インテグラタイプR(DC2)の6ヶ月点検とフロントブレーキのオーバーホール作業等を行いました。

インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのムラシタです。今回はインテグラタイプR(DC2)6ケ月点検と、フロントブレーキのオーバーホール、パッド&ローターの交換、ドライブシャフト交換、ラックエンドブーツ交換、オイルパンパッキンの交換のメンテナンス作業を行いました。DC2やEK9など年数も経ち、劣化した部品が増えてきましたね。しっかりメンテナンスして良好な状態を保っていきたいですね。作業はメカニックのムラマツです。
インテグラTYPER(DC2)

 インテグラタイプR(DC2) 6ケ月点検

まずは、エンジンルームのところでヘッドカバー等にオイル漏れがないかを確認し、下廻りのチェックを行います。
インテグラTYPER(DC2)6ケ月点検
インテグラTYPER(DC2)6ケ月点検
下廻りの点検を行ってみたところ、右側のドライブシャフトのブーツが切れていましたので、お客様とご相談しリビルトにて交換することになりました。その他にも、ラックエンドブーツの切れと、オイルパンからの漏れが確認できたので、それぞれ追加でメンテナンスを行うことになりました。

インテグラタイプR(DC2) ドライブシャフト交換

まずは、ドライブシャフトの交換をします。ブーツが切れてしまっていますね。
インテグラTYPER(DC2)6ケ月点検
ダンパーフォークを外して、ナックルのロア側のジョイントを外します。ドライブシャフトのスプラインはスルっと抜けてくれました。
インテグラTYPER(DC2)ドライブシャフト交換
ちなみに、右側のドライブシャフトはトランスミッションに直接刺さっているので、ドライブシャフトを抜くとオイルが出てくるのと、通常オイルが漏れないようシールパッキンがついているので、新しいものに交換しておきます。
インテグラTYPER(DC2)ドライブシャフト交換
インテグラTYPER(DC2)ドライブシャフト交換
リビルト品と並べてみました。新品同様にピカピカですね。
インテグラTYPER(DC2)ドライブシャフト交換
各部の状態を確認して元通り組み付けていきます。トランスミッションオイルが少し出てしまうので忘れずに補充します。組み付けが終わってもいきなり走行してはいけません。リフト上で空転させて左右にハンドルを切って異常がないか確認してから走行テストを行います。これでドライブシャフトの交換は完了です。
インテグラTYPER(DC2)ドライブシャフト交換

インテグラタイプR(DC2)ラックエンドブーツ交換

続いて、右側のラックエンドブーツにも、切れが見つかったのでこちらも交換します。
インテグラTYPER(DC2)ラックエンドブーツ交換
タイロッドエンドを外して、切れているラックエンドブーツを取り除きます。
インテグラTYPER(DC2)ラックエンドブーツ交換
新しいブーツを取り付け、タイロッドエンドなどを戻して交換終了です。
インテグラTYPER(DC2)ラックエンドブーツ交換

インテグラタイプR(DC2) オイルパンパッキン交換

続いてオイル漏れが発生しているオイルパンパッキンを交換します。DC/EKでは定番の症状ですが、スポーツVTEC装着車はオイル消費が多いためできるだけ早めに交換したい部品ですね。
インテグラTYPER(DC2)オイルパンP/K
まずはオイルパンを外す前にエンジンオイルを抜きます。そして、エキマニを外していきます。続いてステーを外します。これでオイルパンが外せます。
インテグラTYPER(DC2)オイルパンP/K
取り付けの外周の取り付けナットを外せば、オイルパンが取り外せます。落とさないように慎重に作業します。古いオイルパンパッキンにはスタッドボルトを通すワッシャーが埋め込まれています。これがスタッドボルトに残っていると、ダブルパッキン状態でまた漏れてしまうので取り外した時はしっかりと確認しましょう!パッキンを取り除き、オイルパンを清掃したら新しいパッキンを取り付けます。
インテグラTYPER(DC2)オイルパンP/K
インテグラTYPER(DC2)オイルパンP/K
あとはパッキンがずれないように中心から外側に向かって取り付けナットを締めていきます。取り付けが終了しました!あとは部品を元に戻して漏れたオイルで汚れてしまった周辺をキレイにクリーニングします。新しいエンジンオイルを入れます。
インテグラTYPER(DC2)オイルパンP/K
最後にエンジンを始動させて漏れを確認して作業は終了です。

インテグラタイプR(DC2)フロントブレーキオーバーホール&パッド・ローター交換

早速車体から取り外しました。
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
ピストンが外れました。もちろんピストンは新品交換です。
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
キャリパー本体にはうっすら錆が出ていたのでちょうどいいオーバーホールのタイミングでしたね。キャリパー内部を軽くホーニングしておきました。インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
新品ピストンとピストンシールを組み付けます。
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
スライドピンもキレイにクリーニングし、グリスアップして組付けます。
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
そして今回は、ノーマルでの交換ではなく、DIXELのディスクとACREのブレーキパッドに交換です!赤いパッドがカッコいいですね!
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
キャリパーを組付けてローター、パッドを組んでいきます。組付け作業が終わったら、ブレーキフルードを注入・エア抜きを行い、ペダルタッチを確認して終了です。
インテグラTYPER(DC2)ブレーキ交換
最後に、走行テストを行いブレーキローターの慣らしを行って完成です! 以上で作業終了です。I様ご依頼ありがとうございます。

お問い合わせ

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)前期モデル幌交換画像
  2. S660 SPOON サス交換
  3. S2000(AP1)ブレーキオーバーホール 無限マイクロメッシュブレーキライン
  4. S2000リビルドミッション交換作業画像
  5. S2000(AP2)幌交換
  6. インテグラタイプR(DC2)エアコンコンプレッサー交換
PAGE TOP