S2000(AP1)のクラッチ交換&スロットルバルブ洗浄を行いました。

S2000 AP1 クラッチ交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回は以前ご納車したS2000(AP2)のクラッチ交換&スロットルバルブ洗浄、テールライトパッキンの交換を行いました。エクステリアが大きく変わったS2000の中でも大人気のAP1後期です!作業はメカニックのムラマツです。S2000 AP1 クラッチ交換

S2000(AP2)トランスミッション取り外し

まずは車内からシフトレバーを取り外します。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しセンターコンソール、シフトブーツなどを外していきます。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しシフトレバー本体をトランスミッションから取り外します。固定のボルトを外して・・・S2000 AP1 トランスミッション 取り外しズボっと抜き取ります。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しS2000 AP1 トランスミッション 取り外し続いてエンジンルームの作業です。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しエアクリーナーBOXを外します。S2000 AP1 トランスミッション 取り外し補機ベルトを外します。ベルトを外したついでに、プーリのガタを点検します。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しオルタネーターをずらして、奥にあるミッションハウジングのボルトを外します。非常に見えづらい位置にあります・・・S2000 AP1 トランスミッション 取り外し続いてエキマニを取り外します。S2000 AP1 トランスミッション 取り外し遮熱板を取り外すと、エキマニの取り付けナットがあるのではずします。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しあとは車両をリフトアップして、下側の固定ボルトと触媒を外せばエキマニが抜けてきます。S2000 AP1 トランスミッション 取り外し次にプロペラシャフトを取り外します。同じ位置に合うように合いマークをつけておきます。S2000 AP1 プロペラシャフト取り外し合いマークを付けたら、ボルトを緩めて外します。このボルトが非常に舐めやすいので注意が必要です。S2000 AP1 プロペラシャフト取り外しこれでトランスミッションを取り外す準備ができました。S2000 AP1 トランスミッション取り外し外す前にトランスミッションオイルを抜きます。S2000 AP1 トランスミッション 取り外しクラッチレリーズを取り外します。S2000 AP1 トランスミッション取り外しエンジンとトランスミッションを固定しているボルトを外していきます。S2000 AP1 トランスミッション取り外しS2000 AP1 トランスミッション取り外しトランスミッションを下にずらして、上側の固定ボルトを外します。ここが一番の難所です・・・S2000 AP1 トランスミッション取り外しあとは慎重にエンジンからトランスミッションを取り外します。S2000 AP1 トランスミッション取り外し無事にトランスミッションが降りました!S2000 AP1 トランスミッション取り外し

S2000(AP1)クラッチ交換

S2000のクラッチ交換では画像中央のレリーズベアリングガイドも交換します。この部品の摩耗がクラッチフィーリングの悪化にもつながるので、必ず新品に交換しておきたいですね!S2000 AP1 レリーズベアリングガイドいよいよクラッチを取り外します。まずはエンジンについているクラッチカバーとクラッチディスクを外します。S2000 AP1 クラッチ交換外れました。左からクラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングです。S2000 AP1 クラッチ交換クラッチディスクもだいぶ減っていますね。S2000 AP1 クラッチ交換フライホイールの点検もしておきます。圧着面の異常もなく、外側のリングギアの摩耗やギア欠けもないので問題なしですね。S2000 AP1 クラッチ交換今回はオーナー様とご相談の上、スポーツ走行も見据えてクラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングの3点はSPOON製をご用意させていただきました。純正品に比べてクラッチディスクの圧着力の向上や耐久性の向上がされている商品です。S2000 AP1 クラッチ交換レリーズフォーク、レリーズベアリングガイドも新しい物に交換します。S2000 AP1 クラッチ交換準備が整ったら、エンジンにクラッチディスク、クラッチカバーを取り付けます。特殊工具で中心をしっかり調整します。S2000 AP1 クラッチ交換S2000 AP1 クラッチ交換続いてレリーズベアリングガイドを交換します。ちょうどベアリングの摺動部が摩耗していますね。S2000 AP1 クラッチ交換S2000 AP1 クラッチ交換部品を組み付けたら、エンジンと再び合体させます。S2000 AP1 クラッチ交換S2000 AP1 クラッチ交換あとは逆の手順で周辺の部品を戻していきます。S2000 AP1 クラッチ交換S2000 AP1 クラッチ交換新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正MTF-Ⅲです。これでクラッチ交換は終了です。S2000 AP1 トランスミッションオイル交換

S2000(AP1)スロットルバルブ洗浄

続いてオーナー様からアイドリング不調のご用命を頂いたので、スロットルの洗浄を行います。S2000 AP1 スロットル洗浄インテークホースを外して見ると、汚れが溜まっています。S2000 AP1 クラッチ交換外して見ると裏の汚れはもっとひどいですね・・・S2000 AP1 クラッチ交換ロータリーエアコントロールバルブも外して洗浄します。こちらにも汚れが溜まっていますね。ここがアイドリング制御のキモとなっている部品です。ここに汚れが溜まると空気量が変わり、アイドリングの不調などの症状が出ます。S2000 AP1 クラッチ交換専用のクリーナーで綺麗にクリーニングします!S2000 AP1 スロットル洗浄スロットルバルブも綺麗になりました。S2000 AP1 スロットル洗浄あとは古いガスケットを取り除いて・・・S2000 AP1 スロットル洗浄新品のガスケットを使用して元に戻します。汚れが取れて綺麗になりましたね!最後にECUリセットをして再学習させて終了です。S様ご依頼ありがとうございました!S2000 AP1 スロットル洗浄

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. シビックSiR2(EG6)納車前点検
  2. S2000 SPOONドライブシャフト交換画像
  3. インテグラtypeR(DC5)車検整備
  4. CSOダイレクトステアリングカラー取り付け
  5. シビックタイプR(EK9)メンテナンス画像
PAGE TOP