大人気のTYPE-S!S2000TYPE-Sの納車前整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回はS2000 TYPE-Sの納車前整備を行いました。SPOONダンパーでハンドリングもGOOD!2.2リッターの余裕のある走りを楽しめるAP2です!S2000 TYPE-S 納車前整備

S2000 TYPE-S(AP2)納車前整備

S2000 TYPE-S 納車前整備エアクリーナーの点検です。このフィルターが詰まってしまうとエンジンの吸入空気が少なくなってしまい燃費の悪化やエンジンの不調の原因になることも。汚れが酷い場合は交換したい部品ですね。S2000 TYPE-S エアクリーナー点検ラジエターホースの点検です。劣化もなく良好ですね。S2000 TYPE-S ラジエターホース点検ラジエターの点検です。アッパータンクの劣化やカシメ部分から冷却水が漏れていないか点検します。S2000 TYPE-S ラジエター点検ブレーキマスターの漏れの点検をします。周辺にブレーキフルードが漏れ出した跡もなく、ブレーキフルードの量も問題なしですね。S2000 TYPE-S ブレーキマスター点検クラッチマスターの点検です。こちらも良好な状態です。クラッチマスターの漏れ点検では車内のプッシュロッドからの漏れも点検します。S2000 TYPE-S クラッチマスター点検VTECスプールバルブの点検です。こちらはVTECを作動させるアクチュエーターで、油圧が掛かるためパッキンが劣化すると漏れが発生しやすい箇所です。S2000 TYPE-S スプールバルブ点検バッテリーの点検です。端子の緩みがないか、固定がしっかりしているか確認します。S2000 TYPE-S バッテリー点検補機ベルトの点検です。ベルトの劣化によるヒビや張り具合をチェックします。S2000 TYPE-S 補機ベルト点検スパークプラグの点検です。電極の摩耗もなく良好ですね。S2000に搭載されるF22Cはスパークプラグへのアクセスが簡単で作業がしやすいです♪S2000 TYPE-S スパークプラグ点検次はブレーキの点検です。こちらの車両にはドリルドローターが装着されていますね!S2000 TYPE-S ブレーキ点検ブレーキパッドの残量も問題なしですね。S2000 TYPE-S ブレーキ点検リアブレーキの点検です。キャリパーピストンの固着もなく良好な状態です♪S2000 TYPE-S ブレーキ点検S2000 TYPE-S ブレーキ点検エンジンオイルを交換します。汚れていますね。新しいオイルでリフレッシュしましょう!S2000 TYPE-S エンジンオイル交換オイルフィルターも交換します。S2000 TYPE-S オイルエレメント交換トランスミッションオイルを交換します。こちらはきれいな状態ですね。最近メンテナンスされていたようです。S2000 TYPE-S toデフオイルを交換します。トランスミッションやデフオイルは少ない量で稼働しているので、1年に1回は交換したいですね!下廻りの作業が終了したら、新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。最後にブレーキフルードの交換&エア抜きをして作業は終了です。

S2000 TYPE-S(AP2)ドライブシャフトインボードジョイント交換

試乗チェックの際、速度50~60キロの加速時にリアから不快な異音が発生していました。こちらの症状は以前HMRデモカーのS2000でも同様の症状が出ていたので、まずはドライブシャフトの点検を行いました。その時のデモカーの作業内容はこちら→S2000加速時の振動。原因はドライブシャフトだった!ドライブシャフトのインナー側を分解していきます。中にはグリスとスパイダと呼ばれるベアリングが付いています。今回の正体はこちら。ベアリングのアウターレースに。。。ちょうどベアリングが通る箇所に傷がありました。この溝の中をベアリングが動きます。そして動くたびに傷の部分の段差を乗り越えていくので、それが異音や振動となって現れているようです。今回は傷のあったアウターレースにスパイダも交換します!スパイダをドライブシャフトに組付けていきます。ドライブシャフトを組み立てたら、車両に取り付けてもう一度同じ条件で試運転して異音を確かめます。無事に異音は無くなったことを確認して作業は終了です。

S2000 TYPE-S(AP2)リアロアアームブーツ交換

次にリアロアアームのブーツが破けているのでそちらを交換します。ジョイント部のブーツは破けていると車検に通らないだけでなく水や異物の侵入によりジョイント部が破損してしまい、最悪事故になってしまうことも。ブーツは劣化して縮んでしまい、一番ストレスの掛かる部分から裂けていきます。新品と比べると劣化の具合は一目瞭然ですね。ジョイント部に新しいグリスを塗布して、ブーツをはめ込んだら作業は終了です。

S2000 TYPE-S(AP2)ヘッドカバーパッキン&タイミングチェーンテンショナーOリング交換

最後にエンジンルームの点検にてヘッドカバー、タイミングチェーンテンショナーからオイル漏れが発生していたため、こちらのパッキン、Oリングを交換します。S2000では定番症状ですね。タイミングチェーンテンショナーはVTECスプールバルブの下側に設置されています。ヘッドカバーを外すと本日のメカメカしいのが来ました!VTECの機構がある分、他のエンジンに比べてヘッドカバーに高さがあります。お目当てのパッキンをヘッドカバーから取り外します。パッキンを外した後はきれいにクリーニングします♪同時にタイミングチェーンテンショナーのパッキンも交換します。タイミングチェーンテンショナーはタイミングチェーンの張りを一定に保つ働きをしています。S2000も年数が経ち、寿命を迎える部品も増えてきました。これからはカスタムよりメンテナンスを優先してコンディションの良い状態を保っていきたいですね♪以上で全ての作業が終了となります!M様ご成約ありがとうございました♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビック タイプRユーロ ロアアーム ドイラブシャフト
  2. S2000(AP1)ウェザーストリップ交換
  3. インテグラタイプR(DC2)納車前点検
  4. シビックタイプR(FD2)整備画像
  5. シビックSiR2(EG6)納車前点検
PAGE TOP