パープルに全塗装されたS2000(AP1)の納車前整備を行いました。

S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)メカニックのモリヤマです。今回はパープルに全塗装されたS2000(AP1)の納車前整備を行いました。ハードトップにスピリットの車高調など走りの装備が充実した一台です。S2000 AP1 納車前整備

S2000(AP1)納車前整備

まずはエンジンルームの点検です。S2000 AP1 エンジンルーム点検スパークプラグの点検をします。電極の異常な摩耗もなく問題ないですね。S2000 AP1 スパークプラグ点検次にインテークパイプの点検です。ここでは蛇腹の部分やホースの分岐に亀裂が入りやすいので注意が必要です。S2000 AP1 インテークパイプ点検こちらの車両ではホース分岐部分と取り付け部に亀裂が発生しています。こちらは後日交換します。S2000 AP1 インテークパイプ点検んラジエターの点検です。アッパータンクにひびや割れがないか、カシメ部分からの漏れがないかチェックします。漏れもなく良好です。S2000 AP1 ラジエター点検エンジンのオイル漏れの点検です。S2000などでは定番のヘッドカバー、VTECスプールバルブからの漏れもなく良好です。S2000 AP1 ヘッドカバー点検ブレーキマスターの液漏れを点検します。こちらも漏れもなく良好です。S2000 AP1 ブレーキマスター点検クラッチマスターの点検です。こちらはエンジンルーム内に漏れはありませんが、車両内のペダルのプッシュロッドから漏れが発生しているため交換します。クラッチマスター点検エアクリーナーの点検です。こちらも問題なしですね。S2000 AP1 エアクリーナー点検エンジンルームの点検が終了したら、次にハブベアリングの点検をします。今回は左リアのハブベアリングにガタが出ているため、こちらも交換します。S2000では定番の症状ですね。S2000 AP1 リアハブベアリング交換次にブレーキの点検です。ピストンブーツが破けてしまっていますね。こちらもオーバーホールしてリフレッシュします♪S2000 AP1 ブレーキ点検ブレーキパッドの残量は問題なしですね。S2000 AP1 ブレーキパッド点検リアブレーキの点検です。こちらはブーツの破けもなく、スライドピンの動きも問題なしです。S2000 AP1 リアブレーキ点検ブレーキパッドの残量もOKです。S2000 AP1 リアブレーキパッド点検次に車体下の点検に合わせて冷却水、エンジンオイルなど油脂類を交換します。S2000 AP1 冷却水交換デフオイルは結構汚れていますね。こちらも新しいオイルでリフレッシュします!S2000 AP1 デフオイル交換ドレンボルトにはオイルに混じる鉄粉を吸着するマグネットが付いています。こちらもキレイに清掃します。S2000 AP1 ドレンボルト新しいデフオイルを入れます。S2000 AP1 デフオイル交換新しいミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正品のMTF-3です。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換車両下の点検が終わったら、次に新しい冷却水を入れます。S2000 AP1 冷却水交換新しいエンジンオイルも入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。S2000 AP1 エンジンオイル交換

S2000(AP1)リアハブベアリング交換

後日部品が到着したので、ガタが発生していた左リアのハブベアリングを交換します。S2000 AP1 納車前整備まずはブレーキキャリパー、ブラケットを外していきます。S2000 AP1 リアハブベアリング交換ブレーキローターのネジは固着している場合が多いので、インパクトドライバーを使用して緩めます。S2000 AP1 ブレーキローター取り外しブレーキローターが外れました。こちらの車両にはスリットローターが装着されています。S2000 AP1 ブレーキローター続いてハブを取り外します。S2000 AP1 リアハブハブが取り外せました。ベアリングの痛みが酷く、簡単に外れてきました。S2000 AP1 リアハブ取り外しS2000 AP1 ハブベアリング次にロアアーム、コントロールアーム、アッパーアームのジョイントを外してナックルを車両から外します。S2000 AP1 ロアアームジョイント無事にリアナックルが外れました!S2000 AP1 リアナックル取り外しこのタイミングで劣化して破けていたコントロールアームのブーツを交換しておきます。S2000 AP1 コントロールアームブーツ交換S2000 AP1 コントロールアームブーツ交換今回の交換部品です。新品のハブが輝ていますね!S2000 AP1 リアハブベアリング交換油圧プレスを使用してナックルからベアリングを外します。S2000 AP1 ハブベアリング取り外しお疲れのベアリングとはここでお別れです。新しくリフレッシュしましょう!S2000 AP1 ハブベアリング新しいベアリングを圧入します。油圧プレスは強力な力で部品を脱着できますが、使い方を間違えると部品ごと破壊してしまいます・・・慎重に作業を進めていきます。S2000 AP1 ハブベアリング圧入ベアリングの圧入が終了しました。ナックルには平らな面が少ないため、スペーサーなどで高さを合わせてまっすぐにするのが意外と大変です。。。S2000 AP1 ハブベアリング圧入最後にハブを圧入します。このハブを圧入する前にバックプレートを固定しないと、あとで取り付けることができないので要注意です。S2000 AP1 ハブ圧入バックプレートには切込みが無いため、ハブを挿入した後には取り付けができないです。メカニックにとって恐ろしい罠です・・・S2000 AP1 リアハブ後は逆の手順で元に戻していきます。スピリットの車高調がチラ見えしています。前オーナー様は走りへのこだわりが強い方だったみたいですね。S2000 AP1 リアハブ取り付けブレーキローターを取り付けて、キャリパーを取り付けたら作業は終了です。S2000 AP1 ブレーキキャリパー組み立て

