ダークブルーのS2000(AP1)で納車整備を行いました。

S2000(AP1)納車点検

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のムラシタです。今回はアドバンのアルミホイール&TEINの車高調でいつ走行会にでても大丈夫!な感じにきまったS2000(AP1)ダークブルーの納車前整備を行いました。作業を担当したのはメカニックのモリヤマです。S2000(AP1)納車点検

S2000(AP1)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは社外のフィルターが破れていたので純正に交換です。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります、定期的に点検をして汚れが酷い場合は交換することをおススメします。同時に、エアクリーナーとスロットルを繋ぐダクトも切れ等の損傷がないかチェックします。どの車両にも言えますが年数経過とともに亀裂が入ったり裂けてしまう事があるので、年数が経っている場合は要チェックですね。S2000(AP1)エアクリーナー点検S2000(AP1)エアクリーナー点検次にスパークプラグの点検です。こちらもガイシの焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。劣化が進んでいくとエンジンの吹け上がりなどに影響してくるので定期的な点検・交換がおススメです。S2000(AP1)プラグ点検続いてラジエターの点検です。アッパータンクの割れやカシメ部からの漏れチェックやラジエターホースの点検をします。ホースが劣化するとブヨブヨとして弾力が無くなって、最後は弱くなった部分から漏れてしまいます。今回の車両は、しっかりと弾力性もあり良好でした。続いてバッテリーの点検をします。ここでは各端子が緩んでいないかどうか、バッテリーステーに緩みがなくしっかりと固定されているかチェックします。端子の緩みなどによりエンジンがかからなくなることもあるので注意が必要ですね。S2000(AP1)バッテリー点検スプールバルブ、ヘッドカバーのオイル漏れ点検もします。スプールバルブからのオイル漏れもありませんでした。ここはS2000に限らずスプールバルブは年数が経過するとパッキンから漏れが起きやすいので要チェックです。S2000 AP1 スプールバルブ点検ブレーキ及びクラッチマスターの漏れもチェックします。こちらも正常でした。S2000 AP1 ブレーキ点検S2000 AP1 クラッチ点検続いて車両をリフトアップしてオイルパンからエンジンオイルとクーラントを抜き、同時にオイルフィルターも交換します。HMRでは納車前整備時はエンジンオイルは全車交換しています。オイルフィルターは通常のメンテナンスではオイル交換2回に1回の交換をおススメします。S2000 エンジンオイル交換S2000 AP1 オイルフィルター交換トランスミッションオイルも交換します。綺麗な状態ですね。エンジンオイルに比べて頻繁に交換しないオイルですが、スポーツ走行を行うと熱による劣化が進みミッションを痛める原因にもなります。定期的な交換をしておきたいですね。S2000 AP1 ミッションオイル交換デフオイルを交換します。こちらも走行距離を走っている車両としてはまだ綺麗な状態ですね。デフやトランスミッションなどのドレンボルトはマグネットになっていて、オイルの中の鉄粉を吸着する役割を持っているので、オイル交換の際はドレンボルトもしっかりと清掃しておきましょう!S2000 AP1 デフオイル交換新しいトランスミッションオイル、デフオイルを入れます。オイルはHONDA純正品を使用します。こういった精密な箇所にはメーカー純正品が安心ですね♪S2000 AP1 トランスミッションオイル交換S2000 AP1 デフオイル交換次に下回りの点検です。ブレーキの点検をします。ここではピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。S2000 AP1 ブレーキ点検もちろんブレーキパッドの残量チェックも行います。しっかり残量も残っているので問題ありませんね。S2000 AP1 ブレーキ点検リアブレーキも同じように点検していきます。こちらはブーツなどは問題ありませんでしたが、ピストンが固着していて戻りが悪いので後程キャリパーのオーバーホールします。S2000 AP1 ブレーキ点検パッドの残量はまだまだ残っていますね。S2000 AP1 ブレーキ点検下廻りの点検が終わったら車両を下げてクーラント液と新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。もちろん100%化学合成油です!S2000 AP1 クーラント交換以上で基本の納車点検と油脂類の交換作業は終了です。

S2000(AP1)リヤブレーキキャリパーのオーバーホール

S2000もブレーキキャリパーが固着している車両が多くなってきました。発売から20年も経てば致し方ないところでもありますね。リヤキャリパーを外しピストンを抜き取りますが、固着しているとこの作業が大変です・・・
S2000(AP1)ブレーキO/Hだいぶキャリパーの中からサビが出てきました。
S2000(AP1)ブレーキO/H
ピストンにもサビがだいぶ出てますね。茶色いスジが錆です。この錆がキャリパーとくっついてしまい動かなくなってしまいます。S2000(AP1)ブレーキO/H進行してしまった錆は取り除けないので、新品のピストンに交換します。
S2000(AP1)ブレーキO/Hピストンシール、ダストブーツと新品のピストンを組付けて完成です!
S2000(AP1)ブレーキO/H最後にブレーキフルードの交換とエア抜きを行い作業は終了です。
M様ご契約ありがとうございました。S2000楽しんで下さいね♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1) O2センサー画像
  2. S2000(AP1)S2000(AP1)納車点検
  3. S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換
  4. S660 JW5 エンジンルーム点検
  5. S2000 TYPE-S リアハブ取付
PAGE TOP