デモカーインテグラタイプR(DC5)の富士テスト

HMR インテグラタイプR(DC5)

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のイシケンです。デモカーDC5をバージョンアップさせたブログを紹介しましたが、その後富士スピードウェイでドライバーの練習も兼ねてテストしてきました。この車両の目的はメカニックの育成です。自分たちで作って自分たちで走って車がどう変わるのかを体感するというのが目的です。リアルに体感したことをお客様にフィードバックできるようにするために作っています。そして、冬のFuji1-GPに向けて戦闘力を上げて表彰台を狙いたいと思ってます。
前回までの仕様では排気系を社外品に交換したためエンジンパワーがなくなっているのか、富士のストレートで200kmしかでませんでした。いくら夏だからといっても遅すぎる感じでした。K20A型エンジンは純正でかなりこだわった吸排気レイアウトとセットになっているので、そこのバランスを崩すといっきにパワーダウンするということを実感しました。そこで、吸排気すべてJ’sracing製品で統一し、それに合わせたECUをJ’sracingさんに用意してもらいました。このテストと車高調を富士仕様に変更したのでそのバランスチェックも今回の富士テストの目的です。

午前中はショートコースでブレーキの慣らしとバランスチェック

本コースでの走行は午後からだったので、それまでにショートコースのライセンス走行枠でパッドの慣らしをしてきました。午前中のショートコース1本目は誰も走っていなかったのでゆっくりと慣らしができました。 数周はブレーキに熱を入れては冷ましてはを繰り返して慣らしていきました。HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5)富士のライセンスは私しか持っていないので午前中は私が走りました。走ったと言っても慣らしなので全開では走っていませんが、なかなかのバランスの良さを感じたのでついつい攻めたくなっちゃいました。HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5)そんな攻めたい気持ちは抑えて慣らしに徹して15分ほど走りきりました。ブレーキはもうこれでガツンと踏んで大丈夫です。減衰力のバランスもなんとなくな位置出しはできたので、後は本コースを走りながら合わせていきます。ピットにはこの日もしDC5が走れなかった時のためにメカニックムラマツの愛車FD2も待機していました。HMR インテグラタイプR(DC5)チャンピオンシップホワイトが2台並ぶだけでもウキウキしちゃいますね~。そして、ステッカーチューンをしたDC5、何度見ても惚れ惚れしてしまいます♪♪HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5)

午後は本コースでトータル2時間走行

午後は場所を本コースに移してメカニックたちの練習とDC5のテストです。この日の富士スピードウェイは雨予報が出ていましたが、ギリギリもってくれました。走行するにはちょうどいい気温で、車にも優しい気候でしたね。ピットで待っている私はとても寒かったですが。。。午前中に走行準備したので本コースに来てから特に車の準備はありませんでした。撮影機材のセットをするくらいで、とてもいい感じの走行準備です。HMR インテグラタイプR(DC5)30分走行を合計4本走行します。1~2本目ではドライバーが富士スピードウェイに慣れないとなので、そこがメインな感じにはなりました。それでもストレートで218kmをマーク。まだブレーキングも手前ですし最終コーナーからの立ち上がりも甘い感じでのトップスピードです。以前から18kmもアップしたのはさすがJ’sracingさんのパーツ&ECUという感じですね。HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5)富士仕様に仕様変更した車高調はとてもバランスがよく、フルブレーキングでリアが滑り出していた以前とは大違い。安心してブレーキングできる感じなのと、コーナーでしっかりとした感じが出ました(とドライバーが言ってました)。HMR インテグラタイプR(DC5)ただ、100Rでのアンダーがきつい感じだったので、減衰力の調整と空気圧の調整して美味しいところを探っていきました。3~4本目ではその美味しいバランスも確認でき、ガソリンが満タンな時と減ってきた時のバランスの違いも確認することができました。HMR インテグラタイプR(DC5) HMR インテグラタイプR(DC5)美味しい仕様はガソリンが減るとブレーキングでリアが流れだします。耐久レース向けにガソリンがある程度多い状態に合わせたいので、この日はこのバランスが最適かなという感じでしたね。ただ、タイムはまだ2分9秒台と遅いです。この日は50台以上走っていたのでほぼクリアが取れないということもありますが、何よりもドライバーがもっと富士に慣れないとタイムアップは難しそうでした。HMR インテグラタイプR(DC5)走行の合間合間で車載映像を見ながらどこをどうするかなど指南しましたが、クリアが取れずなかなかそれを実行することが難しい状況でした。もう1台のワタナベDC2は今日も元気に走行していました。HMR インテグラタイプR(DC2)富士にも慣れてきて2分9秒台も記録。本人の目標であったまずは10秒を切るというところを達成しました。クリアで走れればポンっと2~3秒はタイムアップしそうなくらい混んでいたので、DC2としては十分ではないでしょうか。HMR インテグラタイプR(DC2) HMR インテグラタイプR(DC2)この日のためにディレッツァZ3を新品で組んできたのでとても楽しそうに走っていました♪♪(1本目はデジスパイスとスマホの連携ができずに苦労していましたが。。。)HMR インテグラタイプR(DC2)それでも無事に事故もトラブルもなく走り切りました。HMR インテグラタイプR(DC2)走行が終わったらDC5に入れた新品のエキマニがいい色に変色していました。かっこいいですね~これでこの日のテストは終了です。主にドライバー達の練習が目的だったのでいい練習になりました。次回は私がライセンス走行枠を使って、クリアの中でどのくらいで走れるのかチェックしてこようと思います。チューニングとしてはフル強化ブッシュ交換とダッシュ貫通ロールゲージをすでに手配済みです。できたらLSDとファイナル交換もしたいなと思いますが、年末までに作業できるかどうかって感じです。

それではまた、デモカーDC5のブログ更新します。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. CR-Z 納車点検
  2. CSOインマニ断熱ガスケット スターター交換
  3. S2000(AP1)納車前点検
  4. CSOピロアジャストリアコントロールアーム
  5. インテグラタイプR DC5 オイル交換
  6. シビックタイプR(EK9)整備画像
PAGE TOP