シビックタイプR(EK9)の納車前整備を行いました。

シビックタイプR EK9 納車前整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)メカニックのモリヤマです。今回はシビックタイプR(EK9)の納車前整備を行いました。

シビックタイプR(EK9)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。スパークプラグの点検です。こちらは中心電極が消耗しているので4本とも交換します。電極が消耗するとプラグギャップが大きくなり、失火や始動不良の症状が出ることも・・・シビックタイプR EK9 スパークプラグ点検次にエアクリーナの点検です。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは今回のように汚れが酷い場合は交換することをおススメします。シビックタイプR EK9 エアクリーナー点検ラジエターの点検です。アッパータンクに割れがないか、カシメ部から漏れがないかをチェックします。ラジエターから漏れが発生するとオーバーヒートの原因になるので、しっかりチェックします。シビックタイプR EK9 ラジエター点検ラジエターホースも点検します。劣化や漏れもなく良好です。シビックタイプR EK9 ラジエターホース点検続いてインテークホースの点検です。蛇腹の部分が裂けやすいので念入りにチェックします。シビックタイプR EK9 インテークホース点検ブレーキマスターの漏れの点検です。漏れもなく良好です。シビックタイプR EK9 ブレーキマスター点検クラッチマスターの点検です。こちらはエンジンルーム側には漏れがありませんが、車内側に漏れが発生しているため交換となります。シビックタイプR EK9 クラッチマスター点検バッテリーの点検です。端子が緩んでいないか、バッテリーがしっかり固定されているかをチェックします。シビックタイプR EK9 バッテリー点検次に車両をリフトアップしてハブベアリング、ステアリングラックの点検をします。ハブベアリングに異常があると、異音や振動などの症状が出てしまうので、しっかりチェックします。今回はラックエンドにガタが見つかったため後日交換します。シビックタイプR EK9 ハブベアリング点検下回りの点検をします。オイルパンのパッキンから漏れが発生していますね。オイル漏れは車検に通らないだけでなく、オイル消費の多いVTEC搭載エンジンでは油量不足からエンジンブローに繋がることも・・・症状が出ていたらこまめな油量チェック、もしくは早めの交換をおススメします。シビックタイプR EK9 オイルパン点検次にブッシュやブーツ類の点検をしていきます。ドライブシャフトブーツは良好ですね。シビックタイプR EK9 ドライブシャフトブーツ点検タイロッドエンドブーツからグリスが漏れてますね。こちらは交換してリフレッシュします!シビックタイプR EK9 タイロッドエンドブーツフロント、リアのスタビリンクのブーツに切れがあります。こちらはスタビリンクごと交換します。シビックタイプR EK9 スタビリンク点検下回りの点検が終わったら、トランスミッションオイルと冷却水を交換をしていきます。トランスミッションオイルを抜きます。少し焼けて劣化していますね。シビックタイプR EK9 トランスミッションオイル交換新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正MTF-Ⅲを使用します。シビックタイプR EK9 トランスミッションオイル交換シビックタイプR EK9 トランスミッションオイル交換次にブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。ブーツの破けもなく、スライドピンの動きも良好です。シビックタイプR EK9 ブレーキ点検ブレーキパッドも残量が残っているので問題なしです。シビックタイプR EK9 ブレーキ点検リアブレーキも点検します。こちらも良好ですね。シビックタイプR EK9 リアブレーキ点検下回りの作業が終わったら、車両を下げて新しい冷却水を入れます。シビックタイプR EK9 冷却水交換ブレーキフルードの交換&エア抜きをします。シビックタイプR EK9 ブレーキフルード交換発煙筒の期限が切れていたので、こちらも交換します。シビックタイプR EK9 発煙筒交換

