フォーミュラー感覚のクイックステアリング!S2000 TYPE-V(AP1)のクラッチ交換を行いました。

S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回はVGS(車速連動可変ギアレシオステアリング機構)という当時世界初のシステムを搭載したS2000 TYPE-V(AP1)のクラッチ交換&クランクシャフトオイルシールの交換を行いました。オーナー様よりクラッチが滑り気味でフィーリングも悪いとご相談頂き、クラッチ一式の他にクラッチスレーブ/クラッチマスター/クラッチホースの交換と、予防整備としてクランクシャフトオイルシールの交換もさせて頂きました。作業はメカニックのムラマツです。S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換

S2000 TYPE-V(AP1)トランスミッション取り外し

まずはトランスミッションを取り外すためにシフトレバーを外します。シルバーのシートと内装が珍しいですね~
ちなみにこの特徴的なD型シェイプのハンドルがVGS専用のハンドルですね。S2000 TYPE-V AP1 シフトレバー取り外しシフトノブを外し、センターコンソールを外したら、固定のボルトを外していきます。S2000 TYPE-V AP1 シフトレバー取り外し後は抜き取るだけです。これを外しておかないと、トランスミッションが外れない珍事件がおきます、、、S2000 TYPE-V AP1 シフトレバー取り外し次にエンジンルームの作業です。S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換まずはエアクリーナーBOX、補機ベルトを外します。S2000 TYPE-V AP1 エアクリーナーBOX 取り外しそしてオルタネーターをずらして奥にあるスターター/ミッションハウジングのボルトを外します。長~いエクステンションバー駆使してボルトを緩めます。インマニの隙間からしかボルトを確認できないので結構大変なんです、、、S2000 TYPE-V AP1 ハウジングボルト取り外し次にエキマニを外します。遮熱版を外して固定のナットを外していきます。以前HMRホンダで交換させて頂いた無限のエキマニが装着されています。装着当初より熱が入ったせいかキレイな焼き色がついてますね。S2000 TYPE-V AP1 エキマニ取り外しエンジンルーム側の作業は終わったので、ここからは車両をリフトアップして下からの作業です。S2000 TYPE-V AP1 エキマニ取り外し先ほど緩めたエキマニと触媒を取り外し、プロペラシャフトも取り外します。S2000 TYPE-V AP1 エキマニ取り外しもう少しでトランスミッションが外れます。ミッションハウジングのボルトを外していきます。S2000 TYPE-V AP1 トランスミッション脱着ミッションハウジングの上側の3本はトランスミッションを傾けた状態でないと外せません。S2000のクラッチ交換時の最難関ポイントです・・・S2000 TYPE-V AP1 トランスミッション脱着無事にミッションハウジングのボルトが外れたので、いよいよトランスミッションを外します。ミッションジャッキから落ちないようにバンドでしっかり固定して取り外していきます。S2000 トランスミッション脱着TYPE-V AP1 トランスミッションが外れました!S2000 TYPE-V AP1 トランスミッション脱着トランスミッションを外すとこんな感じになっています。手前にあるのがクラッチカバーですね。S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換プロペラシャフトを外した時に、コンパニオンフランジ内でオイル漏れが発生していました。一見するとコンパニオンフランジのオイルシールからの漏れに見えますが、デフの外部にオイル漏れしていたワケではないので、リアデフ内部のピニオンシャフト関連からのオイルもれの可能性があります。こちらは現状をオーナー様にお伝えして、今回は様子を見ることになりました。珍しいオイルの漏れ方ですね、、、S2000 TYPE-V AP1 リアデフオイル漏れ

