酷暑でお疲れの冷却系をリフレッシュ!S2000(AP1)東北ラヂエターCOOLNADE/AIRLYを装着!

S2000 AP1 ラジエター交換

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のメカニック ムラマツです。以前TypeSリップスポイラーを取付させて頂いたS2000(AP1)のオーナー様よりラジエター交換のご依頼を頂きました。さらにラジエター交換と同時にラジエターホースや、サーモスタット・サーモスイッチなども一緒に交換して冷却系のリフレッシュを行いました。

S2000(AP1)ラジエターの取り外し

早速ラジエターを取り外していきますが、無限のエアクリーナーが装着されておりカーボンダクトがラジエターに被っていますね。そままでは外せないのでエアクリーナーごと取り外してしまいます。S2000 AP1 ラジエター交換 エアクリーナーを外すと広大なスペースが現れます!S2000のエンジンルームの前半分はエアクリーナーが無いとスカスカです。エンジンが後方に搭載されているのがよく分かりますね。S2000 AP1 ラジエター交換 ラジエターホースを取り外すのに邪魔になってしまうので、ラジエターファンは先に外してしまいます。S2000 AP1 ラジエター交換ジエターホースを切り離せば、ラジエター本体が外れてきます。外したラジエターは冷却水漏れなどの症状はなく良好な状態でしたが、ラジエターコアには長年の汚れとゴミが溜まってしまっていますね。ラジエターコアは細かい隙間(フィン)に風を通して熱を放熱しているので、コアが汚れて詰まってしまうと冷却効率が下がってしまいます。とは言え洗車をするようにラジエターを洗う事は出来ないので、エアブローして汚れを落とすか、長期間交換していなければ早めにリフレッシュしてしまうのがイイかもしれませんね。S2000 AP1 ラジエター交換

S2000(AP1)ラジエターホースとサーモスタットをリフレッシュ

S2000のラジエターホースは、ラジエター側の取り外しは簡単ですが、エンジン側の取り外しはスペースが狭く一筋縄ではいきません。アッパーホースはインマニの下に隠れていて一番苦戦する箇所かもしれませんね。S2000 AP1 ラジエター交換 ロアホースもオルタネーター(ACG)を取り外すとようやく見えてきます。S2000 AP1 ラジエター交換  ロアホースを外して、さらにサーモスタットも取り外します。サーモスタットは故障してしまうとエンジンからラジエターに流れる冷却水が制御出来なくなり、オーバーヒートやその逆のオーバークールの原因となります。どちらもエンジンを壊してしまう可能性があるので、冷却水廻りのメンテナンスをする時にはマストで交換しておきたいですね。S2000 AP1 ラジエター交換 サーモスタットは純正の新品に交換します。オーナー様からは当初ローテンプタイプのサーモスタットの取付をご相談頂きましたが、使用するステージがストリートメインという事で純正のサーモスタットをご用意させて頂きました。スポーツ走行を行うならローテンプサーモ+ローテンプサーモスイッチの使用は、冷却水を早期にラジエターに循環させノーマルより低い温度からラジエターファンを作動させ冷却効率のアップが期待できますが、その反面ストリートではエンジンが温まりきる前に冷却水がどんどん冷却されオーバークールを引き起こしてしまう事があります。エンジンには適正な温度があり、その温度以下で使用するとエンジンを壊してしまう可能性があります。使用するステージに合ったパーツを選びが必要ですね。S2000 AP1 ラジエター交換ラジエターホースも純正をご用意させて頂きました。長年使用したホースに比べると弾力が違います。長年使用したホースは接続部にクセがついているので再使用すると冷却水漏れが発生します。マストで交換しましょう!S2000 AP1 ラジエター交換 サーモスタットとラジエターホースを接続して車体側の準備はOKです。S2000 AP1 ラジエター交換

S2000(AP1)東北ラヂエターCOOLNADE/AIRLYラジエターを装着

今回の作業のメインパーツの登場です!オーナー様がご用意頂いた東北ラヂエターのCOOLNADE/AIRLYラジエターを装着します。
S2000 AP1 ラジエター交換 このラジエターは見た目は純正となんら変わりがありませんが、横からみると、、、S2000 AP1 ラジエター交換 分厚くなってます!いわゆるコア増しラジエターですね。純正が16㎜なのに対して27㎜と11㎜ワイド化され、容量が増える事で放熱効果が上がり冷却性能のアップが期待できます。大型のアルミラジエターと違い重量増も最小限です♪S2000 AP1 ラジエター交換 サーモスイッチも新品に交換します。サーモスイッチは故障してしまうとラジエターファンが回らずオーバーヒートの原因になったりします、、、こちらもリフレッシュの際には忘れずに交換しておきたいですね。S2000 AP1 ラジエター交換 コアを傷つけないように慎重にラジエターを車体に装着します。純正と同形状なのでポン付けです♪ ラジエターファンも加工せず装着できます!S2000 AP1 ラジエター交換外していたパーツを戻して交換終了です! 高効率なのに価格もリーズナブルなのでスポーツ走行前提の方だけでなく、純正からのリフレッシュにもおススメです♪ 大型のアルミラジエターを装着して、”いかにもやってます”感を出したくないシンプルライクな方にもイイですね。S2000 AP1 ラジエター交換 最後に冷却水を入れエア抜きをします。今回はオーナー様よりビリオンのスーパーサーモLLC TypeS+をご用意頂きました。ストリートからスポーツ走行まで対応したマルチユースな冷却水ですね。S2000 AP1 ラジエター交換 エア抜きが終了したら各部の漏れチェックをして、無事冷却水系のリフレッシュが終了しました。また安心してS2000ライフを楽しめますね♪S2000 AP1 ラジエター交換冷却廻りのトラブルは気付いてからでは遅い場合もあります。定期的なチェックと早めのリフレッシュがおススメです。使用するステージに併せておススメパーツのご提案も出来ますので、リフレッシュをご検討中でしたらお気軽にご相談下さいませ♪
F様ご依頼ありがとうございました。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. フィット GE8 スパークプラグ交換 エアクリーナー交換
  2. シビックタイプR(FD2) 納車前点検
  3. S2000 ブレーキマスターシリンダーOH画像
PAGE TOP