安心のタイミングベルト交換済み♪シビックタイプR(EK9)の納車前整備を行いました。

シビックタイプR EK9 納車前整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回はシビックタイプR(EK9)の納車前整備を行いました。距離は走っていますが、タイミングベルト交換済みで安心の一台です!作業はメカニックのワタナベです。

シビックタイプR(EK9)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは綺麗な状態ですね。こちらの車両にはA’PEXiのエアクリーナーが装着されています。次にスパークプラグの点検です。こちらも電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。碍子部分も焼けや割れがないかチェックします。ここに割れがあると、そこから電流がリークしてしまいアイドリング不調や吹け上りが悪くなるなどの症状が出ることも・・・次に車両をリフトアップしてハブベアリングの点検をします。ハブベアリングに異常があると、振動や異音といった症状が出ることもあるので、しっかりチェックします。こちらの車両では左フロントタイヤにガタがあり、調べてみるとステアリングラックエンドからガタが出ていました。こちらは部品を発注し交換します。シビックタイプR EK9 ハブベアリング点検オイルパンパッキンからエンジンオイルが漏れていますね。こちらも後程交換します。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換トランスミッションオイルを抜きます。キレイな状態ですね。最近交換していたようです。エンジンオイルに比べて少ない量で仕事をしなければならないオイルなので、定期的に交換したいですね。シビックタイプR EK9 トランスミッションオイル交換冷却水も交換します。シビックタイプR EK9 冷却水交換新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正MTF-Ⅲを使用します。シビックタイプR EK9 トランスミッションオイル交換次に下回りの点検です。ブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。シビックタイプR EK9 ブレーキ点検シビックタイプR EK9 ブレーキ点検DC/EKでは定番の症状ですが、トレーリングアームのブッシュにひびがありますね。今後のメンテナンスでは優先したい箇所ですね。シビックタイプR EK9 トレーリングアームブッシュ点検下回りの点検が終わったら、車両を下げて新しいエンジンオイルや冷却水を入れます。シビックタイプR EK9 冷却水交換タイヤの残量のチェックをします。シビックタイプR EK9 タイヤ点検スペアタイヤのエアチェックもしっかり行います。最近の車にはパンク修理キットが車載されていることが多いですね。シビックタイプR EK9 スペアタイヤ点検ブレーキフルードの交換&エア抜きをします。ブレーキフルードも空気中の水分を吸って劣化してしまうので、1年ごとの交換をおススメします。シビックタイプR EK9 ブレーキフルード交換

シビックタイプR(EK9)オイルパンパッキン交換

点検時にオイルが漏れていたオイルパンパッキンを交換します。まずはエンジンオイルを抜きます。シビックタイプR EK9 エンジンオイル交換オイルフィルターもこのタイミングで交換します。シビックタイプR EK9 エンジンオイル交換オイルを抜いたら、オイルパンを外します。ここにはエンジンの一番下に設置してあるオイルストレーナーが見えます。ここからオイルを吸い出し、エンジンの各部に循環させています。シビックタイプR EK9 オイルパン取り外したオイルパンにパッキンのワッシャーが残っていないか確認します。シビックタイプR EK9 オイルパン取り付け面をキレイに清掃して新しいパッキンを取り付けます。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換あとはエンジンに戻して、周辺を清掃します。シビックタイプR EK9 オイルパンパッキン交換新しいエンジンオイルを入れて、オイルパンパッキンの交換は終了です。シビックタイプR EK9 エンジンオイル交換

シビックタイプR(EK9)ラックエンド交換

次にガタが出ていたラックエンドを交換します。ラックブーツを外すと、中に水が浸入しておりラックエンドのジョイント部全体に錆が出ていました。シビックタイプR EK9 ラックエンド交換このまま放置しているとラックエンドのジョイント部が破損し、最悪事故につながることも・・・シビックタイプR EK9 ラックエンド交換新しいラックエンドと交換します。これで安心してドライブできます!シビックタイプR EK9 ラックエンド交換

シビックタイプR(EK9)クラッチマスター交換

最後に液漏れを起こしているクラッチマスターを交換します。プッシュロッドからクラッチフルードが漏れて周辺のグリスが流れてしまっていますね。シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換室内から固定ナットを外してクラッチマスターを新品に交換します。シビックタイプR EK9 クラッチマスター交換最後にクラッチフルードのエア抜きをして作業は終了です。B様ご納車までもう少しです。お楽しみにお待ちください♪シビックタイプR EK9 クラッチフルードエア抜き

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(EK9)右サイド
  2. シビックタイプR(EK9)前期画像
  3. シビック(EG6)SiR2画像
  4. シビックタイプR(EK9)後期画像
  5. シビックタイプR(FD2) 無限エアロ画像
  6. シビックタイプR(EK9)
PAGE TOP