S2000 TYPE-V(AP1)クラッチ交換

それではクラッチを交換します。クラッチのダストがかなり溜まっていますね。まずはクラッチカバーとクラッチディスクを取り外します。S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換カバーとディスクを外すとフライホイールが見えます。通常のクラッチ交換ではここは点検で終わりですが、今回は走行距離や年数を考慮して、クランクシャフトオイルシールの交換を予防整備としてご提案させていただき、交換となりました。最近S2000ではこのオイルシールからのオイル漏れがよく見られるようになりました。S2000 TYPE-V AP1 フライホイールフライホイールの裏にあるオイルシールなので、同時交換だと工賃はお安く済みます♪ 漏れてからの修理だとクラッチ交換+αの工賃がまたかかってしまいますからね。S2000 TYPE-V AP1 クランクシャフトオイルシール交換今回はオイル漏れは発生していませんでしたが、これからも長く乗ることを考えると交換しておきたい部品ですね。S2000 TYPE-V AP1 クランクシャフトオイルシール交換これからもベストなコンディションを保つためには必須のメンテナンスですね。クランクシャフトに傷をつけないように外し、シールがまっすぐ均等に入っているか慎重に確認しながら交換します。S2000 TYPE-V AP1 クランクシャフトオイルシール交換こちらが交換するクラッチ一式です。今回はオーナー様と相談してホンダ純正パーツでご用意させて頂きました。クラッチだけでなくレリーズフォークやレリーズベアリングガイドも新品に交換します。S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換レリーズベアリングガイドはレリーズベアリングの摺動部で、ここが摩耗するとレリーズベアリング動きが渋くなってしまいクラッチフィーリングに大きく影響してきます。S2000のクラッチ交換ではマストで交換の部品ですね。S2000 TYPE-V AP1 レリーズベアリングそれでは新しいクラッチを組み付けます。まずはフライホイールを取り付けて、S2000 TYPE-V AP1 フライホイール取り付け新しいクラッチディスクとクラッチカバー・レリーズベアリングを取り付けます。フライホイールに専用工具を当てがって中心をしっかり出してから固定します。そうしないとトランスミッションが組付けられません、、、S2000 TYPE-V AP1 クラッチ交換続いてトランスミッション側の作業です。レリーズベアリングガイドを交換します。古いほうはガイドの中間あたりが摩耗して色が変わってますね。専用のグリスを塗って新品のレリーズベアリングとグリスを馴染ませて組付けていきます。S2000 TYPE-V AP1 レリーズベアリングガイド新しいクラッチフォークを仮組してトランスミッションの準備もOKです!S2000 TYPE-V AP1 レリーズフォーク交換トランスミッションをエンジンに取り付けます。スプラインを傷つけないように慎重に嵌めていきます。S2000 TYPE-V AP1 トランスミッション取り付け後はミッションハウジングの固定ボルトでエンジンに取り付けて、クラッチ交換は終了です。外していたパーツもどんどん戻していきます。S2000 TYPE-V AP1 トランスミッション取り付け

S2000 TYPE-V(AP1)クラッチスレーブ&クラッチマスター交換

今回はクラッチ交換に合わせて、クラッチの作動に関わる部品もリフレッシュします。S2000 TYPE-V AP1 クラッチマスター交換まずトランスミッションオイルを交換します。トランスミッションオイル交換次にクラッチスレーブ、クラッチホースも新品に交換します。ちなみにAP1~120とAP1-130~AP2ではクラッチスレーブの構造が違います。遅延機構というクラッチを離しても半クラッチのようになる機構がついています。部品を間違えないようにしないといけませんね。S2000 TYPE-V AP1 クラッチスレーブ交換今回の交換では多くの部品をリフレッシュしているので、交換後のフィーリングは大きく変わっているでしょう♪S2000 TYPE-V AP1 クラッチスレーブ交換最後にエンジンルームのクラッチマスターを交換します。S2000 TYPE-V AP1 クラッチマスター交換こちらも漏れ等の症状はありませんでしたが、予防整備として交換します♪S2000 TYPE-V AP1 クラッチマスター交換クラッチマスターは劣化するとプッシュロッドからクラッチフルードが漏れてきます。初期症状ではペダル付近に漏れてきますので、オーナー様は日常の点検でチェックしてみてください♪S2000 TYPE-V AP1 クラッチマスター交換新しいクラッチマスターを取り付けました。あとはクラッチフルードを入れてエア抜きをすれば作業は終了です。M様ご依頼ありがとうございました!快適なS2000ライフをお楽しみください♪S2000 TYPE-V AP1 クラッチマスター交換

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)ガラスコーティング画像
  2. EG6 納車前点検画像
  3. S2000(AP1)ブレーキO/H
  4. シビックSiR2(EG6)タイミングベルト交換画像
  5. S2000(AP1) クラッチ
  6. アコードユーロR(CL7)6ヶ月点検
PAGE TOP