スタッフみんなでエビスサーキットに行ってきました

エビスサーキット

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。7月20日に臨時で定休日にして、スタッフ全員でエビスサーキットに行ってきました。走り好きなスタッフばかりで、当社のユニークな福利厚生であるサーキットサポートを使い、お金がかからずにサーキット走行を楽しめます。最近は忙しすぎて全く行けなかったので、今回は遠出してエビスサーキットのマンデーチャレンジを利用し、東コースを一日中走ってきました。

参加スタッフと車両

エビスサーキット
私は衝動買いしたデモカーのNSXで参加しました。冷却系をリフレッシュし、フルバケを入れて4点式ベルトも装着したので、サーキットを全開で走らせてみたかったんですよね。HMR NSX続いてチーフメカニックムラマツのFD2。アクレにて4podキャリパーとビッグローターを購入していたので、その慣らし&フィーリングチェックも兼ねての走行でした。シビックタイプR(FD2)エビスサーキットアドバイザー&メカニックのワタナベはDC2で参加。今回も奥さんと2人で1日中走ってました^ ^インテグラタイプR(DC2)メカニックのムラシタは代車のトルネオでいつも通り安全運転での走行♪ ・・・まだこの時はこれがトルネオ最後の勇姿とは誰も思わず。。。トルネオ ユーロRメカニックのモリヤマは愛車のスイフトスポーツ!ラリー好きなのがよくわかるレプリカ仕様ですが、サーキット走行は人生で今回が初めて。ドキドキですね。スイフトスポーツそして、この走行の2日前に入社した新人アドバイザーのハヤトは愛車のEK9で参加。シビックタイプR(EK9)洗車バイトで毎日頑張ってくれているサキちゃんは、元当社のテストカー86を購入し、サーキットは初走行です。86(ZN6)最後に8月のFuji1-GPに参戦予定のDC5のテスト走行をしました。HMR インテグラタイプR(DC5)

NSXのフィーリングは色々と重い

今回が初サーキット走行になるNSX。私自身もNSXをサーキットで走らせるのは初めてです。街乗りから感じていることですが、ステアリングは重いしブレーキペダルもかなり重い。AT車両ベースの6MT載せ換えなので一応パワステは装着されているのですが、それでもステアリングはなかなかの重さです。ブレーキのマスターバックはついていますが、それなりの踏力がないと全く効きません。HMR NSX エビスサーキット装着している車高調はKSPの街乗り仕様ですが、サーキットで腰砕けになる感じはなく、減衰力調整も全くしないでそのまま走れました(街乗りはかなり快適な乗り心地です)。HMR NSX エビスサーキットただ、フロントの回頭性は街乗りでも感じた通り悪く、ミッドシップ特有のアンダー傾向な挙動です。HMR NSX エビスサーキットHMR NSX エビスサーキットブレーキをもっと残してリアの荷重を抜いてあげれば曲がるのでしょうが、ブレーキがあまり効かなく強く踏めばすぐにABSが介入しまう感じでした。これでも後期型のABSです。車両価格が高額なので不安で結構手前からブレーキを踏んでしまい、コーナーでうまくブレーキを使えていないのも原因でしょう。HMR NSX エビスサーキットHMR NSX エビスサーキットでも、3000ccのトルクフルなエンジンとVTECでの高回転の伸びはかなり気持ちいいです。エビス東は高低差がかなりあり、最終コーナーからは急勾配です。ここもグイグイと登ってくれます。HMR NSX エビスサーキットHMR NSX エビスサーキットサーキットでガンガン安心して攻めるためにも、キャリパー交換&ビッグローター、サーキット用のブレーキパッドを導入しようと思います♪♪

Fuji1-GP参戦用のDC5

続いて8月16日に富士スピードウェイで開催されるお遊び4時間耐久レースであるFuji1-GPに参戦するために突貫で作ったDC5です。事故車をベースにヤフオクで買ってきた中古パーツと社内に転がっていた中古パーツを寄せ集めてを作った車です。まずはまともに走るのか?というレベルからのスタートでした。HMR インテグラタイプR(DC5)オイルクーラーを装着したのと、ブレーキローターは新品を入れたので、オイル漏れのチェックとローターの慣らしを数週に渡って行いました。HMR インテグラタイプR(DC5)オイル漏れはなく、ブレーキのアタリがついたらガンガン全開で走行できました。中古パーツ&突貫で作りながらもしっかりとメカニックが作り上げてくれたのでかなり楽しめました。エビスサーキット HMR DC5もっと車高を落としたかったのですが、中古の車高調のロアシートが固着して回せず、ノーマルくらいな車高です。Fuji1GPまでの時間はあまりないので、このままで次は富士スピードウェイでテストです♪

スタッフみんなワイワイと楽しんで走行

参加したスタッフはみんなそれぞれかなり楽しんで走行しました。スタッフ同士で車を入れ替えて乗ったり、あ〜でもないこ〜でもないとサーキット走行ならではの会話をしながら1日中楽しみました。トランポにジャッキ、工具、エアツール、ペール缶で油脂類などなど何かあっても修理できるような準備もして行くので、みんな安心して走行できました。

当社はよくあるような飲み会とかは一切やらなく、みんな同じ趣味のサーキット走行やドライブを社内イベントとしてやっています。誰か1人でもつまらない思いをするような社内イベントはしたくないので、みんな同じ趣味だと全員が楽しめていいですね。

代車のトルネオ クラッシュ・・・。

無事に事故もなく終わりました!と言いたいところでしたが、初サーキットのメカニックモリヤマがやらかしました。マイカーのスイフトスポーツからトルネオに乗り換えてちょっとお試し走行のつもりが、グイグイ曲がって走ってくれるからつい踏んでしまったと。赤旗が出てなんだ?と思ったら1コーナーの先でイン巻きしてフロントからグッしゃり行ってました。エビスサーキットトルネオユーロR戻ってきたらこんな感じ。トルネオ クラッシュトルネオ クラッシュトルネオ クラッシュひたすら謝ってました(笑)トルネオ クラッシュトルネオ クラッシュトルネオ クラッシュトルネオ クラッシュ翌日からムチ打ちに苦しめられていましたが、大きな怪我はなく良かったです。そんなこんなで、代車で楽しめるマニュアル車は当面なくなります〜。また何か用意しようと思います。CL7のユーロRを代車にと検討中ですのでお楽しみに♪ホンダ車エビスサーキット

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. Fuji-1 GP S2000画像
  2. HONDA シビック 『クールナッツ 百式自動車 G モーション EG6』
  3. HMR走行会
  4. HMR HONDA
PAGE TOP