7 アコードユーロRこれで納車前の整備は終了です。S様、この度はアコードユーロRのご契約ありがとうございました。ドライブを是非楽しんでください♪

 

 

 

関連記事一覧

  1. アコードユーロR(CL7)6ヶ月点検
  2. S2000(AP1)ブレーキO/H
  3. S2000 AP1
  4. インテグラタイプR(DC5)納車前整備
  5. EK9 リフレッシュ
  6. S2000(AP2)幌交換
PAGE TOP