S2000(AP1)のクラッチ&クランクシール、プーリー交換をしました

S2000(AP1)ミッション下ろし

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のイシケンです。以前販売したお客様よりミッションからオイル漏れをしているということで作業のご依頼をいただきました。漏れている箇所からしてクランクシールリア側でしたので、ミッション下ろしてクラッチ外してという作業になるので、同時にクラッチ交換もおススメさせていただきました。また、ベルトのプーリなどもガタで出始めていたのとエンジン、ミッションマウントも劣化していたのでこのタイミングで交換させていただきました。作業はメカニックのムラマツです。

S2000(AP1)ミッション下ろし&クラッチ取り外し

S2000(AP1)ミッション下ろしそれではミッションを下ろしていきます。まず今回最初のご依頼をいただいたオイル漏れがこちらです。S2000(AP1)ミッション下ろしクラッチハウジングの間から漏れてきているのがわかります。ここからのオイル漏れはほぼクランクシールの劣化によるオイル漏れです。シール自体は大した金額しないのですが、そこを交換するためにはミッションを下ろしてクラッチを外さないと交換できない箇所です。では、ミッションを下ろしていきます。室内側から作業します。S2000(AP1)ミッション下ろしシフトノブを取り外して、センターコンソールも取り外します。下からミッションを抜く際に室内側を外しておかないと面倒なことになります。S2000(AP1)ミッション下ろしシフトもこんな感じで取り外しておきます。これでミッションを下から抜くことができます。S2000(AP1)ミッション下ろし続いてエンジンルーム側の作業です。S2000はミッションを下ろすためにエンジンルーム側からでないと緩められないスターターを固定しているボルトがあり、これを緩めるためにベルト類を取り外してオルタネーターも取り外さないといけません。そのため、同時にプーリー交換すると工賃がお得な感じになるのです。この辺りの部品を取り外していきます。S2000(AP1)ミッション下ろしプーリーを取り外しにあたってエアクリーナーボックス、インテークパイプを取り外し、ベルトをプーリーから外します。S2000(AP1)プーリー交換ガタの出ていたプーリーは上側のオーテンショナーのプーリーと下側のアイドラプーリーです。オートテンショナーのプーリーガタはS2000の定番症状でもあります。S2000(AP1)プーリー交換 S2000(AP1)プーリー交換ベルトは劣化していなかったので今回はこのまま再使用することになりました。S2000(AP1)プーリー交換オルタネーターも取り外してスターターモーターの固定ボルトへようやくアクセスできるようになりました。これでエンジンルーム側は一旦終了です。S2000(AP1)プーリー交換リフトアップして下側の作業に入ります。エキマニ、触媒を取り外してミッションの下にある排気パーツを外します。S2000(AP1)ミッション下ろしミッションをとめているボルト類を取り外してミッションマウントに乗せてゆっくりと下ろします。S2000(AP1)ミッション下ろし

