シビックタイプRユーロ(FN2)のウォーターポンプ交換

シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のイシケンです。以前車検整備でお預かりした際にメンテナンスポイントとしてリストアップしていたウォータポンプの交換を行いました。交換と同時に補機ベルト、アイドラプーリー、オートテンショナーの交換とエンジンオイル、オイルフィルター交換も行いました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換作業はメカニックのムラマツです。

シビックタイプR(FN2)ウォーターポンプ交換

K20Aエンジンはタイミングベルト駆動ではなくタイミングチェーンなので、ウォーターポンプの駆動は補機ベルトで回しており交換工程としては比較的少ないです。ただ、ウォータポンプの取り外しにアクセスする隙間がなく工具が入らないのに苦労します。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換この奥の方に見えていて水漏れ跡が確認できるところがウォーターポンプです。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換こちらを交換していきます。まず冷却水を抜きます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換今回同時にエンジンオイルの交換もオーダーいただきましたのでこのタイミングでエンジンオイルを抜きます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換オイルフィルター交換もオーダーいただきましたので交換しました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換これまたウォーターポンプとは別のご依頼ですが、後付けの水温センサーから冷却水が漏れてきていたので、そちらの処理も行いました。インテークパイプを外してラジエターアッパーホースに装着されている水温センサーを取り外します。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 こんな感じでまぁまぁ漏れてきていました。シールテープの劣化が原因です。というかもうシールテープがほぼありません。これでは隙間から漏れてきてしまいますね。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 きれいに清掃して、新しいシールテープを巻き付けて取り付けます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 ではいよいよ本題のウォーターポンプの交換に入ります。まずドライブベルトのオートテンショナーを外します。こちらは後ほど新品に交換します。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 オルタネーターにかかっているベルトも外していきます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 FN2はベルト1本で駆動しているので、これでベルトが取り外しできました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 そこまで劣化している感じではないですが、ベルトは再利用せずに新品に交換します。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 続いてウォーターポンプを取り外します。これがかなり大変です。ボルトを緩めるだけなのですが、フレームとウォータポンプの隙間が全然なくて工具が入らないのです。チーフメカニックのムラマツでさえもかなり悩ませる仕様のFN2。悪戦苦闘しながらなんとかボルトを緩めることができました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 で、かなりの時間を要してなんとかウォーターポンプの取り外しができました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 ウォーターポンプ内のパッキン劣化によって冷却水が漏れてきていた感じです。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 こちらが新品との比較ですが、パッキンの状態が明らかに違います。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 エンジン側の取付面にも古いパッキンが付いているので、こちらはきれいにパッキンを落として清掃します。ここに古いパッキンや固まった冷却水が残っているとまたそこから漏れが発生する可能性があります。しっかりときれいにします。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 きれいに清掃できたら新品のウォーターポンプを取り付けます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換こちらは新品のオートテンショナーとアイドラプーリーです。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 そして新品のドライブベルトを取り付けます。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 こんな感じでウォーターポンプの交換とオートテンショナー、アイドラプーリー、ドライブベルトの交換が完了しました。シビックタイプRユーロ(FN2)ウォータポンプ交換 抜いていたエンジンオイルを入れます。ワコーズのプロステージSを入れました。シビックタイプRユーロ(FN2)エンジンオイル交換 シビックタイプRユーロ(FN2)エンジンオイル交換 最後に冷却水を入れてエア抜きをしてウォータポンプの交換終了です。シビックタイプRユーロ(FN2)クーラント交換以上で作業は終了です。O様いつも作業のご依頼ありがとうございます。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラTypeR(DC2)納車点検
  2. S2000(AP1) 半年点検
  3. HMR デモカーS2000 BRZ DC5
  4. S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換
  5. シビックタイプR(FD2) 納車前点検
  6. S660 SPOON サス交換
PAGE TOP