走りも楽しい大人のセダン!アコードユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。

アコードユーロR CL7 納車前整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回はアコードユーロR(CL7)の納車前整備を行いました。TYPE-Rほど尖ったセッティングではありませんが、その分乗り心地も良く快適なドライブが楽しめる一台です♪アコードユーロR CL7

アコードユーロR(CL7)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは綺麗な状態ですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは汚れが酷い場合は交換することをおススメします。アコードユーロR CL7 エアクリーナー点検次にスパークプラグの点検です。こちらも碍子の焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。CL7は他のK型エンジン搭載車に比べてエンジンルームが広いため、作業しやすいです♪アコードユーロR CL7 スパークプラグ点検ラジエターホースの点検です。こちらも劣化もなく良好です♪アコードユーロR CL7 ラジエターホース点検ラジエターのアッパータンクにも劣化もなく良好です。アコードユーロR CL7 ラジエター点検エアフローチューブの点検です。蛇腹部分やセンサーの分岐などにヒビ割れや裂けが生じることが多いので、注意が必要です。アコードユーロR CL7 エアフローチューブ点検バッテリーの点検です。端子やバッテリー本体の固定を確認します。また補水式のバッテリーの場合はバッテリー液の量も確認します。アコードユーロR CL7 バッテリー点検クラッチマスターの点検です。クラッチフルードの漏れもなく正常です。クラッチマスターは車内側のプッシュロッドの部分からの漏れもチェックします。アコードユーロR CL7 クラッチマスター点検ブレーキマスターの漏れの点検です。自動車の止まるを支える重要な部品なので、念入にチェックします!アコードユーロR CL7 ブレーキマスター点検続いてブレーキの点検です。走る・曲がる・止まるを支える重要なパーツです。ここではブレーキパッドの残量やキャリパーピストン、ピストンブーツが劣化していたり、固着していないか点検します。アコードユーロR CL7 ブレーキ点検アコードユーロR CL7 ブレーキ点検リアブレーキも同じように点検します。HONDAお馴染みの十字溝のあるキャリパーピストンが見えます。アコードユーロR CL7 ブレーキ点検リアのブレーキパッドの残量も問題なしです♪アコードユーロR CL7 ブレーキ点検ブレーキの点検が終わったら、車両を上げてエンジンオイルを交換します。結構汚れているので交換時期だったようです。アコードユーロR CL7 エンジンオイル交換オイルフィルターも交換します。オイルフィルターはエンジンオイル2回に1回の交換がベストですね!シビックタイプR(EK9)エンジオイルフィルター交換トランスミッションオイルを交換します。K型エンジン搭載車はドレンボルトとサブフレームの距離が近いため、なかなか作業しづらいです(泣)アコードユーロR CL7 トランスミッションオイル交換下廻りの整備が終了したら、車両を下げてエンジンオイルを入れます。アコードユーロR CL7 エンジンオイル交換最後にブレーキフルードの交換&エア抜きをして作業は終了です。M様ご成約ありがとうございました!アコードユーロR CL7 ブレーキフルード交換

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  2. S2000 TypeS リップスポイラー 流用
  3. HMR S2000画像
  4. s2000(AP1)幌交換
  5. S2000 幌交換作業画像
  6. インテグラタイプR(DC2)デスビ交換画像
PAGE TOP