シビックタイプR(EK9)オイルパンパッキン交換

後日部品が届いたので、まずはオイル漏れが発生しているオイルパンのパッキンを交換します。オイルパンを外すためにエンジンオイルを抜きます。次にオイルパン下を通っているエキマニを外します。O2センサのコネクタを外すのを忘れないように!オイルパンから漏れたオイルにごみが付いて酷い状態です・・・早速外してリフレッシュしましょう♪シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換本日のメカメカしいの来ました!オイルストレーナーが見えますね。オイルパンに溜まったオイルをここから吸い上げてエンジンに循環させます。結構突き出ているので、オイルパンをヒットして凹ませてしまうとオイルストレーナーからオイルが吸い上げられなくなり、エンジンが焼き付いてしまうこともあります。車高を低くしている車両は特に注意が必要ですね。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換エンジンオイルも抜けているので、オイルフィルターも交換します。シビックタイプR EK9 オイルフィルター交換次にオイルパンに残っている古いガスケットを取り外します。パッキンにはワッシャーが埋め込まれており、それがオイルパンの取り付け面に残ってしまうと、またそこから漏れ出してしまうのでしっかり確認します。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換あとは取り付け面をキレイにクリーニングして、新しいパッキンを取り付けます。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換オイルパンをエンジンに取り付けます。汚れもキレイに流してしまいましょう!あとは外したエキマニを元に戻して交換は終了です。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換

シビックタイプR(EK9)ヘッドカバーパッキン&スパークプラグ交換

続いてヘッドカバーからのオイル漏れの修理です。ヘッドカバーパッキンを交換します。まずはヘッドカバーに取り付けられているプラグコードなどを外していきます。シビックタイプR EK9 ヘッドカバーパッキン交換ヘッドカバーを外します。EK/DCは横置きエンジンなので、干渉するものが少なくて取り出しやすいです♪シビックタイプR EK9 ヘッドカバーパッキン交換メカメカしいの第二弾です。B16Bエンジンのシリンダヘッド内部です。シビックタイプR EK9 ヘッドカバーパッキン交換新しいヘッドカバーパッキンを取り付けて、ヘッドカバーをエンジンに取り付けます。シビックタイプR EK9 ヘッドカバーパッキン交換プラグコードまで外れているので、このタイミングでスパークプラグも交換します。交換するスパークプラグはNGKのイリジウムMAXです。シビックタイプR EK9 スパークプラグ交換あとはプラグコードなどを戻して、新しいエンジンオイルを入れて作業は終了です。シビックタイプR EK9 エンジンオイル交換

シビックタイプR(EK9)タイロッドエンドブーツ&ラックエンド交換

下回り点検で見つかった破れたブーツ類の交換をします。まずはタイロッドエンドを外します。シビックタイプR EK9 タイロッドエンドブーツ交換ジョイント部の取り外しには特殊工具を使用して外します。シビックタイプR EK9 タイロッドエンドブーツ交換タイロッドエンドが外れました。ここは特殊工具がないと非常に大変な作業になります・・・シビックタイプR EK9 タイロッドエンドブーツ交換タイロッドエンドを外して、奥のラックエンドを外します。こちらはブーツ内に水が浸入し、ボールジョイントが錆びてしまっていますね。シビックタイプR EK9 ラックエンド交換新しいラックエンドに交換します。シビックタイプR EK9 ラックエンド交換次にタイロッドエンドを取り付けて、ブーツも交換します。タイロッドエンドブーツ交換

シビックタイプR(EK9)スタビリンク交換

続いてブーツが破けてしまっているスタビリンクの交換です。まずはフロントのスタビリンクを取り外します。シビックタイプR EK9 スタビリンク交換ブーツには大きな切れ目が・・・このまま放置すると走行中に異音が発生しますので、新しいものに交換します。シビックタイプR EK9 スタビリンク交換リアのスタビリンクも同様にブーツが破けてしまっているので交換します。シビックタイプR EK9 スタビリンク交換こちらもフロント同様にブーツが裂けて内部が錆びてしまっていました。シビックタイプR EK9 スタビリンク交換お疲れのスタビリンクから新品のスタビリンクへ交換します!シビックタイプR EK9 スタビリンク交換シビックタイプR EK9 スタビリンク交換

シビックタイプR(EK9)クラッチマスター交換

最後に漏れが発生しているクラッチマスターを交換します。プッシュロッド部からクラッチフルードが漏れています。シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換エンジンルームのクラッチフルードの配管と室内から固定のナットを外せば、クラッチマスターが取り出せます。シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換あとは逆の手順で戻します。配管を緩めるときはフレアナットレンチという専用工具を使用しまします。シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換最後にクラッチのエア抜きをしてすべての作業は終了です。N様ご成約ありがとうございました!シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプRユーロ画像
  2. シビックタイプR EP3 点検 スパークプラグ エアクリーナー オイルエレメント
  3. シビックタイプR(EK9)画像
  4. シビックタイプR(EK9)画像
  5. シビックタイプR(EG6)画像
  6. シビックタイプR EK9 納車前整備
PAGE TOP