S2000(AP1)クラッチ関連パーツ交換とクランクシールリア側交換

下ろしたらクラッチハウジング内はオイル&クラッチのダストで真っ黒でした。S2000(AP1)ミッション下ろしレリーズべリングガイドも結構擦れているのでちょうど交換タイミングでした。S2000でクラッチ交換の際は必ず同時にレリーズべリングガイドも変えるようにしましょう。クラッチペダルのフィーリングが悪くなってきたときにレリーズべリングガイドだけ交換したくてもミッション下ろしになってしまいます。S2000(AP1)ミッション下ろしこちらは取り外したクラッチカバー、クラッチディスク、フライホイールです。S2000(AP1)クラッチ交換クラッチカバーはヒートスポットが随所に見られます。ジャダーの原因にもなりますが、街乗りメインで半クラを多く使う環境ですとほとんどの車はこうなります。S2000(AP1)クラッチ交換クラッチディスクはもうすぐなくなりそうなタイミングでした。今回オイル漏れからの取り外しでしたが、結果的にはちょうどよかったです。S2000(AP1)クラッチ交換フライホイールはそのまま再使用します。S2000(AP1)クラッチ交換さて、今回の作業依頼の元になったクランクシールからのオイル漏れがこちらです。S2000(AP1)クランクシール交換このシール劣化によってエンジンオイルが漏れてきていました。当社のデモカーは6万km時にここからオイル漏れしたので、距離に関係なく漏れるときはきます。S2000(AP1)クランクシール交換クランクシールを取り外して新品に交換します。S2000(AP1)クランクシール交換S2000(AP1)クランクシール交換続いてオイルとクラッチのダストで真っ黒になっていたクラッチハウジングを洗浄します。ここまで真っ黒になっていると洗浄するだけでも一苦労ですが、こんな感じで綺麗になりました。S2000(AP1)クラッチ交換新品のクラッチ達を組付けていきます。まずは交換するクラッチ一式です。すべて純正品をご用意させていただきました。クラッチカバー、ディスク、レリーズベアリング、レリーズベアリングガイド、レリーズフォーク、レリーズシリンダーカバー(黒いパーツ)です。S2000(AP1)クラッチ交換まずはクラッチハウジング内のレリーズベアリングガイドを交換します。こちらが取り外したレリーズベアリングガイドと新品の部品です。(長さが違うように見えるのは撮り方の問題です)S2000(AP1)スレーブシリンダー交換かなり擦れているのがわかると思います。クラッチを切った際にこのガイドをレリーズベアリングがスライドする仕組みなのですが、ここが擦れてくるとクラッチペダルのフィーリングがかなり悪化してスムーズなペダル操作ができなくなります。今回新品のレリーズベアリングも装着するので、ガイドと合わせてこんな感じでレリーズベアリングとガイドの交換が完了です。S2000(AP1)スレーブシリンダー交換続いてクラッチカバー、ディスク、フライホイールを取り付けます。新品のクラッチディスクは溝がたっぷりです。S2000(AP1)クラッチ交換センター出しをしてこんな感じで取り付け完了です。S2000(AP1)クラッチ交換

S2000(AP1)ミッションマウント交換

ミッションをおろしたついでにミッションマウントもリフレッシュします。ヒビが入り始めているのが見えるかと思います。S2000(AP1)ミッションマウント交換 S2000(AP1)ミッションマウント交換こちらが新品のミッションマウントとの比較です。新品はゴムブッシュの弾力性もあり見た目からもしっかりとした感じがわかります。新品に交換することでミッションの揺れがおさまりシフトチェンジする際のフィーリングも変わります。S2000(AP1)ミッションマウント交換マウント交換が終わったのでミッションを車体に載せます。S2000(AP1)ミッションマウント交換ミッション周りの作業は終わったのですが、エンジンオイル交換も同時にご依頼いただいていたのでリフトアップしている時に抜きました。フィルターも同時に交換です。S2000(AP1)エンジンオイル交換 S2000(AP1)エンジンオイル交換

S2000(AP1)プーリー交換

エンジンルーム内の部品を戻す作業と同時にプーリーを交換します。こちらが取り外したオートテンショナープーリーとアイドラプーリーの新旧です。S2000(AP1)プーリー交換この中心部分にガタがでてグラついてしまいます。S2000(AP1)プーリー交換新品との比較です。見た目には特にわからないですが中心部分が劣化しています。S2000(AP1)プーリー交換オートテンショナーはオートで動く部分にガタでてカタカタと異音が発生します。S2000(AP1)プーリー交換どちらも装着してこんな感じで交換完了しました。S2000(AP1)プーリー交換これで全ての作業が完了しました。U様いつも作業のご依頼ありがとうございます。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 幌交換作業画像
  2. フィットRSブレーキパッド交換
  3. S2000(AP1)幌交換
  4. S2000(AP1)ウェザーストリップ交換
  5. インテグラタイプR(DC5)納車前整備
  6. シビックタイプR EK9 点検
PAGE TOP