S2000(AP1)ブレーキキャリパーオーバーホール

次にシール切れをしているフロントブレーキキャリパーをオーバーホールします。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOHまずはブレーキキャリパーを外すため、ブレーキラインを外します。S2000 AP1 ブレーキライン取り外しブレーキキャリパーを外します。ピストンのシールが破けてしまうと、中に水が浸入してしまいピストンが錆びてしまいます。そうすると動きが悪くなるためブレーキの利きが悪くなったり、最悪固着してしまい、ブレーキピストンが戻らなくなり引きずりを起こすことも。点検などで発見されたら、すぐにオーバーホールをすることをおススメします。S2000 AP1 ブーツ破けブレーキキャリパーが外れました。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOHまずはブレーキキャリパーからピストンを取り出します。ブレーキラインの穴からエアで押し出します。S2000 AP1 ブレーキピストン取り外しピストンは錆びていますね。この錆が広がると、ブレーキが固着してしまいます。S2000 AP1 ピストン錆びキャリパー本体にも錆が出ているので、こちらはクリーニングしていきます。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH専用の工具でキャリパー内を研磨していきます。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOHこれでキャリパーの準備はOKです。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH今回の交換部品です。ピストンも新品に交換します!S2000 AP1 ブレーキキャリパーOHピストンシールを取り付けて・・・S2000 AP1 ブレーキキャリパーOHブーツとピストンを取り付けます。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH後はブラケットにキャリパーを取り付けて作業は終了です。S2000 AP1 ブレーキ組み立て新品のブーツとピストンに交換したので、安心してドライブできます♪S2000 AP1 ピストンブーツS2000 AP1 スライドピンブーツ反対側のブレーキキャリパーも同じようにオーバーホールします。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH当て布をしてキャリパー本体が傷つかないようにピストンを取り出します。結構な勢いで飛び出してくるので注意が必要です。S2000 AP1 ブレーキピストン取り外しキャリパー内の錆をキレイに落としていきます。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH後は新品のブーツ、ピストンを組み付けて元に戻せばオーバーホールは終了です。S2000 AP1 ブレーキキャリパーOH最後にブレーキフルードの交換&エア抜きをして作業は終了です。S2000 AP1 ブレーキフルード交換

S2000(AP1)クラッチマスター交換

次は車内側から漏れが発生しているクラッチマスターの交換です。S2000 AP1 納車前整備ペダル奥のプッシュロッドから漏れがクラッチフルードが漏れています。このまま放置すると漏れが悪化し、クラッチが切れなくなり走行不能いなることもあります。S2000 AP1 クラッチマスター交換車内から固定ナットを外し、エンジンルーム側の配管を外せばクラッチマスターが外れます。S2000 AP1 クラッチマスター交換あとは新品を逆の手順で取り付けて、クラッチのエア抜きをして交換は終了です。S2000 AP1 クラッチマスター交換

S2000(AP1)インテークパイプ交換

最後に亀裂が入っているインテークパイプを交換します。S2000 AP1 インテークパイプ交換配管の付け根の部分に亀裂があります。S2000 AP1 インテークパイプ亀裂まずはエアクリーナーを外します。S2000 AP1 エアクリーナー取り外し次に接続されている配管とホースバンドを外してインテークパイプを外します。S2000 AP1 インテークパイプ交換インテークパイプが外れました。S2000 AP1 インテークパイプ交換ホースバンドの取り付け部にも大きな亀裂があります。放置しておくとエンジンが直接エアを吸入してしまい、エンジンルーム内のゴミなどがエンジン内に入ってしまいます。エンジン不調の原因になることもあるので、すぐに交換したい部品ですね。S2000 AP1 インテークパイプ交換亀裂新しいインテークパイプに交換します。これですべての作業が終了しました!S2000 AP1 インテークパイプ交換K様ご納車までもう少しです。お楽しみにお待ちください♪S2000 AP1 納車前整備

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. アコード(CL7)車高調 TEIN
  2. シビックタイプR(FK2)オイル交換
  3. シビックタイプR(FD2) 納車前点検
  4. DC2 インテグラ ブレーキオーバーホール 無限
  5. S2000 ガラス幌交換作業画像
  6. CSOダイレクトステアリングカラー取り付け
PAGE TOP