デモカーNSXにKOYOアルミラジエター&サムコラジエターホース取り付け

NSXラジエター交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。久々に登場したデモカーのNSXです。ご近所のKSPエンジニアリングさんにてAT→MT(6速)改装をしてもらい戻ってきたので、ここから痛んでいるところをリフレッシュします。今回はラジエターとホース、サーモスタットのリフレッシュ&チューンです。サーキット走行も考えてラジエターはKOYOのアルミラジエターにして、ホースはサムコのシリコンホース、サーモスタットは純正より10度低いローテンプサーモをチョイスしました。作業はメカニックのムラマツです。

NSX(NA1)エンジン側のラジエターホース交換

NSXはミッドシップエンジンでラジエターはフロントにあります。そのため、フロントからリアまで冷却水が循環しています。ラジエターホースも通常の車よりかなり多く使われています。そして、フロントからリアまで冷却水を循環させるので圧力も高いです。結果、ラジエターホースが劣化によりパンクというのがサーキット走行では気をつけたいところなのです。そこでデモカーのNSXにはサムコのシリコンラジエターホースを投入です。NSX(NA1)サムコラジエターホースまずは作業が大変なエンジン側のホースから交換します。邪魔なエアクリボックスを取り外します。NSX(NA1)ラジエターホース交換NSX(NA1)ラジエターホース交換エアクリボックスを取り外すとラジエターホースが見えてきます。NSX(NA1)ラジエターホース交換これらを取り外します。NSX(NA1)ラジエターホース交換NSX(NA1)ラジエターホース交換エンジン側だけでもこれだけのホースがあります。NSX(NA1)ラジエターホース交換そして、ホース自体は硬化していませんが、先端部分の劣化は見受けられます。NSX(NA1)ラジエターホース交換こんな感じでホースが全て外れているので、サーモスタットもリフレッシュ&チューンを兼ねて交換します。NSX(NA1)ラジエターホース交換導入したサーモスタットは68度で弁が開くローテンプサーモです。NSX(NA1)ローテンプサーモスタット純正のサーモスタットを取り外します。冷却水を事前に抜いていてもサーモを外すときは冷却水がドバッと出ますね。NSX(NA1)サーモスタット交換NSX(NA1)サーモスタット交換純正の温度は78度です。なのでローテンプサーモで10度低く弁が開くようになります。NSX(NA1)純正サーモスタット交換サーモスタットの交換が終わったらサムコのラジエターホースを取り付けます。NSX(NA1)サムコラジエターホースリザーバーダンクも戻してここにもサムコのホースを装着。NSX(NA1)サムコラジエターホースエアクリボックスを戻して完了です。エアクリボックスがつくとあまり見えないですが、それでもチラッと見えるブルーがいいですね。NSX(NA1)サムコラジエターホース

NSX(NA1)フロント&フロアのラジエターホースとKOYOアルミラジエター交換

続いてフロント側とフロアの作業を進めます。フロントはラジエターがあるので、KOYOのアルミラジエターも同時に投入します。それでは交換作業に入ります。まずはラジエターホースの下側のバンドを外します。NSX(NA1)ラジエター交換続いて上側を外します。NSX(NA1)ラジエター交換ファンシュラウドを取り外します。NSX(NA1)ラジエター交換NSX(NA1)ラジエター交換シュラウドを取り外したらアッパーホースが外せるようになります。NSX(NA1)ラジエター交換 最後にラジエターの取り外しです。ロアホースはそのままつけた状態で取り外します。NSX(NA1)ラジエター交換こんな感じでラジエターとホースを取り外してスッキリしたフロントスペース。NSX(NA1)ラジエター交換今回装着するKOYOのアルミラジエターです。NSXを得意とするショップからアルミラジエターは各種販売されていますがどれもかなり高額なプライスでして、KOYOが一番安かったのでKOYOにしました。NSX(NA1)KOYOラジエター交換純正との厚さ比較はこんな感じです。かなり容量アップしますね。これでサーキット走行時に水温がどうかはまたテストしながらチェックしたいと思います。NSX(NA1)KOYOラジエター純正のファンシュラウドは上下ホース部分がそのままだと干渉します。なのでカットします。NSX(NA1)ラジエターシュラウド加工 NSX(NA1)ラジエターシュラウド加工仮組みしてフィッティングチェック。大丈夫そうですね。NSX(NA1)KOYOラジエター交換ではラジエターを車体に取り付けます。さすがはKOYO製というので一発でスポッと取り付け穴に収まりました。NSX(NA1)KOYOラジエター交換シュラウドを取り付けます。加工済みなのでこちらもすんなりと装着完了です。NSX(NA1)KOYOラジエター交換サムコのラジエターホースを取り付けしてフロント側は終了です。NSX(NA1)サムコラジエターホース NSX(NA1)サムコラジエターホースNSX(NA1)サムコラジエターホース続いてフロア部分です。ここを通って前後循環しています。中央部分にも水抜きのドレンがあるので、ここからも抜いておきます。NSX(NA1)サムコラジエターホースそれでもホース内にはたんまりと冷却水が残っているので一気には取り外さずに抜きながら取り外します。ここをいきなり取り外すと見事にかぶります(笑)NSX(NA1)サムコラジエターホースさて、一通り抜けたら取り外します。スペースがないのでカチコチになっている車両の場合は苦労します。NSX(NA1)サムコラジエターホース1本取り外すとその上にもう1本ホースが見えます。NSX(NA1)サムコラジエターホースそれぞれ取り外してサムコホースに交換しました。NSX(NA1)サムコラジエターホース NSX(NA1)サムコラジエターホースこれで全てのラジエターホースを交換できました。取り外した純正ホースがこちらです。それぞれそこまで硬くなっていなかったので、すぐに交換が必要な状態ではなかったです。でもサーキット走行を考えているので安心のためリフレッシュです。NSX純正ラジエターホース最後に冷却水を入れてエア抜きして終了です。NSX(NA1)サムコラジエターホース次回はNSXの定番トラブルであるドライブシャフトブーツからのグリス漏れのリフレッシュです。また更新します。NSXラジエター交換

関連記事一覧

  1. S2000幌交換作業
  2. S2000 SPOONドライブシャフト交換画像
  3. S2000(AP1)納車点検
  4. インテグラタイプR DC5 Difi メーター 取付
  5. S2000(AP1)S2000(AP1)納車点検
PAGE TOP