98SPECのインテグラtypeRの納車点検を行いました。

インテグラTypeR DC2 ドライブシャフト 交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のムラシタです。今回はインテグラタイプR(DC2)の納車前整備です。こちらは98SPECでフロントに社外のリップスポイラーが装着された希少なお車です。作業は、メカニックのモリヤマが行いました。インテグラTypeR(DC2)納車点検

インテグラタイプR(DC2)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは少し汚れていますが問題なしですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは汚れが酷い場合は交換することをおススメします。スパークプラグも点検します。こちらも電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。こちらの車両は、NGKのイリジウムプラグが入っていました!イリジウムプラグは10万キロが交換目安になってますが、サーキット等走られる方はこまめに点検して必要に応じて交換しておきたいですね。
インテグラタイプR DC2 エアクリーナー点検インテグラタイプR DC2 スパークプラグ点検その他にも、補機ベルトやラジエター、クラッチマスター、ブレーキマスター等のチェックをしてエンジンルームの点検は終了です。ここでスプールバルブからのオイル漏れが確認できたので、後ほどパッキンを交換します。
インテグラタイプR DC2 ブレーキ点検インテグラタイプR DC2 ラジエーター点検インテグラタイプR DC2 スプールバルブ点検続いて下廻りの点検を行います。ここでは、オイル漏れのチェックや各部のブーツ類なども点検します。こちらの車両はオイルパンよりオイル漏れが確認できたので、後ほどパッキンの交換をします。さらにドライブシャフトのブーツに切れが見られたので、こちらはドライブシャフトごと新しく交換します。下廻りの点検が終了したら次に、トランスミッションオイルの交換を行います。こちらは汚れはあまり出ていないですが、少し焼けて劣化していますね。エンジンオイルに比べて少ない量で仕事をしなければならないオイルなので定期的に交換したいですね。オイルが抜けたら、新しいオイルを入れます。入れるオイルはやはり純正が一番相性が良いのでそちらを入れます。インテグラタイプR DC2 トランスミッションオイル交換インテグラタイプR DC2 トランスミッションオイル交換続いて冷却水も交換します。インテグラタイプR DC2 冷却水交換ブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。インテグラタイプR DC2 ブレーキ点検インテグラタイプR DC2 ブレーキ点検下廻りとブレーキの点検が終わったら、新しい冷却水を入れます。インテグラタイプR DC2 クーラント交換
クーラントを入れたらブレーキフルードの交換を行います。インテグラタイプR DC2 ブレーキフルード交換
最後にタイヤの残り溝や空気圧をチェックしてタイヤを取り付けて基本の整備は完了です。

インテグラタイプR(DC2)オイルパンパッキン交換

続いてオイル漏れが発生しているオイルパンパッキンを交換します。DC/EKでは定番の症状ですが、スポーツVTEC装着車はオイル消費が多い為できるだけ早めに交換したい部品ですね。オイルパンとシリンダーブロックの間からかなりオイルが漏れていますね。インテグラタイプR DC2 オイルパンパッキン交換オイルパンを外して古いパッキンを取り除き、オイルパンを清掃したら新しいパッキンを取り付けます。インテグラタイプR DC2 オイルパンパッキン交換パッキンがずれないように中心から外側に向かって取り付けナットを締めていきます。あとは部品を元に戻して漏れたオイルで汚れてしまった周辺をキレイにクリーニングします。インテグラタイプR DC2 オイルパンパッキン交換オイルフィルターの交換をして新しいエンジンオイルを入れ、最後にエンジンを始動させて漏れを確認してオイルパンのパッキン交換作業は終了です。インテグラタイプR DC2 オイルフィルター交換

インテグラTypeR(DC2)ドライブシャフト交換

続いてドライブシャフトの交換を行います!交換するドライブシャフトはリビルト品のものへと交換します。外したドライブシャフトはアウター側のブーツが裂けてしまっていますね。
インテグラTypeR DC2 ドライブシャフト 交換
リビルト品と並べてみました。新品同様にピカピカですね。年数が経過している車両ではブーツのみ修理してもシャフトのベアリングが摩耗している可能性もあるのでリビルト品でリフレッシュしてしまうのがおススメです。
インテグラTypeR DC2 ドライブシャフト 交換
各部の状態を確認して元通り組み付けていきます。
インテグラTypeR DC2 ドライブシャフト 交換
組み付けが終わってもいきなり走行してはいけません。リフト上で空転させて左右にハンドルを切って異常がないか確認してから走行テストを行います。これでドライブシャフトの交換は完了です。

インテグラTypeR(DC2)パワーウィンドウレギュレータモーター交換

次に、助手席側のパワーウィンドウの動きが渋く上がりにくい状態になっていたので、レギュレータモーターを交換します。ドアの内張りを外してレギュレータを取り外します。インテグラTypeR DC2 パワーウィンドウレギュレータ交換インテグラTypeR DC2 パワーウィンドウレギュレータ交換レギュレータを引き出したら、モーターを新しく交換します。外したモーターの歯車の部分がサビと劣化により色が変わってました。インテグラTypeR DC2 パワーウィンドウレギュレータ交換後は、外したのと逆の手順で元に戻して作業終了です。窓ガラスの動きがスムーズになりました。インテグラTypeR DC2 パワーウィンドウレギュレータ交換

インテグラTypeR(DC2)スプールバルブパッキン交換

次は、VTECの切り替えを作動させるスプールバルブからのオイル漏れが確認できたので本体のパッキンを交換します。インテグラTypeR DC2 スプールバルブP/K交換本体を外したら、古いパッキンを剝がして、新しいパッキンを組み付けます。パッキンの劣化によるオイル漏れや、フィルター部が汚れで詰まったりするとVTECの切り替えがスムーズに行われなくなったりするので、定期的に点検をしておきたいですね。インテグラTypeR DC2 スプールバルブP/K交換
以上で納車点検作業は終了です。S様ご成約ありがとうございました。どうぞインテグラでの走りをお楽しみください♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. デモカーS2000オイル交換画像
  2. S2000 デモカー画像
  3. S2000メンテナンス画像
  4. RASY ZE40 NSX(NA1)
  5. S2000 AP1 ヘッドカバーパッキン交換
  6. フィットRS(GE8)納車前点検
PAGE TOP