GTウイング&オーリンズ車高調を装着したレーシーなS2000(AP1)の納車前整備を行いました。

S2000 AP1 納車前整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回はダークブルーのS2000(AP1)の納車前整備を行いました。GTウイングにオーリンズ車高調など走りの装備が充実した一台です!作業はメカニックのワタナベです。

S2000(AP1)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーの状態は問題なしですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは汚れが酷い場合は交換することをおススメします。S2000 AP1 エアクリーナー点検次にスパークプラグの点検です。こちらも碍子の焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。こちらの車両にはDENSOのイリジウムプラグが装着されています。S2000 AP1 スパークプラグ点検次に車両をリフトアップしてハブベアリングの点検をします。ハブベアリングに異常があると、異音や振動などの症状が出てしまうので、しっかりチェックします。特にS2000はリアのハブベアリングがウィークポイントなので注意が必要です。S2000 AP1 ハブベアリング点検車両下のオイルパンからエンジンオイルを抜きます。結構汚れていますね。ちょうど交換時期のようです。エンジンオイルにはエンジン内の潤滑の他、防錆の役割も担っており、汚れたオイルではそれらの性能が落ちてしまうためベストな状態を保つためにもこまめな交換をおススメします。S2000 AP1 エンジンオイル交換オイルフィルターも交換します。HMRでは納車前のエンジンオイル交換では全車交換しています。せっかくの新しいエンジンオイルも、フィルターが汚ければ台無しです。S2000 AP1 エンジンオイルフィルター交換トランスミッションオイルを抜きます。こちらは少し焼けて劣化していますね。エンジンオイルに比べて少ない量で仕事をしなければならないオイルなので、定期的に交換したいですね。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換デフオイルを抜きます。こちらも焼けて劣化していますね。新しいオイルでリフレッシュしましょう♪S2000 AP1 デフオイル交換デフやトランスミッションなどのドレンボルトはマグネットになっていて、オイルの中の鉄粉を吸着してくれます。こちらもきれいにクリーニングします。S2000 AP1 ドレンボルト冷却水も交換します。S2000 AP1 冷却水交換新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正MTF-Ⅲを使用します。トランスミッションなど精密な部分にはメーカー指定の純正品が安心ですね。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換新しいデフオイルを入れます。S2000 AP1 デフオイル交換次に下回りの点検です。ブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。フロントブレーキは問題ありません。S2000 AP1 ブレーキ点検続いてリアブレーキの点検です。ブレーキのキャリパーピストンが固着していたので、リアブレーキキャリパーのオーバーホールを追加で行います。S2000 AP1 ブレーキキャリパーオーバーホール車高調の点検をします。ここではロックナットに緩みがないか点検します。こちらの車両にはオーリンズの車高調が装着されていますね。S2000 AP1 車高調点検フロントロアアームのブッシュにひびがあります。今後のメンテナンスでは優先したい箇所です。S2000 AP1 ロアアームブッシュ点検こちらの車両にはSPOONのドライブシャフトが装着されています。内部の可動部が強化されており、サーキットなどのハードな走行にも耐えれるように造られています。S2000 AP1 SPOON ドライブシャフト下回りの点検が終わったら、車両を下げて新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。S2000 AP1 エンジンオイル交換新しい冷却水を入れます。S2000 AP1 冷却水交換タイヤの残量のチェックをします。S2000 AP1 タイヤ点検スペアタイヤのエアチェックもしっかり行います。最近の車にはパンク修理キットが車載されていることが多いですね。S2000 AP1 スペアタイヤ点検

S2000(AP1)リアブレーキキャリパーオーバーホール

点検時に固着していたリアブレーキのオーバーホールを行います。ブレーキキャリパーを分解していきます。ピストンには少し錆が出ていますね。S2000 AP1 キャリパーピストンブレーキキャリパー本体にも錆が出ています。S2000 AP1 ブレンボキャリパーブーツの裏側にもキャリパーの錆が付着しています。キャリパー本体は錆を落としてキレイにクリーニングして、シールキットの交換、キャリパーピストンも新品に交換しました!S2000 AP1 ピストンブーツ交換が終了したらブレーキフルードのエア抜き&交換をします。S2000 AP1 ブレーキフルード交換

S2000(AP1)クラッチマスターシリンダー交換

クラッチマスターシリンダーも点検時に漏れが発見されたので、新品に交換します。S2000 AP1 クラッチマスター交換車内のピストンロッド部からクラッチフルードが漏れていますね。S2000 AP1 クラッチマスター交換クラッチマスターシリンダーは油圧クラッチの圧力を発生させる重要な部品です。S2000 AP1交換が終わったら、クラッチフルードのエア抜きをして作業は終了です。M様ご納車までもう少しです。お楽しみにお待ちください♪S2000 AP1 クラッチフルードエア抜き

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 アミューズバンパー画像
  2. S2000 モンテカルロブルー画像
  3. S2000 RE30画像
  4. C-WEST S2000画像
  5. S2000(AP2)後期 無限エアロ画像
  6. S2000 AP1 ハブベアリング点検
PAGE TOP