TEINの車高調とオプションのBBSアルミを履いたS2000(AP1)納車点検を行いました。

S2000(AP1)納車点検

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のムラシタです。今回は純正オプションのBBSアルミホイールを装着し、赤いボディに幌も同色でまとめたS2000(AP1)の納車前整備を行いました。作業を担当したのはメカニックのワタナベです。

S2000(AP1)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは綺麗で問題ありませんでした。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。定期的に点検をして汚れが酷い場合は交換することをおススメします。同時に、エアクリーナーとスロットルを繋ぐダクトも切れ等の損傷がないかチェックします。どの車両にも言えますが年数経過とともに亀裂が入ったり裂けてしまう事があるので、年数が経っている場合は要チェックですね。S2000(AP1)エアクリーナー点検次にスパークプラグの点検です。こちらもガイシの焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。中心電極の摩耗が進んでいくとエンジンの吹け上がりなどに影響してくるので定期的な点検・交換がおススメです。S2000(AP1)プラグ点検続いてラジエターの点検です。アッパータンクや、サブタンクの割れやカシメ部からの漏れをチェックします。サブタンクに劣化による穴が空いてたので、こちらは新しいものと交換します。S2000 AP1 ラジエター点検S2000も年数が経ち、樹脂パーツの劣化が増えてきましたね。S2000 AP1 ラジエター点検続いて車両をリフトアップしてオイルパンからエンジンオイルを抜き、同時にオイルフィルターも交換します。S2000 AP1 オイル交換HMRでは納車前整備時はエンジンオイルは全車交換しています。オイルフィルターは通常のメンテナンスではオイル交換2回に1回の交換をおススメします。S2000 AP1 オイルフィルター交換トランスミッションオイルも抜きます。少し焼けて劣化していますね。エンジンオイルに比べて頻繁に交換しないオイルですが、スポーツ走行を行うと劣化が進みミッションを痛める原因にもなります。定期的な交換をしておきたいですね。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換デフオイルを抜きます。走行距離が走っている車両としてはまだ綺麗な状態ですね。新しいオイルでリフレッシュしましょう!S2000 AP1 デフオイル交換デフやトランスミッションなどのドレンボルトはマグネットになっていて、オイルの中の鉄粉を吸着する役割を持っているので、オイル交換の際はドレンボルトもしっかりと清掃しておきましょう!S2000 AP1 ドレンボルトクーラント液も交換のために抜いておきます。S2000 AP1 クーラント交換新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正品のMTF-3を使用します。こういった精密な箇所にはメーカー純正品が安心ですね♪S2000 AP1 トランスミッションオイル交換デフオイルを入れます。こちらもHONDA純正品のHGO-3を使用します。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換次に下回りの点検です。ブレーキの点検とサスペンションの点検をします。ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。もちろんブレーキパッドの残量チェックも行います。残量も残っているので問題ありませんね。S2000 AP1 ブレーキ点検こちらの車両には車高調が装着されているので、ロックシートが緩んでいないか点検します。S2000 AP1 車高調点検 下回りの点検が終わったら、新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。S2000 AP1 エンジンオイル交換新しい冷却水もこのタイミングで入れます。S2000 AP1 クーラント交換フロントのスモールランプが切れていたので、これも交換します。S2000 AP1 スモールバルブ交換スペアタイヤの空気圧をチェックし、発炎筒を新しい期限のものと交換してタイヤをつけて基本の納車前整備は終了です。S2000(AP1)納車点検S2000(AP1)納車点検S2000(AP1)納車点検

S2000(AP2)リヤブレーキオーバーホール

左のリヤブレーキが固着していたので、ブレーキキャリパーのオーバーホールを行います。S2000(AP1)ブレーキO/Hブレーキキャリパーを外してブレーキピストンを取り出します。ピストンブーツの破れや、空気中の水分を吸って劣化したブレーキフルードなどが原因でブレーキピストンが錆びてしまい、動きが悪くなってしまっている状態です。S2000(AP1)ブレーキO/Hこのまま放置すると錆がどんどん進行し、ブレーキピストンが戻らなくなってしまいます。常にブレーキが効いた状態になってしまう為、動きが悪くなったり、最悪ブレーキによって発熱した各部品の破損や車両火災が起こることも。。。S2000(AP1)ブレーキO/Hブレーキキャリパーの方にも錆が出ています。こちらは再利用するので丁寧にクリーニングします!S2000(AP1)ブレーキO/Hクリーニングが終了したら新しい部品を組み付けて、車体に取り付けます。そのあとブレーキフルードの交換&エア抜きをして作業は終了です。S2000 AP1 ブレーキフルード交換

S2000(AP1)スタビリンク交換

下回り点検のときにスタビリンクのブーツが切れているのが見つかったためスタビリンクを交換します。スタビリンクの取り外し時は、中のジョイントが共回りしないように六角レンチで固定しながら取り外しますが、ここは錆びて潰れやすくなっているため、慎重に取り外します!S2000 AP1 リアスタビリンク交換新しいものに交換します。これでスタビリンクの交換は終了です。S2000 AP1 リアスタビリンク交換S様ご契約ありがとうございました。S2000の走りをご堪能下さい♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラ(DB8)納車前整備
  2. S2000 AP2 スティフナー取り付け
  3. NSXラジエター交換
  4. S2000リビルドミッション交換作業画像
  5. EK9ブレーキキャリパーOH画像
PAGE TOP