シビックタイプR(EK9) ドラシャ、トレーリングアームブッシュ、各種パッキン交換

シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。以前ご納車したシビックタイプR(EK9)の各種リフレッシュをさせていただきました。EK9は年数も経過し距離も多くなっている車両が多いので、常日頃からのメンテナンスは長く乗る上で大事です。こちらのEK9は当社の無料定期点検に来ていただいておりましたので、メンテナンス箇所も把握できて、計画的にリフレッシュさせていただいております。
そして、今回はガッツリとメンテナンスさせていただきました。作業箇所は、オイル漏れの定番箇所であるスプールバルブパッキン、カムシャフトプラグ、デスビOリング、ブリーザーチャンバーパッキンのリフレッシュとトレーリングアームブッシュの交換、そしてドライブシャフトの交換にデフサイドシール交換とメンテメニューたっぷりです。

各種パッキン類をリフレッシュしてオイル漏れを解消

まずはオイル漏れ関連箇所のメンテナンスです。当社に入庫するEK9でよくあるオイル漏れ箇所の一つであるスプールバルブパッキン劣化。こちらのEK9も同じく劣化して滲み出しておりました。シビックタイプR(EK9) スプールバルブパッキン交換同時にデスビのOリングも怪しい感じだったのでリフレッシュさせていただきました。下の画像の左がスプールバルブとパッキンで右がデスビです。丸いのはカムシャフトのエンドキャップです。シビックタイプR(EK9) スプールバルブパッキン交換デスビのOリングもやはり劣化していましたね。シビックタイプR(EK9) デスビパッキン交換そして、そのままヘッドカバーのパッキンも同時にリフレッシュさせていただきました。こちらもオイル漏れでは定番の箇所です。ヘッドカバーを取り外して回りにあるパッキンを取り外します。シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換ヘッド側はこんな感じでカムシャフトなどが丸見えですね。シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換ヘッド内部はとても綺麗な状態でした。スラッジもなく定期的にオイル交換している証拠です。また、適度に高回転まで回してカーボンやスラッジを燃焼させている感じでしょうね。シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換 シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換 シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換シビックタイプR(EK9) パッキン交換これでヘッド周りのパッキンはリフレッシュできました。ただ、ヘッドガスケットからオイル漏れも見られるので、ヘッドバラしをしてガスケット交換になるかもしれませんね。

ドライブシャフト交換とブリーザーチャンバーパッキン交換

続きまして、ドライブシャフトの交換です。左右ともブーツが劣化していましたので、リビルトのドライブシャフトに交換させていただきました。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換こんな感じでブーツに亀裂が入ってきました。グリスも滲んでおり、このままだとパックリと開いて中からグリスが飛び散ります。最悪グリス切れになり中のボールジョイントが焼き付くことになり、自走不能となってしまいます。この状態になっていたらすぐに交換したほうが安心です。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換左右ともドライブシャフトを取り外します。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換 シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換取り外してブーツを見てみるとやはり亀裂がかなり入っていました。もう少しでパックリと大きく切れるところでした。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換 シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換そして、ドライブシャフトを取り外すついでにインターミディエイトシャフトも取り外し、ブリーザーチャンバーのパッキンも交換しました。このタイミングで同時に行うと工賃がお得です。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換画像の中央上部にある黒いボックスがブリーザーチャンバーです。ブローバイガスとオイルを分離させる役割ですが、ホースが刺さる箇所のパッキンが劣化するとオイル漏れが発生します。シビックタイプR(EK9) ブリーザーチャンバーパッキン交換 シビックタイプR(EK9) ブリーザーチャンバーパッキン交換こちらが取り外したブリーザーチャンバーです。こんな感じでホースが刺さる箇所が計3箇所あり、それぞれにパッキンが入っています。それらをリフレッシュさせていただきました。シビックタイプR(EK9) ブリーザーチャンバーパッキン交換 シビックタイプR(EK9) ブリーザーチャンバーパッキン交換続いて、ドライブシャフトを外しているのでデフサイドシールもリフレッシュさせていただきました。ドライブシャフトが刺さっている左右のホールの周りにあるシールです。こちらは特に劣化していたわけではないのですが、このタイミングで交換すると工賃がお得です。シビックタイプR(EK9) デフサイドシール交換こちらが取り外したデフサイドシール(左)と新品(右)です。シビックタイプR(EK9) デフサイドシール交換こんな感じでデフサイドシールの交換完了です。このタイミングでやればささっと終わります。シビックタイプR(EK9) デフサイドシール交換 シビックタイプR(EK9) デフサイドシール交換最後にリビルトのドライブシャフトの取り付けです。こちらがリビルトのドライブシャフトです。リビルトと言ってもブーツは新品ですし、ドライブシャフト自体もオーバーホールしてリフレッシュ済なのできれいです。こちらを取り付けさせていただきました。シビックタイプR(EK9) ドライブシャフト交換

SPOONトレーリングアームブッシュ交換

EK型やDC型のモデルにはリアにトレーリングアームというアームが装着されています。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換ここに装着されている大きいブッシュの劣化がよく発生します。こちらのEK9も同様にブッシュに亀裂が入ってきていたので、SPOONのブッシュに打ち替えをさせていただきました。純正品はアームASSYでの供給だったのですが、現在は製廃になっているためリフレッシュするには社外品のブッシュにて打ち替えとなります。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換このアームは取り外すにも一苦労で、リアの足回りをごっそりと取り外す感じになります。ジャッキで支えながら取り外していきます。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換こちらが取り外したアーム達です。こんな感じでごっそりと取り外します。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換ブッシュを見てみるとやはり亀裂が大きくなっています。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換 シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換それではブッシュを打ち抜きます。プレス機を使って打ち替えを行います。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換取り付けするブッシュはSPOONの強化ブッシュです。純正より硬くはなりますが、そこまで乗り心地は悪化しないです。シビックタイプR(EK9) SPOONトレーリングアームブッシュ シビックタイプR(EK9) SPOONトレーリングアームブッシュ シビックタイプR(EK9) SPOONトレーリングアームブッシュこちらがSPOONブッシュを打ち込んだトレーリングアームです。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換 打ち込む際の位置も純正と同じ位置に合わせて打ち込んでいます。ここがねじれるとブッシュ本来の動きが出てきません。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換トレーリングアームを車体に取り付けしました。取り付けるとブッシュはそこまで見えないので交換した感じがないですが、劣化したブッシュからSPOONブッシュにするとリアがシャキッとした感じのフィーリングになります。シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換 シビックタイプR(EK9) トレーリングアームブッシュ交換今回の作業は以上となります。S様、作業のご依頼ありがとうございました。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 AP1 Moduloウイング取り付け
  2. DC5 車高調 SPIRIT
  3. HMR インテグラタイプR(DC5)
  4. 98DC2タイプRミッションオイル交換
  5. シビックタイプR(EK9)K20Aエンジン
  6. シビックタイプR(EK9)ブレーキキャリパーOH画像
PAGE TOP